Life is Adventure!

Microsoft Cloud | Home | VistaからCloudへ

Google Cloud

コンシューマ分野に狙いを定め、広告収入によって検索技術を発展させてきた。しかし今や検索エンジンに留まらないのことは周知の事実だ。筆者にしても数年前からOfficeを使わずGoogleドキュメントを使ってその恩恵を受けている。情報共有の形態がWebに移行した現在、Officeは過去のものになっている。

Googleのアプリケーション製品は、ユーザ企業の外部のサーバに置かれている。企業に限らず個人ユーザもブラウザさえあればOffice相当の製品を無料で使える。多くのアプリケーションが、Webブラウザ内で開発・配備され、その数は増殖を続けている。これが、Googleが独自のブラウザChromeを発表した動機の一つである。

• クラウド分野での開発を促進する
• Javascriptの動作を高速化する
• オフラインのサポートを改善する

Officeスイート機能、メール、カレンダー、チャットを統合したWebサービスは一昨年から提供されており個人ユーザでも簡単にセットアップして利用できる。いまGoogleは、Webサービス上でアプリケーションの開発とホスティングを可能にする「Google App Engine」を開発している。クラウド用の独自のプラットフォームである。企業顧客に対する魅力を高める技術開発で、IBMと協力関係を結んでいる。

§クラウドコンピューティング

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter