Life is Adventure!

AboutApple

実験的に、趣味的にこのサイトを作ったが、備忘録の坩堝になってきた。記事数が増えて検索にも支障をきたすようになった。それで気が付いたが、サイトマップがない。思いつくものから整理していこう。

続きを読む "Sitemap サイトマップ" »

このサイトで使用しているWindows版のWeb Playerはつぎのサイトから無料ダウンロードできます。Firefoxをお使いの方は、一般的なプラグインをインストールしておくことをお薦めします。

Macromedia Flash Player
  ・ダウンロードサイズ: 946 KB 推定ダウンロード時間: およそ10秒@ADSL

続きを読む "Web Playerダウンロード" »

ご質問・ご連絡は、コメントを書き込んでいただくか、Webメールで管理人宛にお願いします。
管理人のプロフィール

Creative Commons License ドメイン名 agorian.com, elmblog.com, elmstadt.com, sigmatown.com とそれらのサブドメイン(sns.agorian.comなど)に記載されているコンテンツの著作権は、クリエイティブ・コモンズの「表示-非営利-継承 2.1 日本 (Attribution-Share Alike 2.1 Japan)」 (日本語英語)に準拠します。おなじ利用許諾条項を守る限り、すべてのコンテンツの複製、頒布、展示、実演を無料でおこなうことができ、二次著作物を作成できます。利用許諾条項はこちらをご覧ください。

1.当ウェブサイトに記載されている内容(コンテンツ)の著作権は、特に明示していない限り、ドメイン名agorian.comの所有者(以下「WebMaster」)に帰属します。著作権法で定められた「私的使用のための複製」および「引用」以外の目的で、複製・転記などをする場合にはWebMasterの使用許諾が必要です。

2.当ウェブサイトコンテンツの複製・転記は、著作権法上の「私的使用のための複製」および「引用」と認められる範囲にとどまる限り、商用・非商用を問わず無許可で行うことが可能です。ただし、当ウェブサイトコンテンツの引用を含んだ二次著作物を一般に公開する場合は、引用した文章等が引用であることを明示した上で(blockquoteタグ推奨)、複製したコンテンツを含むページへの直リンクで引用元を明示することをお願いします。

3.当ウェブサイトコンテンツを引用目的で複製・転記する際には、原則として改編・修正・追加をせずに原文(もしくは原図)のまま引用していただきます。文章の一部だけを抜き出して引用する、引用者の注意書きを文章中に挿入する、という形での修正・追加は可能ですが、その場合には変更した箇所を(中略)(引用者注)などの形で明記するようお願いします。

4.当ウェブサイトへのリンクは、ホームページへのリンク、および個別のページへの直リンクともに目的を問わず許可なく張ることが可能です。 "Fragment identifier" でページ内の特定の部分(アンカー)にリンクを張ることも可能ですが、ページの内容や構成の変更に伴い、指定したアンカーが移動したり消滅したりすることがありますのでご了承ください。

5.当ウェブサイトの個別ページのURLは、ページを公開し続ける限り変更しないのが当ウェブサイトの運営方針です。ただし、まれにですがやむをえない事情により、理由の説明・事前の警告なしにURLの変更もしくは公開の中止を行う場合がありますのでご了承ください。

※コンテンツ内容は、ICRAに準拠しています。 

ブログが更新されると、瞬時かつ自動的に通知される仕組みがあり、ブログ世界の膨大な更新情報をトラッキングすることができる。Blogline、FeedSterなどいろんなフィードサービス(ブログ検索)があり、数年前からはYahoo!、Googleなどのポータルサイトでもその機能が装備されている。先進的な「おたく」業界では、テクノラティがポピュラーで日本語サイトもできた。

むかしは、最新のニュースやブログを知るために、自分でプログラムをつくったものであるが、いまや各種のサービスを利用すれば簡単にフィードできる。フィードを読むのも、ずいぶんとたくさんのFeed Readerが開発された。ほんの三年前は未完成のものが多く、使いにくかったりバグがあったりしたものである。

フィードやRSS, Atom, XMLについては、Six Apartの説明を参照されたい。お気に入りのブログやニュースを購読する手段で、登録したサイトに新しい記事が投稿されると瞬時に通知してくれる便利なものである。ここではテクノラティ(日本)を紹介しておく。

Add to Technorati Favorites

◇このサイトのフィードを取得  

Technorati search

代表的なオープンソースのソフトウェアを活用、実験・評価しています。ソフト業界の変革について話をするときの論拠として、実証することが当初の目的でしたが、いまやWebmasterの趣味にもなりました(笑) また、ボランティア活動の一環としても、自営のSNSを友人・知人に公開し、体験してもらっています。

Blogging

Forums, Chat, and Mailing

続きを読む "オープンソース利活用" »

このサイトは何のためにあるのか?自分でもわからなくなる(笑)
だから、趣味だといっておこう。趣味に理由はない。
自分が楽しめればいい。事実楽しんで作っている。

その意味では、自己満足の世界であるが、少しでも
人の役にも立とうという気持ちもある。
ただ、その覚悟ができていないだけである。
サービスを提供するということは、たとえ無償で
善意の奉仕行為であっても責任が伴うからである。

不特定多数の人が見るかもしれないと思うと、
自己満足だけではすまなくなる。
サイト全体の構成がわかりやすく、リンク先も
期待どおりの内容で満足してもらえるように配慮する。
リンク切れなどとんでもない!

まぁそういうことを考えなければならなくなる。
それがいやで、自己満足の世界にとどまっているのが
本当のところであろう。

それで、何に自己満足しているのか?
これまで考えたことがなかったが、いま思うと二つ、
いや三つあるかな

1.目新しいオープンソースがあると使いたい
 ここでオープンソースの厳密な意味は問わない。
我輩にとっては、無料もしくは金銭的に個人負担できるものは
すべてオープンンソースである。Webからダウンロードして、
自分好みに改変し、自分のWebに設置して動かす・・・。
これが趣味であるといっていいだろう。

2.自分好みのWebデザインをする
 自分の気に入った、いわゆるルック・アンド・フィールを
つくるのを楽しむ。サーバに設置したプログラムが動いたという
達成感は大きな喜びだが、その次は、プログラムとCSSを改変して
Webページのデザインとレイアウトをいじること・・・これも楽しい。
このサイトを作り出したのは、世界のトップWebデザイナーである
Zeldmanに刺激されたからである。類維持しているので著作権上
問題となるかな?趣味だからいいか。

3.思いついたことを書き込む
 すぐ書いてWebに表示できるのがいい。コンテンツそのものは
備忘録と情報の整理という意味合いが強いが、どうもそれだけではない。
思いついたこと、考えたこと、見聞きしたこと、本を読んだりTVをみて
心に残ったこと、旅の思い出、気に入った写真・・・それらを自分なりに
書き、編集する楽しみというものがある。

こんなところかな?我輩の自己満足の世界は。
これからも楽しみの一つであり続けるのか、それとも飽きて
やめてしまうのか?それはわからない。

「はじめに」と題して、このサイトについて紹介するつもりだったが
だれに紹介するのか? 誰もいない! というわけで日記風になった
というわけである。気楽な暇人のたわごとでした。


ここでは、過去のコンテンツやWeb制作、オープンソースソフトウェアの利活用に関することを整理しようとしています。いまは全体の構成やデザインをどうしようかと試行している段階です。したがってページが乱れたり、リンク切れがあったりします。いつもやりはじめては根気が続かず断念したりしていますので、さてどうなることか。未公開ですが、たまたま訪問された方にお断りしておきます。


counter