Life is Adventure!

春爛漫 | Home | Opera可用性

Telebee個人放送局

一昨年にBrightCoveインターネットTV放送サービスを利用して、試しに何本かのビデオをSNSに公開してきた。日本でも類似のサービスが始まっている。TeleBeeもそのひとつだが、500MBごとに月額1050円課金される。広告収入だけでは不十分と思って、パブリッシャーにも課金するということか。

それにしても、1500GBが月額800円でレンタルできる時代に、10GBで月19950円課金される。オープンな時代にどうしてこんな法外な課金体系のビジネスモデルを考えるのか理解に苦しむ。YouTubeやBrightCoveは容量制限がなく利用も無料である。

個人利用では、YouTubeで十分だ。放送局のプロ並にやりたいなら機能豊富なBrightCoveを使えば良さそうだ。とにかく使ってみないと分からないのでTeleBeeにもビデオをアップしてみた。変換にやたらと時間がかかるようだ。

昨年12月にTeleBeeアカウントを開設したが、肝心のビデオの公開を忘れていた。昨日三本公開し、さらに三本追加アップロードして公開した。個人向け放送局を標榜するだけあって、使い勝手は良さそうだ。

開設しなくても、既存の複数ビデオをWebで配信できるTeleBeeブログパーツというのもある。こちらは無料で簡便だ。ただし、FLVへの変換とWebへの貼り付けは自分でしなければいけない。試しにΣSNSに公開した。

こちらはビデオブログパーツというものだ。同じTelebeeのサービスだが、FLVにリンクするWebプレイヤーといえる。無償で簡便なガジェットの一種である。

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter