Life is Adventure!

Bookmark❖  BrowserCloud

2008年9月にベータ版が公開されたときからChromeを使っている。その立ち上がりの速さとWeb閲覧の軽快さが気に入ったからだ。その後Webサイトを作る観点からもChromeを多用するようになった。Web開発用としてはFirefoxのほうが利便性が高かったが、この1年でChromeも進化した。特に動画サイトをHTML5 Videoで構築するときはアベイラビリティの視点からChromeが断然いい。長らくFirefoxを推奨してきたが、一昨年あたりからはChromeとFirefoxを推奨している。

今年はブラウザの勢力地図が塗り替えられる年となった。昨年11月にChromeがfirefoxを追い抜き、今年5月にはとうとうIEを追い抜いてトップブラウザの地位を獲得した。私が5年間待ち望んだ年でもある。とにかくIEは国際標準から外れた仕様が多くて泣かされてきたからだ。IE利用が減れば、IEのサポートを減らしても迷惑をかけることが少なくなるからだ。幸い友人・知人の多くがChrome/Firefoxを使うようになった。

続きを読む "Google Chromeがトップブラウザに躍進" »

BODYに書く<BASE>タグは、Firefoxでは使えるが、IE7/8, Chrome, Opera, Safariでは使えない。

Javascriptを使ったSimpleViewerは、IEでは表示されない。Firefoxほかのブラウザでは問題なく表示出来る。

DivX 7 がリリースされている。DivX Plus™ HD(.mkv)を含むDivX®ビデオをパソコンで楽しめるようになった。以前から高画質・高圧縮で評価が高かった。Webで再生できるプラグインもあるが、パソコンにWeb Player(約5MB)をインストールする必要がある。

IE8では、プラグイン追加の指示に従ってインストールする。ほかのブラウザでも同じだが、Firefoxでは、「DivX Web Player 1.4.3.4 は Firefox 3.5.4 に対応していません」とうメッセージが出るが、前もってPlayerをインストールしておけば問題なく再生できる。

http://www.divx.com/ja/win

http://www.divx.com/ja/downloads/post-install/win

ダウンロードできない問題が発生している。Firefoxダウンロードマネジャの履歴では正常に完了している。しかし実際のファイルは0バイトになっている。Chrome, Operaなどでは正常にダウンロードできるので、Firefox自体の問題だ。

下記の対処策を実行すると解決した。

  • Firefoxアドレスに about:config と書いて開く
  • 「細心の注意を払って使用する」ボタンをクリック
  • フィルター欄に browser.download.manager.scanWhenDone と入力
  • 「値」が true となっているのを false にする(ダブルクリックまたは右クリックで「切り替え」を選択)

※MTにバグがあり長い記事を投稿すると文字化けするので過去記事を分割した。

ダウンロード

Windows版のSeaMonkey 1.1.13 は www.SeaMonkey-project.org のオープンソースプロジェクトのWebサイトから 無料でダウンロード できる。ダウンロードしたファイルを実行してセットアップするだけだ。Linux/Ubuntu版は、パッケージマネジャを使ってワンクリックでセット アップ完了ですぐ使える。

日本語化

英語版がメインだが、言語パックを日本のコミュニティが開発・提供しているので日本語での利用も可能である。インストールは5分で完了し、すぐ使い始めら れる。

SeaMonkeyインストール後、日本語パックをダウンロードする。このとき必ずSeaMonkeyでウェブを開いてダウンロードする。セットアップ後、日本語に切り替えるときは、Edit>Preferences..で設定ダイアローグを開いて、Apearance> Languages/ContentでJapaneseを選択する。SeaMonkeyを再起動するとメニュー表示などが日本語になる。

ステータスバーにSeaMonkeyを起動したときのデフォールトはNavigator(ブラウザ)、Mail、Composer(HTML文書作成)などのアイコンがある。SeaMonkeyを起動したときのデフォールトはNavigatorになっている。これを変えたいときは、編集›設定>表示で選択する。


 〔所感〕最近はVistaの不安定さを嫌って、Ubuntuを使っているが難点は何年も使ってきたWindowsアプリケーションのいくつかが使えないことだ。しかし調べてみるとほとんどのアプリケーション(相当品)がUbuntuにもあることが分かってきた。しかも、Windowsの場合、複数のアプリケーションを別個にセットアップして、それらの組み合わせで作業をしなければいけないのが、Ubuntuではひとつのアプリケーションで複数の作業ができるということも分かってきた。

そのひとつの例がSeaMonkeyだった。Ubuntuで使っているが、Windowsでも使えることを知ったのでインストールして使った。その結果を、SeaMonkeyのComposerを使ってここにメモしているということだ。それをブログに投稿している。ブログツールも過去のツールになってきている。

SeaMonkey Mozillaオープンソースコミュニティで開発・サポートされている製品のひとつ。Internet Application Suiteとして開発されてきたものが、SeaMonkeyになった。

ブラウザ、メール、チャット、HTMLエディタ(Composer)、アドレス帳がひとつになったたいへん便利なツールだ。IEとOutlookExpress、Mozilla Suite/Netscape7.1、あるいはFireFoxとThunderbirdといった組み合わせで別々のツールを使う必要がなくなった。しか も、数万円もする高価なホームページ作成ツールも不要である。FTPも不要で、ブラウザ、メール利用だけでなく、Webやホームページの制作もSeaMonkeyだけでできる。

SeaMonkeyセットアップ

FireFox, Opera, Safari, Flockなどブラウザは海外製が主流になっているが、国産ブラウザもがんばっている。一昨日に公開されたLunascape 5.0 アルファ2は、Trident、Gecko、WebKitの3つのレンダリングエンジンを搭載したタブブラウザである。同社の発表では、Javascript実行速度でGoogle Chrome を越えたという。

機能・性能が優れていても、ビジネスになるかどうかは不透明だ。同社は2008年6月、米国シリコンバレーのSan Joseに100%子会社となる「Lunascape Inc.」を設立し、米国進出の意志を明らかにしたが、遅すぎるとしか言いようがない。昨年にJETROツアーに参加して、「シリコンバレーという場所がITビジネスを世界展開するのに非常にいい環境だった」と思ったという。

先人の知識や体験が若い世代に伝えられていないという問題がある。過去のシリコンバレーでのソフト開発事例や失敗事例を伝え、よりよい活動ができるように情報発信をすべきだと痛感する。

GoogleChromeベータ版が公開されて一ヶ月余になる。使った人の評判は上々のようだ。「シンプルで速い!」というのが第一印象だが、機能・デザインについてはOperaやFirefoxのいいところを取り入れたということだ。Operaも速さでは負けずデザインがすっきりしていて私は好きだ。ただ完成度や3rdパーティのサポートに難点がありメジャーにはなれない。

つぎのビデオは立ち上がりの速さを実験している。Chrome, Firefox, IEの順で、IEはなかなか立ち上がらない。私の体験と同じである。もちろん、立ち上がりだけでなくWebページの表示スピードも断然速いというのが実感だ。

主な機能の紹介

なぜいま新しいブラウザが必要なのかを疑問に思う人は、次のビデオ「開発ストーリ」を参考にするといい。いまだに標準ブラウザはIEだと思っている人は、FirefoxやChromeを試しに使ってみるといい。

Ajaxを使ったWikiが、XP/IE6, Vista/IE7 で正常動作するようになった。これまでIE6/7ともに、Wiki整形が表示されなかった。ほかのブラウザは大丈夫なので、Firefoxを推奨してきた。2年経ってやっとバグが修正されたということだ。めでたし、めでたし。しかし、まだCSSを含めてバグがあるようだ。

IE7 バージョン 7.0.6000.16681 で、Adobe Flash Playerが表示されなくなった。
原因と理由は分からないが、つぎのプログラムを実行してアップデートしたら復旧した。

c:Windows/System32/Macromed/Flash/FlashUtil9f.exe

アップデート後、システムの再起動が必要だ。こういう再起動が毎日のように必要だと余計な時間ばかりを取られてしまう。

Windowsアップデートが勝手に行われて何が変わったかわからなくなると復旧が大変である。
IE7のFlashプラグインに何か問題が発生したのだとは分かるが、IE7の問題なのかAdobeの問題なのかはわからない。FirefoxやOperaでは正常に表示されているから、IE7とAdobeのインターフェイスの問題であることは確かだ。

IE7 Silverlightが動作しない問題はまだ解決していない。困ったものだ。


counter