Life is Adventure!

Orkut終焉 | Home | 新Google Mapの使い勝手が悪くなった

EveryTrail 山旅の記録

先月、EveryTrailにアカウントを作成し、GPXファイルをアップロードして機能を試した。ほぼ要件を満たしており、デザインや機能、使い勝手も気に入った。しかし、レスポンスが遅い、アクセスできない(Proxy Errorになる)ことが多いのが難点だ。日本語のサポートはないがMyTrail(山旅の記録)作成・閲覧に使うことができる。SNS的機能もあるが日本人はほとんどいないようだ。継続使用するか迷っている。これまでは、写真・動画・地図を含む旅の記録を手作りで作成している。要件を満たす無料サービスがないためだ。

写真共有サイトでは地図を扱えない

写真共有サイト(PicasaやFlickrなど)はスマホからもアクセスできるようになり動画再生も可能になった。しかし地図情報(GPXファイル)を扱えるサイトがない。GPX/KMLファイルをアップできるサイト(GoogleMapやルートラボなど)はあるが、写真や動画を扱えないしSNS機能もない。

GPX/KMLを扱えるサイト

地図上に実際に歩いた経路を表示し、距離と標高地をグラフ化してくれる機能を備えたサイトを探している。Yahoo!にルートラボ(LatLongLab)というのがあって、これを使ってきた。しかし、Waypointに写真と説明を書く機能がない。

Google MapにKMLファイルをアップロードできるが、標高データは無視される。しかも新しいMap EngineではKMLをサポートしていない。地図上の目印に写真と説明を書けるのが便利なので多用している。

EveryTrail

GPSmapで記録したトラックデータをEveryTrailにアップロードすると、地図上にトラックデータを表示してくれ、歩行距離x標高のグラフも自動的に作成してくれるので便利だ。Way pointに写真をアップロードできるが、一枚一枚設定しなければならないのが面倒だ。

EveryTrail開発者が登山愛好家で自分の登山記録を書きたいために開発したというだけあって、登山の記録に必要な機能がほぼ備わっている。使ってみて「これだ!」と思った。しかし残念なことにレスポンスが遅すぎてイライラしてしまう。数分間待ってProxy Errorが何度も出たりするので、継続利用するのをためらってしまう。

山行を計画・記録する楽しみ

登山愛好家は、2万5千分の一地図が必須で、登山経路、距離、時間、地形、危険場所を予測して山行の計画を立てる。これが楽しみである。実際の山行でも、次回のときのために目印(way point、地図上の位置、特徴、標高など)と時間を記録したりする。それも山行の楽しみである。

私は体力、気力の衰えからもう登山はあきらめているが、標高数百m以下の低山で歩行時間数時間くらいのハイキングコースを中心にいまも歩いている。歩きたいという気持ちが強く後押ししている。登山体験の喜びが忘れられないからだ。その体験から、いまも歩行距離・時間・標高が気になり、知りたいと思う。これらを自動的に記録してくれるツールがある。

Garmin GPSmap

数年前にGarmin社のGPSmap62scを買った。カメラも内蔵されているので8万5千円とパソコン並みに高かった。山岳救助隊も使っている製品なので、猫に小判のようにもったいないとは思ったが思い切って買ってしまった。ハイテク製品だ。登山に明け暮れていた時代に、こんなツールがあればさぞかし便利で楽しかっただろうと思う。

GPSは登山にかかわらず、カーナビで実用化されて久しいがまだ一般的ではないようだ。しかし近年はスマホに標準装備されるようになり、いくつかのGPSトラッキング用ソフトが無料で使えるようになった。自分が歩いた(または電車、車で移動した)経路を記録するのに便利である。

高価・高機能・高精度のGPSmap

GPSmapは、時々刻々の緯度・経度・標高を記録するだけでなく、二万五千分の一の地図を内蔵しているので地図上の現在地を確認したり、標高地を見たり、平均歩行速度を表示したり、目的地(Wy point)を設定してその地点までの経路をガイドしたり・・・いろんな機能がある。海図と航路を扱うこともでき、ハンティングに使う機能もある。もちろん防水・防塵で耐寒性に優れ、衝撃に耐える設計になっている。同時に5個の衛星をキャッチするのでGPS精度が高く、1m単位で記録できる。

安価なデータロガー

市街地や丘陵地帯を歩いたり、自転車で走ったりするときの経路をただ記録したいときはGPSmapのようま本格的なものは必要がない。スマホのTrackingソフトでも役に立つ。急な坂道や深い森のなかでは精度が落ちるのは仕方がないが、10m~100mの誤差が気にならないような経路なら使う価値はある。距離x標高、時刻x平均速度をグラフ化してくれる無料ソフトもある。

スポーツ用のデータロガーと呼ばれるものがある。歩数計のように、ただ記録するだけのツールだが、走行距離や速度をリアルタイムに表示してくれるものもある。価格は1~3万円で、なかには7~8千円の安価なものもある。

記録されたGPX/KMLファイルをカシミールという無料ソフトで読み込めば、地図上の経路を表示したり、距離X標高グラフを書いたりできる。地図上の経路だけならGoogle Mapを利用すればよい。

今日の言葉: 

counter