Life is Adventure!

Drupal | Home | Wine動作アプリケーション

Drupal vs. GoogleSites

先の記事でGoogleSitesに触れるのを忘れたが、個人的にはGoogleSitesが好きであり使い勝手もいい。もともとJotSpotというWikiのファンでもあったせいだが、Googleが買収して改善後さらに使いやすく機能も拡充した。ただし、Googleドキュメントとの競合を避けるために、WordやExcel相当機能を殺してしまった。それが残念だが、クラウドコンピューティングに必要な便利な機能がある。

Sitesで気にくわないのは過度なWiki機能だ。たしかに何人もの人間が共同で仕様書や説明書を書くのに便利だが、Wikiのバージョン管理というのは非効率である。一文字修正しても別のバージョンになるのはおかしな話でもある。法的文書の場合はそういう厳密なバージョン管理が必要かもしれないが。

もう一つSitesをメインに利用するのを躇わせるのは自分がコントロールできないサイトだということとコンテンツのバックアップや相互運用性を確保できないことだ。

ドメイン名は自分おドメインにできるが、GoogleAppsとおなじで実態はGoogleサーバでコントロールされる。それがクラウドだといえばそれまでだが、Googleを使わなくなったとき、蓄積したコンテンツをどうするかということに不安が残る。それでもAppsの場合は、クライアント側にバックアップできるのでよいが、Sitesではそれができない。かつてJotSpotを重宝していたが、Googleに買収された後、ほとんどのコンテンツを再利用できなくなった。それを避けたいわけだ。

どのソフト/サービスにするかはなかなか悩ましい問題でもある。機能的に同じなら、Webサイトのルック&フィール(テーマ選択の豊富さとカストマイズ性)にもこだわってしまう。Joomla!やSitesにはお気に入りのテーマがあるし、Wordpressにっは非常に多くのテーマが用意されている。しかし、カストマイズは簡単ではない。

Drupalは、私にとってはルック&フィール上の魅力がない。選択できるテーマの数が少ない。カストマイズは面倒だ・・・という理由からだ。デザイン性にこだわらなければ、DrupalのCMS機能は使いやすい。レイアウトと記事の配置、相互関係を柔軟に決められるからだ。

PHPで作成した写真アルバムやスライドショー、EmbedやObjectタグを使った動画の貼り付け、Javascriptを使ったDHTMLとかAjaxも使えそうなので利便性がいい。GooogleSitesでの写真や動画の貼り付けは簡単である。しかし、GoogleのPicasaとかYouTubeに限定されてしまう。あまりGoogleの囲い込まれたり取り込まれしたくないという心理的抵抗感があるから、中立的なオープンソースのソフト利用に傾いてしまう。

今日の言葉: 

counter