ファイルのアップロード

Webサイトにファイルをアップロードする方法について説明する。

日記や掲示板での書き込み、メッセージ送信(メール)のときに写真や各種ファイルを添付できる。「参照」ボタンをクリックするとエクスプローラが開くので添付したいファイルを選択する。投稿するときにアップロードされる。ファイルサイズは1MB以下に制限されている。

投稿後、写真の場合は、本文の最初に縮小写真が表示される。縮小写真をクリックするとアップロードした写真が表示される。その他のファイルについてはファイル名をクリックするとアップロードしたファイルが表示される。ファイルの種類、使っているブラウザ(プラグインなし)によってはダウンロードされる。

SNSの「参照」機能を使わずに、別のツールでWebサイトにアップロードして、SNS日記や掲示板に貼り付けたり参照したりすることができる。この場合に使う別ツールとして、WebフォルダーやFTPツールがある。XPやVistaユーザは、WindowsのWebフォルダー機能を使うとよい。FTPツールは、ファイル転送ソフトのことで、Webサイト制作では必須ともいえるツールである。

携帯メール投稿

登録メールアドレスの変更
 ΣSIGMA登録時に入力したメールアドレスはログインするために必要なもので、利用者固有のIDとなります。友人からのメッセージや日記、コミュニティへの書き込みがあったときに自動的に通知されるメールの宛先にもなります。かならず有効なメールアドレスを登録してください。無効になったときはかならず新しいメールアドレスに変更するようお願いします。
※無効なメールアドレスを放置すると迷惑メールの原因になります。

PCメールアドレスの変更

トップメニューの「設定変更」で、新しいメールアドレスを入力して「変更」ボタンを押してください。変更後のメールアドレスでログインしなおすと完了です。

携帯メールアドレスの設定

 PCから登録された方は、トップメニューの「設定変更」→「携帯メールアドレス設定ページへ」をクリックして、携帯メールアドレスを設定することができます。

 携帯メールアドレスを入力して「送信」ボタンを押します。入力した携帯メールアドレスに届いたメール内に記載されたURLにアクセスしてログインします。これで設定完了です。
※携帯で、「sns@agorian.com」からのメールを受信できるように設定してください。


携帯「かんたんログイン」の設定

 「かんたんログイン」の設定をすると、クリックひとつでログインできます。携帯からログインして「設定変更」→「その他」→「かんたんログイン設定」から行えます。

※携帯の個体識別番号(機種によっては製造番号)の通知設定をオンにしておく必要があります。一部機種ではこの番号を送信できないためご利用になれません。

PCメールアドレスの設定

 最初に携帯からΣSIGMAに登録された方は、PCメールアドレスを登録すると、PCからもご利用できます。携帯でログイン後、「設定変更」→「その他」→「PCメールアドレス登録」で行えます。

携帯からの書き込み
携帯からの日記やコミュニティへの投稿は、携帯の画面から直接入力して送信します。日記や一部のトピックへの書き込みを、メール投稿で行うこともできます。

写真付き日記のメール投稿

自分の日記は、xxx@yyy.com宛てにメールを送信して書き込むことができます。xxx@yyy.comは携帯に表示されます。携帯で撮った写真をメールに添付すると写真付きの日記になります。

一部トピックのメール投稿

コミュニティ掲示板の一部のトピックへのメール投稿もできます。迷惑メールや悪意の攻撃を回避するために、メール投稿できるトピックは制限されています。新しいトピックにメール投稿したいときはSNS運営事務局に、コミュニティ名とトピック名を申請してください。
コミュニティ名 掲示板トピック名 メール投稿アドレス
★談話室 携帯写真ブログ t80@mail.agorian.com
携帯生活 携帯写真館  t85@mail.agorian.com

SNS用語の説明


∑SNS サイト内やヘルプでの用語の説明です。以下でいうSNSは∑SNS のことです。

「ホーム」
メンバーごと、コミュニティごとのメインのページを指します。ログインすると自分のホーム画面(マイホーム)が表示され、メンバ名(または画像)をクリックすると、そのメンバ(フレンド)のホーム、コミュニティ名(または画像)をクリックするとそのコミュニティのホーム画面が表示されます。マイホーム、フレンドのホーム、コミュニティのホームは、ページメニューバーの色で識別できます。

「メンバ」
SNSに登録、参加している人のことで、「SNSユーザ」とも呼びます。SNS内の特定コミュニティに参加している人は、「コミュニティ参加メンバ」と呼びます。〔メンバ検索〕をクリックして、SNSメンバをキーワード検索できます。

「SNSオーナ」
SNSを開設した人のことを呼びます。オーナは、「開設者」、「運営者」、「事務局」と同一だったり、複数人が役割分担したりしますが、オーナはSNS全体の最終責任者になります。

「マイフレンド」
自分の直接のフレンドになっているメンバのことを「マイフレンド(私の友人)」と呼びます。一般用語の「友人」や「ともだち」と区別するために、「マイフレ」といった呼び方をしています。「マイフレ」になるためには相手の承認が必要です。なお、SNSに招待した人は自動的に「マイフレ」になります。自分と「マイフレ」を除いたSNSメンバは、みんな「フレンド」と呼びます。

「日記」
折に触れ、感じたこと、思ったことを書きます。旅や写真、食べ物などカテゴリ別に書いたり、文字の大きさや色を変えたり、写真や動画を貼り付けたりすることができます。日記は自分をメンバに知ってもらうためのツールです。SNSメンバ全員またはマイフレンドだけに公開する選択ができます。メニューバーの〔最新日記〕をクリックすると全員に公開された日記の一覧が表示されます。

「メッセージ」
SNS内でやりとりされる、個人間のメッセージを呼びます。メッセージはその個人にのみ届き、他のメンバがそれを読むことはできません。メールに類似していますが、メールのようにインターネットの中を駆け巡ることはなく、SNSサーバの中でやりとりされます。したがってウィルスに感染したり第三者に盗まれることがありません。

「あしあと」
メンバが他のメンバのページを訪ねたことを示す、訪問履歴です。そのメンバのページを見たときに「あしあと」が残ります。マイホームであしあとをみれば訪問してくれたメンバが分かりますので、そのメンバのページを訪問して日記を読んだり、メッセージを送ったりします。

「お気に入り」
気になるメンバ、関心を持ったメンバのことを呼びます。そのメンバのホームで〔お気に入りに追加〕をクリックします。相手の承認は不要です。お気に入りのメンバ一覧およびそのメンバが書いた最新の日記やブログの一覧が「マイホーム」に表示されます。

「レビュー」
SNS上で本やCD、家電などの商品を紹介する文章のことを指します。感銘を受けた本や素敵な商品をメンバに紹介しましょう。フレンドのホームで〔レビュー〕をクリックするとフレンドが書いたレビューが表示されます。

「コミュニティ」
SNS内に作られた、同じ関心・趣味をもつメンバの集まりです。SNSメンバはだれでも新しい「コミュニティ」を作成できます。新規作成者が、「コミュニティ管理者」として管理を行います。

「トピック」
コミュニティ内に作られる、話題(トピック)ごとに分けられた掲示板のことを呼びます。トピックはコミュニティ内に複数存在します。一般に、公開コミュニティでは、すべてのメンバがトピックを作ったり、トピックに対してコメントしたりできます。

「イベント」
コミュニティ参加者によるイベントの掲示板です。通常のトピックと異なり、ただ書き込みをするだけでなく、イベントへの参加やカレンダーへの表示などができます。

SNSメッセージ

インターネットで、友人・知人と連絡を取る典型的なツールは、「メール」ですが、なりすまし(フィッシング phishing)詐欺や迷惑メール(スパム spam、ジャンク junk)、ウィルス感染、盗聴などの問題があり、被害も増える傾向にあります。

メール送受信の方法として、一般的に使われているのは次の二つです。

(1)電子メールソフト
 クライアント(PC、携帯、PDAなど)にインストールした「電子メールソフト」で、パソコンを買ったときに標準のソフトが使えるようになっています。何百種類ものソフトがあり、なにが標準として使えるかはパソコンによって異なります。汎用ソフトでは、OutlookやThunderbird、Eudraが有名です。携帯では、各社が専用のメールソフトを組み込んで提供していますが、いずれも基本的な機能は同じです。

(2)Webメール
 クライアントではなく、Webサーバにインストールされたソフトを、IEやFireFoxなどのブラウザで使います。電子メールソフトはPCごとに自分用に設定しなければならないが、Webメールではブラウザさえあればすぐ送受信できる。送受信メール本文は、Webサーバに保存されます。自分のPCにダウンロードして参照したいときは(1)のメールソフトを使います。

 電子メールソフトもWebメールも、攻撃されたりウィルス感染する危険の程度は同じですが、Webメールの場合はサーバ側の防御機能や迷惑メール排除の機能があるので、ユーザ側の手間が少なくなるという利点があります。毎日500件の新しいウィルスが発生している状況では、パソコンでのウィルスチェックソフトでは追いつかないという問題がある。対処するためには毎日数回アップデートしないといけない状況になっている。

SNSメッセージ

 SNSのメッセージ機能は、Webメールに類似したものですが、つぎの利点があります。

(1)迷惑メールがない
 インターネットの基本はメッセージ交換ですが、その交通量(トラフィック)の7割以上が迷惑メール(スパム)です。SNSでは、SNS登録メンバ間でのメッセージ送受信に限定されているので、迷惑メールがないといってもよい。ただし、Mixiなどの商用SNS(匿名社会)は、本来のSNSではなくなっており、悪質な業者やメンバが迷惑メールを送信することがある。

(2)盗難やウィルス感染がない
 メールが怖いのは、無作為で選ばれた複数のサーバ(DNS)経由でインターネットを流れることで、途中でそのメール本文が盗まれたり、ウィルス感染したりする危険があることです。SNSでも、悪質なメンバがいたとすると100%大丈夫ということはないが、SNSサーバ内に閉じているため盗難やウィルス感染の危険はほとんどない。

(3)プライバシ保護
 登録したメールアドレスやパスワードは暗号化されており、ロボットに盗まれることもない。SNSのほかのメンバもアクセスすることはできないので、メッセージのプライバシが守られます。

こうした機能はSNSシステムに備わっていますが、SNSメンバが登録メールアドレスとパスワードを誰かに教えたり、通常のメールに書いて盗まれたりすると、それを使ったなりすまし犯人がSNSにもぐりこむことになりかねない。SNSメンバの厳選と厳重なパスワード管理が前提となります。だから、既存メンバからの招待状がないと登録できないようになっています。またルール違反のメンバを強制的に退会させることもできます。

SNSではプライバシとセキュリティを優先し、しかも情報共有が簡単にできるという特徴がありますが、それを守るために制限している機能もあります。

(1)SNSメッセージは1対1
 個人と個人が話すために使うのが基本で、宛先は一人に限定している。宛先やcc, bcを複数指定できると、結果として迷惑メールを増やすことになる。ただし、コミュニティ管理人は、コミュニティメンバ全員にメッセージを送ることができる。

(2)ファイルの添付はできない
 メール添付ファイル(とくにワードやエクセル)からウィルス感染が広がる危険が大きい。SNSメンバであっても、感染していることを知らずにパソコンのファイルを添付してメッセージを送る危険を排除するためです。写真ファイル(JPG, GIF, PNG)は添付できます。

(3)EXEファイルはアップロードできない
 スパイウェアやワームがもぐりこむ危険を排除するためです。コミュニティ掲示板のトピックでは、ワードやエクセルのファイルをアップロードできるようにしていますが、これは利便性と情報共有を可能にするためです。感染したファイルをアップロードすることは厳禁です。

Niftyビデオ共有

Niftyビデオを日記や掲示板に表示することができます。

〔例〕http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_...
「ブログに埋め込む」にあるコード:
<script language="javascript" type="text/javascript" src="http ://dl.video.nifty.com/js/player.js?user_id=0000006531&catalog_id=071218049356
(以下略)
user_idとcatalog_idの数字をコンマで区切って指定する。
<cmd src="videonifty" args="0000006531,071218049356">




表示ビデオの大きさも指定できる。
<cmd src="videonifty" args="0000006531,071218049356,240,196">

YouTube動画の表示

日記や掲示板でYouTube動画を表示することができます。

YouTube動画のURLが、たとえば、
http://jp.youtube.com/watch?v=IFtuNPTBZ2k 

だとした場合、これを表示するときは、
<cmd src="youtube" args="IFtuNPTBZ2k,300,200">

と書く。IFtuNPTBZ2kをコンテンツIDとよぶ。300,200はそれぞれ動画の横幅と高さ(単位ピクセル)である。画像をクリックすると開始します。


URLをそのまま書くと元の大きさで表示されます。
http://www.youtube.com/watch?v=IFtuNPTBZ2k

SNS動画の貼り付け

YouTube動画は公開されていないと再生できない。インターネットに公開したくないが、特定のメンバーしか参加していないSNSコミュニティにだけ公開したいときは、SNS動画ファイルとする。また、10分以上の長い動画のときもSNS動画にする。SNS動画を貼り付けたいときは、以下の手順を踏む。

1. WebフォルダのURLを決める。

 Webサーバに保存されているフォルダのURLで、
 ここでは、http://user.agorian.com/video/ とする。

2. このWebフォルダにアクセスできるようにする。

 ユーザ名 video@agorian.com とパスワード password を前もって設定する。SNSログインのときのユーザ名/パスワードとは別で、管理者が発行する。一度設定するとブックマーク(識別名)をつけていつでも開くことができ、外部HDDやUSBメモリと同じように読み書きできる。

3. 動画ファイルをアップロードする。

 ローカルにある動画ファイル(FLV形式)をWebフォルダにドラッグ&ドロップする。TVやデジタルビデオでの標準はMPG形式なので、FLV形式に変換してからアップロードする。大きさは320x240~540x360が適切である。

4. SNSに貼り付ける。

 アップロードした動画ファイル名が、myvideo.flv のときは
 http://user.agorian.com/video/myvideo と書く。(.flvなしでも可)

※ここでは動画ファイルのアップロードについて説明しているが、実際にはどんなファイルでもアップロードできる。またダウンロードも同様にできる。つまり、ファイル操作上は、ファイルの移動、複写、削除、あるいはフォルダの作成・削除などがパソコンのローカルにあるフォルダやファイルと同じようにできる。
ファイルのアップロード

動画の貼り付け

SNSの日記や掲示板の本文に動画を貼り付けて再生することができる。以下の二つの場合がある。

① 動画共有サイトに公開されている動画

 動画を表示しているURLを書くだけでよい。動画の表示サイズを指定したいときはCMDタグを使う。YouTubeとNiftyの場合の例を以下に示す。

② SNSメンバーだけに見せたい非公開の動画

 この場合もURLやCMDタグを書くだけであるが、事前にSNSサイトに動画ファイルをアップロードする必要がある。YouTubeにアップロードできる動画は最長10分までに制限されている。10分以上の長いビデオのアップロードとSNSでの表示ができる。

1.トップメニューとページメニュー
〔注〕のリンクはΣにログインしている場合です。

 まず画面上部を見てください。ヘッダー・バナーがあって、メニューバーが二本あります。上をトップメニュー、下をページメニューとよびます。
 
トップメニューの項目は変化しませんが、ページメニュー項目は表示したページ種類によって変わります。現在表示されているのが「★HELPコミュニティ」の「掲示板」に投稿された「トピック」の一つです。ページメニュー横棒の色が黄色になっているのに注意してください。これが緑色のときは他のΣSIGMAユーザのページを見ていることになり、水色のときは五字分のページ(マイホーム)を見ていることになります。

2.コミュニティ掲示板のトピック

 この記事(発言、書込み、カキコともいう)は、「★HELP」コミュニティの「掲示板」に投稿された「◆初めて参加された方へ」というタイトルのトピックです。簡略化して[★HELP]トピックとよんでいます。★HELPコミュニティでは、すべてのΣSIGMAユーザが、新しいトピックを投稿できます。

 上部ページメニュー(黄色)左から二つ目の〔掲示板〕をクリックすると、投稿されたトピックの一覧が表示されます。更新日時の新しい順に表示されています。その一覧の中に「◆初めて参加された方へ」というトピックがあるので、それをクリックするとこのページが表示されます。試してください。ほかのトピックもお読みください。

3.トピックに対するコメント(意見・質問など)投稿

 このページを下にスクロールすると、青い帯の「書き込み」があります。これまでに、このトピックに対して投稿された(書き込まれた)コメントが表示されています。さらに下にスクロールすると、「新しく書き込む」欄があります。この説明で分からないことがあれば、そこに書き込んでください。

 本文にコメントを入力します。写真(画像)もアップロードできます。ファイルサイズは最大500KBになっています。写真の大きさは自由です。入力が終わったら、〔確認画面〕をクリックします。内容を確認して、〔書込み〕ボタンをクリックします。〔修正〕を押せば、入力画面に戻ります。

4.共通コミュニティトップ

 ページメニュー左端の〔コミュニティトップ〕をクリックしてください。◆HELPコミュニティのトップページが表示されます。左側に◆HELPコミュニティに参加しているΣSIGMAユーザの写真(アイコン)と名前が表示されています。ご自分の名前もあることを確認してください。

 新規登録者は全員、「★HELP」コミュニティに参加するように設定されています。あなたも「★HELP」コミュニティに参加しているメンバーということです。もうひとつのコミュニティ「★談話室」にも自動的に参加しています。トップメニューの「マイホーム〕をクリックして、移動先(ログイン直後)のページを見ると、左下部の「コミュニティリスト」に「★談話室」と「★HELP]があることを確認ください。これが現在あなたが参加しているコミュニティです。この二つは「共通コミュニティ」で、新規登録のときにΣSIGMAユーザ全員が参加しています。

5.登録メールアドレスへの自動配信

 ここでぜひ覚えておいて欲しいことがあります。あなたが参加しているコミュニティに新規投稿、すなわち新規トピック作成、トピックに対するコメント書込みなどがあると、その書込み内容が、あなたが登録したメールアドレス宛てに自動配信されます。

 この機能は、だれかが発言(書込み)するとすぐ通知されるので、メールで発言を読むことができる便利なものです。携帯メールアドレスを登録しておくと、携帯からすぐに返信(投稿)もできます。ゆるやかなチャット、議論もできるというわけです。

 ところが、迷惑メールになることもあります。たとえば、「★談話室」のようにいろんなトピックが作成されるようなコミュニティで、自分に関係のない、興味がない書込みが多いと、自動配信されるメールは迷惑になります。そのときには、コミュニティトップの下部で、メールを受信しないように変更してください。「●受け取らない」を選択して、〔メール受信設定変更〕ボタンをクリックすれば変更されます。

【重要】新規登録時は「受け取る」に設定されています。登録メールアドレスが無効になると多量の迷惑メールが発生します。送信サーバが何回もトライし、受信サーバも宛先不明の返信を繰り返します。これが書込みがあるごとに発生しますので、書込みが100あり、無効アドレスが10あると単純計算で一万件以上のジャンクが発生します。問題は肝心の本人は気がつかないということです。メールアドレスが変更になったときは必ず〔設定変更〕で登録メールアドレスの変更をお願いします。放置すると、ご本人の名誉にもかかわります。詳しくは、配信の停止についてをご覧ください。

