Life is Adventure!

ダウンロード時間測定 | Home | 戦略の立て方とお国柄

日本語.jp ドメイン

これまでに個人で取得した.comドメインは4つである。最初は、オープンソースのCMSであるXOOPSとブログ用サーバソフトMovable Typeを試用・評価するために取得した。それが elmstadt.com である。一年ほど使った後、ほとんど使わなくなった。Xoopsで評価用に作ったWebがいまもある。ほそぼそと使っているのが、一年前に開設したやはりオープンソースのWordpressを使ったWeb2.0やSNSなどについて書いたブログである。これもメンテ頻度は低い。引越しをしようと思っているが面倒なので放置している。

新しいドメインを、気に入った名前のものを取得するのが非常に難しくなっている。これは大丈夫だろうといくつもチェックしては「取得済み」の返答がくるのは憎らしいものである。できるだけ短くて、覚えやすく、体(たい)を表わす名前にしたいと思うが、考えることはみんな同じである。

最近は「日本語.jp や日本語.com が安く取得できるようになった。日本語である必要性はないし、狭い日本にしか通用しないから無駄があるが、日本の仲間内で使う共有ドメインにはいいだろう。一つくらい取得してみるかな。

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter