昔、LAMPという言葉がポピュラーだった。いまは当たり前だが、WAMPという言葉がある。WindowsでのApacheサーバ、MySQLデータベース、PHPスクリプトの開発・運用環境のことだ。それぞれの頭文字をとってWAMPだ。これらオープンソースのアプリケーションを一括してインストールできるパッケージがある。XAMPP, WampServer, EasyPHP, ZendServer, UniformServerなどだ。Apache/MySQL/PHPのほかにFilezilla, Wordpress, Drupalも含まれている場合もある。

VistaにLinux/ubuntu, XAMPPをインストールして使ったことがあるが、Vista不具合に四苦八苦して数ヶ月で使わなくなった。XAMPPそのものもまだ不安定なところがあり開発体制に問題もあったようだ。

先日、PHP学習とWebで動かす前のPHPスクリプトのテストを目的に、Apache + PHPをインストールした。いつものことながらConfig設定(httpd.conf, php.ini)に苦労するがなんとか動いている。今回はWAMPパッケージを使わず個別にインストールした。

Apache/PHP環境ができると、MySQLをセットアップしたくなる。個別にインストールする自信がなかったが何とかやってみた。いくつかのトラブルに遭遇したが、その都度ネットで解決策を探してフィックスできた。論理的・効率的にではなく、よく言えば想像力と類推力を駆使してだが、実際は行き当たりばったりの試行錯誤だ。それが私の流儀みたいになっている。失敗を繰り返していると、勘が働くようになることを願う。

MySQL日本語サイトがあるが、表ページだけが日本語で、その先は英語ドキュメントだった。ApacheやPHPのときと同じように、MySQLなるものがいろいろあって、どれをダウンロードするべきかが分かりにくかった。

MySQLをインストールした人のブログも読んだが、半年前の体験談なのでバージョンが古く、そこに書いてあるとおりにはいかない。とにかく最新版の MySQL Community Server 5.6 を選んだ。
  mysql-installer-community-5.6.14.0.msi 191.5MB

セットアップで、unknown '--no-beep' のエラーになったり、Access denied...のメッセージが表示されたり、いくつかのトラブルがあったが、ネットで調べてひとつひとつ対策を講じて動かすことができた。以下に、参考にしたサイトの一覧を記載しておく。基礎的なMySQLコマンドは勉強中だ。


counter