Life is Adventure!

FreeCommander | Home | 削除・破損したファイルの復元

Windows Azure

Microsoft launches Windows Azure (October 27, 2008 10:08 CNET)

PDC2008カンファレンスのトップを飾ったのはAzureの発表だった。クラウドベースのサービスへの移行を目指した第一歩を踏み出したということだ。

Azure は企業顧客のデータセンター システムを対象にした製品ではない。Microsoft 自身のデータセンター上で稼働し、『Live Services』『SQL Services』『.NET Services』『SharePoint Services』『Dynamics CRM Services』といったサービスのホスティングを行なう。

基調講演で、Ray Ozzie 氏は今年のカンファレンスについて、自身にとって「当社がサービスへと重点を移していく抜本的な方針転換」を発表する機会になると、その意義を語った。

企業内で稼働するソフト資産は、クラウドの進展とともに次第に社外に移されていく趨勢は変わらないであろう。企業経営幹部、その安全性・信頼性にどれだけ早く納得するかがクラウド普及の鍵となる。

日本では経営幹部がみずからクラウドを使う風土がないため、認識が遅れてしまい、またしても米国勢に先を越されてしまうのだろう。

グローバルな視点で事業を考え実践している企業や経営幹部は当然分かっているし、海外で起きた波は即日日本でも対応しなければいけないという危機感を持っている。そこに企業生き残りの競争力の差がでてくる。

経営幹部は、自分がデジタル移民にもなれないのなら、せめてデジタル原住民を理解し育てる努力を怠ってはならない。

※PDC前日までクラウドOSは”Windows Strata”だという噂が飛び交っていた。

§クラウドコンピューティング

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter