Life is Adventure!

MT不具合 | Home | Lycos

勝間和代さんとついったー

彼女が先月からついったーTwitterをはじめた。立て続けに三件記事を投稿しているが、フォロアーが急激に増えて大変感激しているという。「どのように自分が出ている新聞、テレビ、雑誌のようなマスメディアと連動させるのか、ブログやメルマガとの使い分けをどうするのかなどについては勉強途中」、さらには「どのように育てていくのか」などと興奮気味に書いている。

これはちょっと過剰反応ではないかと思った。いまごろ何をいっているのかという気もするし、「育てるのを考える」のは彼女ではなく、Jack DorseyでありTwitter, Incの経営幹部たちであろう。たしかにTwitterのビジネスモデルはまだ確立されておらず収益源が不明で赤字が続いている。それは投資家が納得の上でやっていることだし、シンプルな使用感をユーザに提供しようとするTwitterの理念から見苦しい広告をしないという方針の結果であろう。アメリカではFacebook、日本ではMixiが類似のサービスを一年前から提供しているので競争も厳しくなっている。

彼女が感激したのは数日の間にクチコミで広がって多数の人とのつながりができたからだというが、それは商業的メディアで活躍する有名人だからであって、一般の人の情況とはまったく違う。自分の周辺で起きたことだけを見て、Twitterはこうだという断定的な認識をするのは誤っている。

日常的に「ついったー」を使って思ったことをつぶやき、愚痴を言ったり、仕事のメモを取ったり、ともだちと緩やかなチャットをしたりして楽しんでいる人がたくさんいる。有名人がTwitterに登場したときの特殊な状況だけをみて判断するのはおかしい。いらぬ誤解を招くことになるだろう。

※Bloggerの開発で著名なPyraLab創業者Evan Williamsが、Obviousを創業しOdeo, Twitterをはじめたが2007年4月からはTwitterに専念するようになった。OdeoはSonicMountain, Incに売却された。EvはGoogleを辞め、2007年5月にTwitter,Incが設立され、以後JackがTwitterを率いている。

勝間さんがTwitterに注目したもうひとつの理由は、本人によれば7月17日、ホワイトハウスがオバマ大統領の記者会見の予定を、Twitterを通じて発表したことだ。オバマ大統領は一年以上も前にTwitterを使っており選挙キャンペーンに使い支持者の拡大に活用してきているのは周知の事実だ。ホワイトハウス自体が公式に使い始めたのは今年になってからだが、6月にはカイロでの大統領演説の内容をリアルタイムで伝えるなど、熱心に活用してきた。

参考記事 
歌姫Susan Boyle準優勝
ΣSIGMAのつぶやき
TwitterVision
Twitterマーケティング
MazdaRotary

今日の言葉: 

コメントを投稿


counter