Life is Adventure!

fotolia | Home | 第一位 サラ・ペイリン

Wineの設定

Linux/Ubuntuでほとんどの作業ができることが分かった。しかし、XP/Vistaで使い慣れたアプリケーションのいくつかはLinuxでサポートされていないのが困る。類似機能を備えた代替ソフトがあるが、Vistaでよく使うアプリケーションはLinuxでも同じように使いたい。新しいソフトを使いこなすまでにはかなりの学習が必要だからだ。

WineというWindows APIソフトがある。LinuxやMac OSでWindowsアプリケーションを動かせる優れものだ。さっそく試してみた。Ubuntuパッケージマネジャで選択して、変更を適用すると1分でセットアップ完了だ。

Wineメニューが〔アプリケーション〕に追加される。Notepad(メモ帳)も使える状態になっていた。しかし、Windowsアプリケーションはどうやって追加するのかが分からない。

Wineメニューに「Configure Wine」というのがあり、各種の設定ができる。「アプリケーション」タブの設定に「追加」があったので開くと、Program FilesのなかにはInternet Explorerしかない。それを選んで試したが関係がないようだった。ググって調べても必要な情報が得られなかった。

取り合えず必要なのがID管理ソフトなので、これをダウンロードして実行しようとしたらエラーになった。ふっと気づいて、ダウンロードしたセットアッププログラム(,exe)を右クリックすると、

  Wine Windows Program Loader

というのが追加されていた。これを選択すると、Windows上とおなじようなセットアップを実行できた。セットアップ後の実行プログラムを、Wine Windows Program Loaderで開けばOKだった!

分かれば簡単なのだが、それに気づくのに苦労するものだ。もちろん、Wine公式サイトのドキュメントにも少し目を通したが、右クリックで実行などという記載はなかった。ダブルクリックでWindowアプリケーションの実行が出きるように設定できるのかもしれないが、調べるのが面倒だ。

Windowsレジストリに登録しない、単独で動くアプリケーションの場合はセットアップの必要がない。たとえばFlexRenamerを試したら問題なく動いた。これで、Vistaを使う必要性はさらに薄らいだ。

今日の言葉: 

counter