6.コミュニティへの参加

 談話室とHELPは、ΣSIGMAユーザ全員が参加し、自由に書込みができる「公開コミュニティ」ですが、コミュニティ管理者の承認がないと参加できないコミュニティもあります。これを「非公開コミュニティ」よびます。たとえば「雀の学校」を例にとりますと、管理者が平井克秀で、コミュニティの掲示板(トピックとコメント)を読んだり、新規に書き込んだりできるのは「雀の学校」参加メンバーだけです。

 「雀の学校」コミュニティに参加するためには、まず「雀の学校」コミュニティトップに移動します。開設されているコミュニティの一覧は、トップメニューの〔コミュニティ検索〕をクリックするとコミュニティの一覧が表示されます。分からないときは、「コミュニティ検索・並べ替え」でキーワードに「雀の学校」と入力して改行キーを押せば検索、表示されます。
 「雀の学校」コミュニティトップで、ページメニューの〔コミュニティに参加〕をクリックします。メッセージを書いて、〔参加を希望〕ボタンをおせば、管理者宛にメッセージが送信されます。管理者が承認すると、「雀の学校」コミュニティの参加メンバーになり、全ての掲示板の読み書きができます。

7.マイフレンド(私の友人)に追加

 コミュニティに参加すると、コミュニティ参加者たちとの交流ができるわけですが、参加者たちが「マイフレンド(私の友人)」であるとは限りません。おなじ興味(写真、旅行、音楽など)をもっている人たちの集まりがコミュニティですから、友人ではないことも多い。同期会とか同窓会とかプロジェクトメンバーの集まりであれば、実世界では付き合いの多少はあれ、友人であるわけですが、ΣSIGMAでいう「マイフレンド(私の友人)」は意味が異なります。このことを混同、誤解しないように注意してください。

 ΣSIGMAで「マイフレンド」になるためには、「マイフレンドに追加」をする必要があります。このΣSIGMAに登録するときに招待状を送った人は、自動的に「マイフレンド」に追加されています。マイホームの左下を見ると、「マイフレンドリスト(私の友人リスト)」があります。そこに招待してくれた人の写真と名前があることを確認してください。オープン登録したときは、ΣSIGMA管理人が招待状を送っていますので、赤いだるまのアイコンが表示されます。マイフレンドに追加申請し、相手が承認すると、お互いのマイホームのマイフレンドリストに相手の写真と名前が表示されます。

私の友人に追加する

SNSユーザは、既存ユーザから招待されて参加しています。あなたを招待してくれた人は、SNSの中でも友人(マイフレンドとも呼ぶ)ですから、ホームページで「私の友人(マイフレンド)」の一覧に掲載されます。招待した人のホームページには、あなたが「私の友人」として掲載されます。一般的には、あなたの友人の友人は、あなたの友人でも知人でもない場合があります。SNSでは、そうした人たちも「友人(フレンド)」と呼んでいます。

SNSユーザは、招待者を除く全員が、あなたの「友人」ですが、「私の友人」ではありません。たんなる友人と親友が違うのと同じです。SNSユーザを「私の友人」にするためには、下図に示すような手続きを取る必要があります。

この例は、あるコミュニティのメンバを「私の友人」に追加する例です。コミュニティに知っている人がいないような場合、TopMenuの「メンバー検索」をクリックするとSNSメンバの一覧が表示されます。そのなかによく知っている人がいたら、上記と同じような手順で「私の友人」に追加することができます。

「私の友人」の日記やブログが更新されると、あなたのホームページに表示されます。あなたのホームから直接「私の友人」のホームを見に行ったり、メッセージを送ったり、紹介文を書いたり、レビューを読んだりすることができます。また、あなたがSNSで日記を書いたとき、SNSユーザ全員には読まれたくないとき、「私の友人まで公開」にすることができます。