Life is Adventure!

Uniqlock Blog Parts | Home | Wiki制作日誌

Web制作日記

HTML、HPB、MT、Xoops、WPなどいろんなツールを使ってWebやブログを作ってきたが、基本であるHTMLタグ、CSS、Javascript、PHPを使いこなせない。Web学習手帳と称して、あとで参照できるようにWeb化したりしているのだが、それも散逸するようになった。再度整理しないといけない。

写真ブログも同じである。いつも中途半端で終わってしまっている。友人・家族と共有したいが、不特定多数の人に見られたくない。かといってパスワード保護も面倒だし、公開と非公開を分けるのも手間がかかる。写真の容量を少なくするためには・・・などである。

さらに頭痛の種になっているのは、数あるオープンソース実験場の運営と整理である。自分のドメインが三つあり、それぞれにMTやWPがインストールされており、これらを使って作ったブログサイトも十を越す。多くが冬眠状態であるが、ときどき思い出して編集している。

そもそもドメインが三つにもなったのは、レンタルサーバの容量制限のためでもある。最初250MBで十分と思ったのが足りなくなって、あらたに500MBを借りた。別のドメイン名を取得したほうが安かった。容量面では、ブログやSNSはテキスト中心なので、写真をあまりアップロードしなければそれぞれは数MBで十分である。写真・イメージを含む記事数が1000を超えても、せいぜい10MBくらいである。

もちろん写真やイメージの大きさには気を使ってきた。ブログ内に埋め込む場合は、通常は幅240~480ピクセルにしている。写真も最大800x600だが、ほとんだが640x480以下にしている。スライドショーは480x360、320x240(最初の頃は240x180)である。バイト数では、数十KBから百数十KBである。

ところが昨年あたりから事情が変わってきた。SNSインストール用に第三のドメインagorian.comのサーバを米国で借りた。毎月1000円未満で3GBというのが、選択の理由だった。それが昨年末には同じ価格で、30GBになった。そして今は300GBを借りられる。

いま使っているサーバ容量は700MBくらいである。仕事で使うPPTやPDF、遊びで使うFlashやswf、そしてMPEGビデオもいくつかアップした。それで1GBにもならないので、最近は写真JPGの大きさもあまり気にしなくなった。気にするのは、ブラウザで開くときにあまり重いと嫌気がさすから、容量を抑えるように多少は考えるくらいであろうか。

例によって能書きが長くなった。これも日記の気安さである。好きに書いていけるからいい。他人が読む記事を書くときはそれなりに神経を使うものである。日記は、何を言いたいのかは自分さえわかればいい。体裁も気にする必要がない。気楽なものである。キーボードをたたく音が警戒で、日々の運動・・・ひいては多少なりとも、老いつつある脳の刺激になればいい(笑)


ここで気がついたこと、Web制作上の留意事項などを整理していこうと思う。

1.軽量級のページ
 いくらブロードバンドになったからといっても重いページで反応が遅いと見るのがいやになる。できるだけ軽くつくる。これまではいろんな機能を試すのが中心だったため、どうしても重くなる傾向だった。1ページのファイル容量は50KB以内かな。写真やビデをを紹介するサイトはどうしても重くなる。1024x768ディスプレイを前提に考え、オリジナル写真の大きさは720x540が適切だろう。JPG量子化率は75%で圧縮する。テキストとくうはくが多いような画像はPNGのほうが小さくなるようだ。

2.画像の大きさを指定
 忘れがちなのがimgタグでのwidthとheightの指定である。この指定がないと移動するたびに読み込まれてレスポンスが遅く感じる原因になる。それから、alt も面倒がらずに書く。画像を殺してブラウズする人もいるので、画像の存在を示すようにしておいたほうが親切である。

3.できるだけ浅いリンク
 ページを次々と切り替えていくと、現在の場所が分からなくなることがある。トップページから三段くらいが適切かも。深くなるときは、ページの上部に、ホーム>Web制作>ページ作成 のように現在のページの居場所を書くと良い。ヤフーが良い例である。

4.見て楽しむか、じっくり読むか
 それによってページの作り方が変わる。見て楽しむためには写真やイメージ、イラスト、絵などがあるほうが良いが、ページが重くなってしまう。重くなって表示されたが楽しくないコンテンツだと最悪である。重くても、面白くて楽しいページだと許されるかもしれない。視点、論点を明確にして主張するような記事は、じっくり読んでもらう文章中心のページになる。一ページで書ききるか、複数ページに分けるかはテーマによって異なってくるだろう。

5.ページの体裁は
 いつも悩むことでもある。二段にするか三段にするか、フレームを使うか使わないか、バナーはどうする、メニューはどんな形式がいい、トップの横バーか、左または右のメニューか、背景色は、ロゴはどうする・・・などと切りがないものである。まあ自分が楽しむのなら何でもいいが、人に見てもらうのであれば、それなりの工夫が必要である。じつはこれが面倒なので、自己満足派のWeb制作にとどめてきたという事情がある。いつかは全面公開して、友人知人に見てもらおうとはおもっているが・・・。いつも永遠の課題で終わってしまう。トホホ・・・。

6.テーマが違う複数サイトの統合
 これは可能だろうか。一番の悩みでもある。Web制作上の留意事項を書くつもりが、ここにきて悩みと愚痴になってきた。トホホ・・・。

今日はここまでにしておこう。

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter