Life is Adventure!

Fox Hunting | Home | Viva! Ubuntu

Windows Strata

クラウドOSの名前は「Windows Strata」? October 8, 2008 eWeek

PDC2008の少なくとも8つのセッションがStrata関連だった。これがクラウドOS名なのか?米国IT業界の記者やブロガたちの間に混乱が広がっている。それはマイクロソフト社内でも同じなのだろう。コード名RedDogから派生した様々なコンセプトやプログラムが、製品化プロセスのなかで変容していくからである。間違った情報や憶測が飛び交っているようだ。

Windows 7とクラウドで注目を集めるPDC 2008の参加登録が開始
3年ぶりのPDCまもなく開幕、Windows 7、クラウド戦略を明らかに

PDC開幕当日までBalmerはWindows Cloudsという呼び方をしていたが、結局はAzure Services Platformという名前に落ち着いたようだ。

しかし、クラウドOSという呼び方はしていない。OS機能はその一部にすぎないということだ。Microsoft公式サイト(英文)での定義は以下のとおり。

The Azure™ Services Platform (Azure) is an internet-scale cloud services platform hosted in Microsoft data centers, which provides an operating system and a set of developer services that can be used individually or together. Azure’s flexible and interoperable platform can be used to build new applications to run from the cloud or enhance existing applications with cloud-based capabilities. Its open architecture gives developers the choice to build web applications, applications running on connected devices, PCs, servers, or hybrid solutions offering the best of online and on-premises.

従来からのASP.NETテクノロジーを採用し、何百万人もいるActive Directoryユーザ、そして4億6千万人といわれるWindows Liveユーザを取り込もうとしている。データベースは当然ながらSQL Serviceだ。

§Windows Azure
§クラウドコンピューティング

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter