自宅サーバのローカルフォルダ(/Media/GoogleDriveとした)とGoogleDrive(無料15GB)を同期するように設定した。オープンソースのGriveを使って、QNAP NASとGoogle Driveの動機を実現している。Google DriveアクセスにはGoogle Document List API を利用しているが、このAPIはV3で凍結され、Google Drive APIに移行した。

最初に同期を設定するときは、Manual Authorizationを選択し、Google Driveアカウントにアクセスすることを許可する認証コードを取得する必要がある。

同期は、2-way sync にしたが、Google Driveのファイルは削除しないように設定した。この同期により、Google Drive にログインしなくても、自宅サーバ内でGoogle Driveに保存したファイルを参照できる.Windowsパソコンで、Google Driveと同期しているのと同じ使い方ができる。

counter