Life is Adventure!

FireAnt | Home | Web活用ツール

InternetTV

PodcastingといわれたときからずっとFireAntが気に入っている。というよりか、Vlogの走りとしても名高いRocketBoomを購読するために使い始めたといってよい。その一方で、AzureusなどのBitTorrentクライアントも試した。数年前に米国の戦略投資分野を調べて、P2Pが今後の大きな潮流になるということを知ったからである。また、動画サイトという意味ではYouTubeやiFilm、Bit.TVなどたくさんある。SNSの大きなうねりを作り出したMySpaceを追い越すような勢いで発展している。

YouTubeなどのメンバーになり、自作ビデオをテスト的にアップロードしたりした。また、昨年10月にオープンしたBrightCoveが気に入って、今年春には沖縄で撮ったビデオなどをもとに試行的に作品をつくった。自営のTV放送局を作れるという触れ込みである。自営サーバから放送することもできる。しかし重い!作成するのにかなり時間がかかるし、視聴するにしてもやはり重い!

最近は、FireAntもBrightCoveもインターネットテレビというコトバを使っている。どうも業界では、いまだに方向性が明確でなく、サービスビジネスのあり方を模索しているようである。技術的にはこの数年で格段の進歩があったと思う。少なくとも利用者の立場から見ると、非常に使いやすくなったし、性能も10Mbps(実効2Mbps)の ADSL接続で十分なレスポンスが得られるようになった。BitTorrentの技術進歩が目に見えて分かるし、それを活用したAzureusやFireAntなどのクライアントソフトおよびWebサービスサイトの進展が大きい。

インターネットテレビという切り口で整理していこうと思う。

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter