Alumni 同窓会

同窓会・クラス会・OB会・趣味の会などの交流サイト
 

Facebook接続とクラウドサービス

Wordpress3.3からだろうか?Add Link to Facebookプラグインがあることに気が付いたので早速インストールした。Facebook Appを作成し、App IDとApp SecretをプラグインSettingsで入力するだけだ。機能の詳細はまだ知らない。実際に試して学習したい。 Facebook Appを作成するときに、Heroku Cloud Application Platformを利用できることを知った。今年9月16日に、FacebookとHerokuの提携が公表された。FacebookがDev App普及を推進するための施策のひとつだ。 Appを作りたい人にとっては朗報だ。Herokuの初期利用は無料で、ワンクリックで設定できる。Facebook AppをホストするWebspaceのURLが割り当てられる。ドメイン取得、自営サーバまたはレンタルサーバの契約、セットアップ作業が不要である。App開発に使用できるスクリプトはひとつ(PHP, Pyson, Rubyなど)に限定されている。オープンソースのWeb AppのほとんどがPHPで書かれているので、好みのAppを選択肢、インストール、運営するのは容易だろう。 高性能、高レスポンス、専用データベース(最大2TB)を使いたいときは費用が発生する。課金は従量制で、Web Dynosという単位が使われる。1 Dynosは、1時間5セント(約4円)で、512MBメモリが割り当てられる。750時間までは無料で使える。 Add-onも70以上(2011年12月31日現在)ある。Facebook/Twitter APIやAmazon RDS接続なども自由にできる。無料のDaily Cronとか開発者用メール送受信、カスタムドメイン使用が可能なのもありがたい。現在のサーバを移行することも検討する価値がありそうだ。  

今後の市場と技術動向

今日の講演のお題目だった。グローバルな視点で注視すべきTop 5 Trendsを切り口に、巨大クラウド、巨大SNS、オープンソース、モバイル動向などを話すつもりだったが、時間切れに終わってしまった。そうなることも予想していたので、その場限りではない情報提供、GoogleAppsを使った実例、私自身のおクラウド環境なども整備して皆さんのお役に立つようにと思って、Googleサイトを作った。デモ用にと思ったが、順次整理して情報倉庫にしていこうと思う。 講演用にと思ってやっつけ仕事で作ったが、プレゼンテーション資料もダウンロードできるようにした。まだ不完全だが時間を見つけて整理したい。今日はプロジェクタ接続問題もあったが、すべてのプレゼンをブラウザ(GoogleChrome)だけで実施した。WordやPowerpoint相当の機能を持ったGoogleドキュメントで資料を作成していたからできたことだ。Googleプレゼンテーションが実用レベルにたっしてきたということだ。私は10年前にリリースされたPowerpoint2000をいまも使っているが、それも不要になる日が近い。クラウド技術・サービスは2011年い飛躍的に進歩した気がする。 書き出すと止まらなくなるのが私の癖だが、今日書きたかったのはGoogleサイトを使ったサイトの案内だ。下記のサイトを作り、プレゼン資料を昨夜アップした。ご参考に。ただし、sigmatownユーザしかダウンロードできない資料もある。第三者の著作権の絡みもあるから、一般公開できないということだ。
  • MyWeb 案内 一般公開 自称”達磨居士”が開設・運営しているサイトの案内です。講演用スライドもあります。
  • 巨大クラウド市場 一般公開 クラウド・コンピューティング、クラウド・サービスの動向について整理しています。(デモ用に作成中)
  • 市場と技術動向 一般公開 世の中でホットな話題を整理する。
  • 青春ぶらり旅 sigmatown.com 内の全員と共有 (ログイン必要) テスト用です。いずれ一般公開します。
   

GoogleApps for Sigmatown

組織名SigmatownおよびSyskaiobのユーザの方は、こちらからログインできます。ログインするためには、Sigmatownアカウント(user@sigmatown.com のメールアドレスとパスワード)が必要です。お持ちでない方は、管理者に登録を依頼してください。初めての方は、Sigmatown案内  をご覧ください。

Core Suite サービス

 メール   ドキュメント   カレンダー   サイト    スタート   連絡先SigmatownアカウントでGoogleAppsを無償で利用できます。Google社が提供する60以上のアプリケーションを利用できます。Googleアカウント(user@gmail.com)との違いは、作成したドキュメントやサイトの公開、共有、共同編集などがsigmatownユーザに限定できることです。オーナーの権限と責任で、組織外部のユーザと共有することもできます。

Google Enterprise 導入事例

http://www.youtube.com/watch?v=iEoAh-7nhVU&NR=1

BuddyPress 1.5

日本語版1.2.10 を 1.5 (公式リリース: 9/21))にアップグレードした。自動アップデート機能を使ったためBuddyPressに関係した機能は英語版になってしまった。テーマも上位互換がないため作成しなおす必要がある。とりあえず 1.5 デフォールトテーマに変更した。下記Codexを読んで再度カストマイズする予定だ。  

Open Government Initiative

オバマ大統領が指示した「開かれた政府」プログラムの状況。

浜名湖の夕景

浜名湖の畔まで歩こうと思って、鷲津で途中下車した。14時20分、まだ残暑が厳しくリュックを背負って歩くのをためらった。とりあえず遅い昼食をとろうと駅前の喫茶店に入った。まったりと1時間も過ごした。覚悟を決めて強い日差しを浴びて歩き始める。あっという間に湖畔に着いた。半島の付け根にあたり、古い桟橋が見えた。立ち入り禁止になっていた。先端の部分が壊れていた。 [caption id="attachment_583" align="alignnone" width="300" caption="浜名湖の夕景"][/caption] 浜辺はない。左岸沿いに歩き始めると」天皇陛下御乗船所」の碑があった。昭和5年6月1日だというから、80年も前のことだ。土地の人に聞くと、北岸に御用邸があったそうだ。昔はもっと立派な桟橋があったのだろう。乗船場周辺もかつては遊泳場だったというから、家族連れで賑わっていたのだろう。いまは朽ち果てた桟橋が残るだけのさびしい風景だ。

ΣSNS写真集

ΣSNSに掲載された写真です。ΣSNSにログインしないと閲覧できません。只今テスト中。

海外ビジネスに携わる人たちへ

海外ビジネス、海外駐在員活動に携わる人たちへの参考資料である。何かのヒントになれば幸いである。 現地企業の役員として経営に携わり、事業戦略だけでなく成長戦略も担当しOfficerの任免、事業の再編、事業提携やM&Aを担当する人たちに参考となるものは含まれない。別の機会に紹介したい。

高松塚古墳

高松塚古墳マップ

近鉄吉野線の飛鳥駅から徒歩10分で飛鳥歴史公園入り口に着く。道路から数歩入ると視界が開ける。右手に上がっていくと展望台があった。人影はなく、そこは蝉時雨に包まれていた。尾根沿いに南東方向に数分歩くと、高松塚古墳があった。 芝で覆われた円錐台の墳墓?人工のものだった。昔、新聞の写真で見たのは竹林だった気がする。想像していた古墳の風情はまったくなくてがっかりした。発掘当時の写真が、古都飛鳥保存財団のホームページにあったので拝借した。右側が今日撮った写真だ。
[caption id="attachment_533" align="alignnone" width="240" caption="高松塚古墳(移設前)"][/caption] [caption id="attachment_534" align="alignnone" width="240" caption="2011年8月31日"][/caption]
春に訪れた石舞台古墳も同じで、子供時代に見たときの風景がなくてちょっとがっかりしたものだ。畑の中を緩やかに登っていくと丘の一角に巨大な岩が見えて感激したものだった。史跡保存と観光資源化の波に乗って人工的に周辺が開発されると古の風情はなくなるものだ。 高松塚古墳の変貌は激しかった。極彩色の石室壁画が発見された30数年前に見た竹薮に覆われた墳丘の面影はまったくなかった。現代人が作った円錐台の墳丘を見ても何の感慨も湧かない。でも、そのことを除けば周りの風景は素晴らしかった。大和民族の国と文化が築かれた地、日本人のこころの原点がここにあるのだという思いが沸々とわきあがってくる。 人影はなく、ひとり静かにもの思いに耽った。夕刻が近づいていた。歴史公園の職員が見回りにきたので聞いてみた。「どうしてあんな姿になったのですか?」 「壁画のカビや破損がひどくなり、石室内での修復作業が追いつかなくなった。修復作業用の施設を作り、石室壁面をすべて解体して施設に移した。その後、竹薮だった墳丘を掘り崩して、あのような形にしたのです。」 帰り道、散歩している土地の人に会っておしゃべりをしたときに、その人はこんなことを言っておられた。 「地元の人たちは怒っている。役人も学者も自分たちの手柄ばかりに関心があって、日本人の先祖が築いた遺産を守ることがおろそかになった。心ある人は地元と国(官僚)の板ばさみになって苦悩したあげく自殺した人もいる。哀しいことです。」 家に帰っても、高松塚古墳の発掘とその後の経過やあの飛鳥美人の壁画がどうなっているのかが気になったのでネットで調べた。
[caption id="" align="alignnone" width="240" caption="西壁 女子群像 1972"][/caption] [caption id="" align="alignnone" width="250" caption="無残な飛鳥美人2006"][/caption]
〔参照資料〕