Life is Adventure!

Facebookのスパムアプリ | Home | DVDFav Ripping

Microsoft Security Essentials

マイクロソフトの無料セキュリティ対策ソフト Security Essentials を使ってみた。「速い」という口コミを聞いたからだが、結局アンインストールすることにした。理由はCPUを過度に占有するからだ。1.5GHz程度のCPU(Deskpower CE18BR XP, Lenovo IdeaPad S10 Wn7)では100%近く占有してしまい、ほかのアプリが動かなくなる。XP/Vista/7いずれでも同じ問題が生じる。

Lifebook SH76E (2.5GHz, メモリ8GB)でも、25%以上を占有し、冷却ファンが回ったままになる。数十分くらいなら許せるが、数時間にもなると許せない。この種のソフトウェアは、一般的にはパソコンを使っていないアイドル状態のときにバックグラウンドで動くのだが、お構いなしに動き、タスクマネジャで強制終了させることもできないので困る。他人のパソコンを勝手に使うとは許せない(^_^)

HD動画を編集(CPU負荷が高い)することが多いので、その陰に隠れて気づかなかった。ファイル数が30万を越えているのでセキュリティ対策ソフトウェアもフル稼働になるのかも知れないが、ほかの対策ソフトウ(Nortonや無料のKing Soft)ではそんな問題はなかった。

パソコンでデジタルテレビを視聴しているとファンの音がうるさくて気になる。デジタルテレビのCPU占有率は10%程度で軽いので、どうして冷却ファンがフル稼働になるのか不振に思って調べたら、MsMpEng.exeが動いていた。これがMicrosoft Security Essentialsのコアプログラムだ。強制終了しようとしても拒否される。

ネットでMsMpEng.exeを検索すると、たくさんの人が困っていた。どうして自動実行されるのかについての明快な説明はなかった。写真管理ソフトを起動すると動き出す・・・という人がいたり、定期的にフルスキャンすると動き出さない・・・という人もいる。チェックしたが無関係だった。

必殺仕置人の仕事は、Security Essentialsを殺すことだった(^_^)

今日の言葉: 

counter