Life is Adventure!

Googleマイプレイス | Home | Sigmasnsカストマイズ

格安LTEとSIMフリー

個人使用スマホの初代はHTC Desired HD(SB001HT,発売2010年11月)。二代目はHuawi Stream X GL07S(発売2013年3月)である。Y!Mobileから、来年1月にGL07sが使用できなくなるという通知があった。3年余りしか使っていない。機種変更はお金がかかり面倒であるが、仕方がない。これを機会に格安LTEに乗り換えようと検討を始めた。

ちょっと調べるとスマホ市場はこの3年で様変わりしたことが分かる。一番の違いは、「SIMフリー」市場になったことでMNVP新規参入、競争激化、市場価格急落という経過をたどったようだ。SIMロックの時代しか知らないので、「格安スマホ」なるものを勉強中である。

調べているといろんな疑問が沸いてくる。店頭に行って販売員に聞かないと確証を得られない。スマホ以前の携帯電話機能からして、分からないコトバが出てくる。「データSIM」、「SMS付SIM」、「音声SIM」などである。以下メモを残しておく。

050Plus 固定電話へ発信 8.64円/3分 携帯電話へ発信 17.28/分⇒勘違いさせるような表記は止めて欲しい。携帯にかけると3分51.84円!17.28円ではない!最初読んだときは、携帯にかけると固定電話より2倍高いのか!と思った。しかし、実際は1分1秒かけると、固定へは8.64円に対し携帯へは34.56円かかる。つまり4倍高いということだ。

毎日1時間、1ヶ月30時間掛けると、固定へは5184円、携帯へは31,104円(固定の6倍)かかることになる。

SMSとは、携帯電話同士で電話番号を宛先にして短いテキスト(メッセージ)をやり取りすること。auではCメールと呼んでいる。これも混乱の元だ。メールでもないのにメールと呼ばないで欲しい。
SMSは無料だと思っていたら、キャリアによって料金体系が異なる。auは受信は無料だが、送信は有料である。国内1通3円、海外は100円。ただしテキストは70文字(半角140文字)以内である。※2017年5月以降発売の4G LTEスマートフォン / 4G LTEケータイ / iPhone(iPhone 4S除く)では、最大全角670文字(半角1,530文字)までになったが、70文字を超えると送信料が2倍になる。670字だと300円!

ドコモのSMSは送受信ともに無料である。月額使用料も不要。
OCN モバイル ONEのSMS対応SIMカードでは、月額基本料にSMS利用料120円(129円)/月が含まれた料金となっている。国内で暦月5通まで無料。6通目から1通3.24円、海外50円

音声対応SIMカードの申し込みと同時に050 Plusの申し込み手続きも完了する。OCN モバイル ONE(音声対応SIM)を解約しても、050 plusが解約されず、月額利用料300円(税別)が発生する場合がある。

050番号からの発信は、固定電話へ発信は、8円(税込8.64円)/3分、携帯電話へ発信は、16円(税込17.28円)/分、050 plus(050番号)同士の発信は無料。通話料金詳細

今日の言葉: 

counter