Life is Adventure!

Windows7❖  WordPressWords

Wordpressブログサイトを複数作成できる機能をもったWPMU(μ1.3.3)を数年前に設置した。テスト用だったため動作を確認したあと放置していた。当初sigmatown.comのルートに設置したが、サイトを再編成したときにサブディレクトリに移行した。

動作確認済みで学習も終わったので、すべてのμファイルをサブディレクトリに移行しただけだ。バーチャルホストというのか動的ファイルというのかよく理解できていないが、ページはDBから生成されるから、URLはルートからのパスになったままだ。

ブログ記事は表示されるが、ページ記事は存在しないと警告メッセージが出る。管理画面で、サイトパスを変更すると”リディレクトがループしている”という警告が出る。

この問題が気になってあれこれ調べたら、結局.htaccessの設定が間違っていた。オリジナル・ソースを編集してアップロードしたら動いた。これが分かるまで数時間も費やしてしまった。知識がないと、無駄な時間を浪費することにもなる。

勉強しようと思ってもサーバ環境の設定は難しくてよく分からない。ドキュメントだけでは無理がある。

μは古くなったのでアップグレードは止めて、SNS機能が追加されたBuddyPressを試してみようと思う。

Wordpressでは使えるHTMLタグがMUでは無視される。たとえば、class, id, styleなどの属性タグはほとんど無視されてしまう。有効なプラグイン用のタグを除いて、scriptを書くと無視される。これは初心者が誤った書き方をしてページが乱れたり、ハックの危険を回避するための処置(設計仕様)であろう。

投稿テキストの中で使いたいタグを追加するときは、wp-includes/kses.php 内の$allowedposttags を変更する。アップグレードに影響を与えないためにオリジナルに手を加えたくないときは、my-hacks.phpに書いてルートディレクトリに保存すると、kses.phpの内容を上書きしてくれる。

Movable Typeは上級者を対象としているからだろうか、すべてのタグを使うことができるようだ。

数年前に、CMSと企業内ブログの導入を検討した。会社の公式ウェブ(数年古かった)は、Xoopsをベースにリニューアルした。一方、社内の情報発信・共有ツールにはMovable Typeを採用した。

その前段階として、「やって見せねばひとは動かじ・・・」で、自らインストールし学習した。企業内で評価のためにインストールしようとすると官僚主義が邪魔をして時間がかかり面倒なので、自分でドメインを取得し、サーバも借りてインストールした。

続きを読む "Blog制作日誌" »


counter