Life is Adventure!

格安LTEとSIMフリー | Home

Sigmasnsカストマイズ

2008年頃、OpenPNE2.12.xでかなりのカストマイズを行った。その後、2009年2.14.3アップグレード以後はほとんど変えていない。OpenPNE2.xサポートが打ち切られ、3.x中心になった。この3.xの開発フレームワークが難解で、Unixプラットフォームを持たずにWindowsだけで作業している我輩には荷が重い。というわけで、ΣSNSのプラットフォームはOpenPNE2.14.3で打ち止めとした。それ以後、運用はしているが運営はしていない状態が8年も続いた。

SNSを構築して、今年で11周年になる。早いものである。「7年目の浮気」にかけて、7周年のときに閉鎖しようと思ったことがある。Facebookがやっと日本でも認知され利用者が増え、プライベートコミュニティ開設、参加、運営が容易になった。そこで、ΣSNSコミュニティを解説した。ΣSNSを閉鎖して、FacebookのΣSNSコミュニティに移行すればよいと考えたからである。

しかし、ΣSNSのほうが仲間内で安心して楽に使えるという声があり存続要望があったため、そのまま継続することにした。その代わり「現状維持」が条件だった。つまり、私自身は運営にかかわらないということだった。一メンバーとしてそのままのΣSNSを使うということだ。

SNS元年

私にとってのSNS元年は、2006年といっていいだろう。ちょうどTwitter, Facebookが躍進の兆しを見せた年であった。それまでSNSの雄、最大のSNSは、MySpace だった。Britney SpearsやParis Hiltonといった著名人がMySpaceで多くのファンを持っていた時代であった。

消費者、個人が中心で発展してきたSNSだが、まもなく日本でも企業SNSがはじまるという兆しがあり、それに気づかない無頓着な経営幹部が多いことに愕然としたものだ。ブログさえ知らない経営コンサルタントがほとんどだった時代でもある。

パワーポイント資料を作って啓蒙を兼ねた講演を何度かやったが、スライドを見せて説明しても、怪訝な顔をする人がほとんどだった。自分で使うことをしないから理解力がついていかないのである。

それでは…と思って、Twitter-likeなものを作って運用した。半年後の2006年10月にはオープンソースのOpenPNEを使って、ΣSNSと名づけたプライベートSNSを構築した。ソースがすべてphpで書かれていたので、素人の私でもなんとかカストマイズできた。もちろんOpenPNE開発者や運営者(たとえばソニー配下のSo-Netの人)が集まるコミュニティで教えを請うこともした。一年ほど経ったときに、突然動かなくなり、その原因究明に一ヶ月近くかかったことが一番のトラブルだった。原因は米国のサーバでMySQLをバージョンアップしたことだった。OpenPNEのPHPコードが対応できていなかったのである。

ΣSNSを実験的に動かし、受講者たちに参加を呼びかけた。参加メンバーが学習できるようにいろんな資料を作成しWebにアップした。http://agorian.com/home/ がその残骸である。ほとんどの記事の最終更新日が、2008年5月頃になっている。つまり私自身は学習を終えていたということだ。そして、2009年にはOpenPNEバージョンアップを凍結した。つまりSNS利用面でも開発面でも、私の興味は少なくなったということ。必然的にΣSNS運営から遠ざかっていったということだ。

OpenPNE2.14.3

ΣSNSを見直し始めた。システムのバージョンアップはせず、V2.14.3で凍結のままでよいが、利用面から、もうちょうと使いやすいように変えれるかな?というくらいの見直しである。同時にもっと活用して見ようかな?そのために、私好みにするにはどうすればいいかな?…

たとえば、写真アルバムの写真一覧の縮小画像の幅が180pxで二列のため、ページ横幅の半分が空白になっている…といった些細なスタイルだ。これを二列の幅いっぱいに縮小画像を表示するようにした。また、日記やコメントの一覧で、文字を大きくした結果、改行が増えて見苦しくなったの修正した。多少は見てくれが良くなった。

① /2143/webapp_ext/modules/pc/templates/fh_album.tpl
 39行目 w=180 h=180 を削除
② //sns/xhtml_style.php 変更
 .albumImageList .image img { max-width:90%;height:auto; }
 .commentList dd ul.photo {... ;float:left;}
 .homeNineTable div.moreInfo ul.moreInfo { width: 14em;... }
 .homeMainTable th { width: 106px;... }
 #pc_page_fh_diary_list .commentList dd div.title p.heading {
float: left; width: 80%; font: bold 18px black;}
③ agorian.com.js変更
 //user/html/ に保存したHTMLファイルをiframe埋め込み表示したときのデフォールト幅を 625px から 864px に変更した。

ドメインsigmasns.com

ΣSNSを構築するときに新しいドメイン名を取得した。それが agorian.com である。ギリシャ語のAgora~古代ギリシャで「市民が集まる広場」という意味がある。その広場(SNS)に集まった人のことを Agorian と呼ぼう~ということで名づけた。しかし、日本語でアゴリアンという響きがあまりよくないという声もあった。

それでSNSの名前として sigmasns を採用した、やはりギリシャ文字Σ(数学記号)をつかった。総和とか合計といった意味合いを持つ。では、ドメイン名も sigmasns にすれば分かりやすいではないか、と突っ込まれそうだ。そのとおりである。最後尾のnを忘れて、agoria.com にすると、大前健一さん主宰の経営幹部養成学校のドメインになる。いまはなぜか forbidden になる。

じつは、sigmasns.com も取得した。使っていないだけである。agorian.com で周知したので後で変更するのが面倒だっただけである。

sigmasns.com をクリックすると、従来からのsns.agorian.com と同じログイン画面が開く。ログイン後は、sns.agorian.comがデフォールトになったままである。

今日の言葉: 

counter