Life is Adventure!

mAgicTV不具合 | Home | 格安LTEとSIMフリー

Googleマイプレイス

2014年頃からGoogleが複雑になり使いにくくなった。加えて不具合(と思われる事象)があったり、レスポンスが極端に悪くなったり(とくにスマホのマップ)、既存サービス(とくにPicasa)が打ち切りになったりなど悩まされることが多くなった。「Google Mapの使い勝手が悪くなった」という記事を書いたのが3年前だが、いまだに悩まされているというわけだ。

悩みのひとつがやっと解決した。「マイプレイス」というサービスで、①「ラベル付き」、②「保存済み」、③「訪れた場所」、④「マイマップ」の四つがある。パソコンで「スター付きの場所」(②でリストになった)と「マイマップ」(④になって仕様が悪くなった)はかなり昔から使っている。

「マイプレイス」という呼び名でのサービスは3年ほど前から始まったと思うが、メニューからマイプレイスを開くと、②④は空白(「ありません」と表示)になっていた。作成済みのマイマップの保存したURLから開いたりしていると、マイプレイスに表示されようになることもあった。その理由がずっと不明だった。

原因は、「アクティビティ管理」の設定にあった。「ウェブとアプリのアクティビティ」を「オン」にしていたが、それだけでは不十分だった。「Chrome の閲覧履歴と Google サービスを使用するウェブサイトやアプリでのアクティビティを含める」にもチェックをつけないと機能しない。

"マイプレイスで保存済み、マイマップが表示されない"で検索すると類似の事象で困っているユーザが何人もいる。質問への回答で、「スマホ/タブレットのマップアプリの使用で、パソコンのブラウザでは表示されないようになっている。そういう仕様です。」などといったのがあり、それで納得してあきらめている人も多いことだろう。

マイマップとマイプレイス、パソコンとスマホ/タブレット、ブラウザとマップアプリの違い、さらにドライブとフォトとバックアップ(パソコン/スマホとウェブの相互関係などが複雑すぎて使いこなせない。プライバシーと共有の設定や機能が分かりにくいため不安が生じて使わない機能も増える。

今日の言葉: 

counter