Life is Adventure!

Web制作日記 | Home | WikiWeb制作

Wiki制作日誌

これまで十指に余るWikiソフトを試してきた。Wikiエンジンを使ったサイトがあれば、すぐメンバーになってCaaCとしてわずかながら貢献してきた。その代表はいわずと知れたWikipediaだが、英語と日本語両方のメンバでもある。WikiaやJotSpotでは、自分のWikiサイト(WikiWikiという)を開設して、いろんな記事を書いた。WordやExcelをクライアントで使う必要がなくなった。「あちらの世界」でほとんどのオフィスツールを利用できるようになった。

そのうちにWikiエンジンそのものを自分のサーバに設置し、自分好みのWikiを作るようになった。作るといっても見よう見まねで改変するだけである。ほとんどがPHPやPerlで書かれているので、あれこれ創造しながら改変することができる。画面が真っ白になって、頭も真っ白になることもよくある(苦笑)しかし、動いたときの達成感が大きな喜びを与えてくれるので、失敗を繰り返しながら挑戦する。

WikiエンジンであるMediaWiki、PukiWiki、FreestyleWiki、TiddlyWikiなどのオープンソースをダウンロードして改変、セットアップ、運用(自作自演のコンテンツ作成・編集)を繰り返してきた。試作だけで投げ出したサイトも数多くあるが、そのなかで生き残った有用なサイトはいまも日常的に使っている。

それらのWikiを整理し、これからWikiを学習し活用する人たちに情報を発信することも意味があるだろう。解説本はたくさんあるので、読めばいい。私は一冊も読んだことがない。耳学問と実践から得た知識なので、すこしずつ体系化しながら実践事例をまとめていきたい。

Philosophos―当初講演でのWikiデモ用で、主として講演用資料作成に活用
ΣSIGMA案内―ソーシャルネットワークΣSIGMAの案内と利用手引き作成
Mailman利用手引き―世界的に実績のあるMailmanの使い方を説明
Wikiヘルプ―Wikiスタイル(表記法)を中心に作成
飛耳長目―草稿作成・備忘録(TiddlyWiki+MySQL使用)で毎日使用

サーバに設置して評価したWikiサイトの例

Wikiサイト例使用Wikiエンジン備考
飛耳長目日本語版SigmaWiki日々の備忘録や草稿作成
PhilosophosFSWiki講演デモ用に作成
DalmaPlazaPukiWiki評価用
WikiMemophpTiddlyWiki評価用(MySQL使用)
WikiPlazaMediaWiki派生評価用(wysiwygスタイル)
JotSpot商用Wiki評価用(完成度が高い)
TikiWiki最大規模のWiki機能豊富だが重い
WikiAgoraFSWikiスレーブ機能評価用

今日の言葉: 

コメント (1)

この記事を書いた頃からWikiエンジンの開発は下火になった。ブラウザ、Javascriptが進化し、Windowsもひっきりなしにアップデートされて互換性を維持するのが困難になった。オープンソースWikiの開発者たちもなりを潜めていった。

完成度の高かったJotSpotはGoogleに買収され、Googleサイトとして進化した。MediaWikiはWikipediaなどのエンジンとして開発が継続された。この6年で多くのWikiが消えていった。私が試作したWikiサイトは放置したままになり、そのほとんどが動かなくなった。ひとつの時代が終わった・・・という寂しさを感じる。

マイクロコンテンツ、マイクロブログとして生き残ってきたTwitterだが、それ以前にマイクロコンテンツの原型だったTiddlyWikiはいまだ健在だった。ここ数年は使わなくなったが、過去にTiddlyWikiを使って作成したHTMLページは生きている。

久しぶりに追加・編集しようとしたら「保存」ができなかった。TiddlyWikiはJavascriptのお化けのような産物だからだろうか、Windows/ブラウザとの互換性を維持するのが難しいようだ。

昔のFirefox2.0を入手して開くと、編集・保存ができた。Javascriptでファイル書き込みを行うのでWindowsのセキュリティ警告が出るが、「許可」すれば問題がない。

最新のTiddlyWikiはv2.8.1になっていた。ダウンロードして再評価したい。さらに、新規開発中のTiddlyWiki5テスト版もリリースされていたので、これも試してみたいものだ。

コメントを投稿


counter