Life is Adventure!

DropBox | Home | Setup

XP vs. Vista

XPマシンを工場出荷の状態に戻した。XPセットアップでは、MS関連の製品(Word, Exce, Outlook, Messenger, MSN, .Network, NetMeeting, FrontPage, Media Playerなど)および余分な付属ソフトを全部削除した。

お陰でCドライブのWindowsとProgramFilesは、2GB以下になった!軽快である。内蔵HDD120GBのほとんどを使える。Vistaでも不要なものは全部削除したのだが、コア(だとゲーツさんはいう)のWindows(8GB)と初期Program Files(2GB以上)あわせて10GB以上ある。5倍の差である!

VistaマシンのCドライブには、再インストールを考えてOS関連しか保存していないのに、今や25GB占有している。OS障害の影響を回避するためのバックアップ(ShadowCopyとか復元ポイント、デバグ情報など)が勝手に作られていくからである。レジストリだけでも最初は10MBくらいなのに使っているうちに1GBを超えてしまう。無駄に肥大化するばかりだ。Vistaもまた再インストールする必要がある。

XPは軽快でいい。98のほうがもっと軽快で、XPは重いと思ったのだが、Vistaに比べたら、XPはずいぶんと軽いものだ。Vistaが重いといっているが、Vista本来の機能(AeroとかSuperFetchなど)を全部殺した状態で、Dual Corでメインメモリーも1GBある(XPは256KB)のに、重いのだからどうしようもない。それで、Vistaだからできるという機能はない。逆に、XPで動くアプリで、動かないものがある。困ったものだ。

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter