Life is Adventure!

« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月 アーカイブ

2012年12月01日

Microsoft Security Essentials

マイクロソフトの無料セキュリティ対策ソフト Security Essentials を使ってみた。「速い」という口コミを聞いたからだが、結局アンインストールすることにした。理由はCPUを過度に占有するからだ。1.5GHz程度のCPU(Deskpower CE18BR XP, Lenovo IdeaPad S10 Wn7)では100%近く占有してしまい、ほかのアプリが動かなくなる。XP/Vista/7いずれでも同じ問題が生じる。

Lifebook SH76E (2.5GHz, メモリ8GB)でも、25%以上を占有し、冷却ファンが回ったままになる。数十分くらいなら許せるが、数時間にもなると許せない。この種のソフトウェアは、一般的にはパソコンを使っていないアイドル状態のときにバックグラウンドで動くのだが、お構いなしに動き、タスクマネジャで強制終了させることもできないので困る。他人のパソコンを勝手に使うとは許せない(^_^)

HD動画を編集(CPU負荷が高い)することが多いので、その陰に隠れて気づかなかった。ファイル数が30万を越えているのでセキュリティ対策ソフトウェアもフル稼働になるのかも知れないが、ほかの対策ソフトウ(Nortonや無料のKing Soft)ではそんな問題はなかった。

パソコンでデジタルテレビを視聴しているとファンの音がうるさくて気になる。デジタルテレビのCPU占有率は10%程度で軽いので、どうして冷却ファンがフル稼働になるのか不振に思って調べたら、MsMpEng.exeが動いていた。これがMicrosoft Security Essentialsのコアプログラムだ。強制終了しようとしても拒否される。

ネットでMsMpEng.exeを検索すると、たくさんの人が困っていた。どうして自動実行されるのかについての明快な説明はなかった。写真管理ソフトを起動すると動き出す・・・という人がいたり、定期的にフルスキャンすると動き出さない・・・という人もいる。チェックしたが無関係だった。

必殺仕置人の仕事は、Security Essentialsを殺すことだった(^_^)

2012年12月02日

DVDFav Ripping

リッピングソフト(リッパーRipper)は、DVD/Blu-rayディスクに記録された音楽・映像データをパソコンで扱いやすいデータに変換してくれる。

無料で使えるオープンソースのリッパーは数多く存在する。昔は有償の商品を買って使ったが不具合があったり、パソコン環境が違うと動かなかったり、変換後のサイズが大きかったりしたので使わなくなった。

それ以後はオープンソースのソフトウェアを使っている。オープンソースのほうが技術進歩に追いつくスピードが速いから、XP/Vista/7と上位互換で使えるケースが多い。Windowsパソコンでの動画編集ソフトウェアも無料のものばかり使っている。

地デジの不便さ

地デジ放送になって困ったのは録画ファイルサイズがあまりにも大きいこととリッピングができないことだった。幸い横浜ではケーブルテレビ局がデジタル放送をアナログ放送に変換してくれているので、昔から使っているアナログ録画用ソフトウェアで間に合わせてきた。サイズは10分の1以下だ。

奈良ではデジタルTV録画用に、I-O DATA GV-MVP/VZ(2009/11発売\15700)を使って録画している。当然のことだが画質は圧倒的に良い。しかし10分当り1GBを食う。テレビは録画してみる主義なので1ヶ月当り500GB以上が必要になる。外部HDD1TBを使えば良いのだが、保存したい番組は編集してサイズを10分の1にしたい。それが私の主義だ。

Blu-rayデジタル録画ではCPRMとかAACS、V12+、BDAV/AVCRECブルーレイ保護など訳の分からない保護機能があってパソコンでは扱えない。アナログ時代と同じように扱えないかと探したら、いくつかの地デジ対応ソフトがあった。

DVDFav Passkey Lite

試しに使ったのが無料版のPasskey Liteだ。インストールするだけで、パソコンから読めるファイルがBlu-rayに作成される便利なソフトだ。Blu-rayへの書き込みにはDirect DiskRecorderを使った。BDAV/STREAMフォルダーに拡張子m2tsのファイルが作成されている。オープンソースのSMPlayer0.8.0(Qt4.8.1使用)で再生できた。解像度1440x1080, ビットレート20Mbps, コーデックは映像ffmeg2 + 音声ffaac dだ。

このファイルをAVC3.3.5を使ってmp4/H.264に変換できた!!! 映像ビットレート1Mbps、音声32Kbpsに変換するとサイズは5GBから400MBになった。

DVD Decrypter

2007年に開発停止になったが、凍結バージョン3.5.4.0をダウンロードできる。IFO・ISO・FILEの3つのモードがあり、リッピング保存ファイル形式を選べ、DVDを丸ごとハードディスクにコピーできる。

DVD Shrink

DVDの圧縮リッピングもできる便利なフリーソフトだったが、いまは最新版はhttp://www.dvdgoldv4.com/から有償配布されている。胡散臭そうなので使っていない。

※GV-MC7/VZの最安値は4480円、GV-MC7/HZ3は3580円(平均7355円)になっている。
※フルハイビジョンGV-MVP/XZ2(2011/6発売)は8944円
リッピングの法的許容範囲

リッピングの法的許容範囲

リッピングは著作権法上は、再生用機器への情報の伝達(読み取り)で、音楽・映像媒体の私的な複製による利用(30条1項)の範疇と同じだと解釈すれば法的に許容される。日本では著作権使用料が媒体価格に上乗せされているので、媒体購入者は音楽・映像を複製しなくても著作権料を支払っていることになる。

JASRACをはじめとした権利者団体が反発するのは、デジタルデータが劣化せずに複製できること、海賊版が出回ることである。このため権利者団体側はリッピングが困難になるようなさまざまな工夫(コピーガード)をしているが、これに対応するソフトウェアも負けずに流布して、イタチゴッコになっている。

これに対して権利者団体側は、コピーガードを回避する技術が違法だと主張する。その一方で、消費者団体はコピーコントロール技術自体が消費者の権利を侵害しているという。フランスでは企業を相手取った訴訟が起こされ、コピーコントロールは同国の著作権法で認められた利用者の権利を侵害し、違法であるとする判決が出ている。

日本では消費者団体の力が弱く、フランスのように消費者の権利を主張する動きがないようだ。そのこともあってか、権利sh団体はDVDに用いられる「CSS」などの暗号化技術を著作権法上の「技術的保護手段」に追加して、DVDリッピングの違法化を盛り込んだ法案を可決(2012年6月20日)させた。

これは「CSSなどの保護技術を回避したリッピングは私的複製の対象外で違法だ」ということ。ただし、CSSなどの保護技術が使われていないDVDのリッピングは違法ではない。

権利を主張する団体と利用する権利を守る団体の終わりなき戦いだ。

2012年12月07日

iPad mini学習中

iPad miniを気に入っているが、WindowsやAndroidスマホの世界と互換がない点が不便だ。たとえばFacebook動画の再生ができない。Flash Playerをサポートしていないからだ。iCloudという共有サイトがあって「すべてのデバイスで…」といっているがAndroidでは使えない。いずれサポートされることを期待する。

iCloudで写真共有が可能と銘打っているがWindowsでどうすればいいのか分からなかったicloud.comにApple IDでログインすればicloudメール、カレンダー、メモなどが無料で利用できるが写真の共有がだめだった。

今日分かったのは、WindowsパソコンでiCloud Control Panelというアプリ(45MB)をダウンロードしてセットアップすればよいということだ。

iPad miniでは写真のサイズや解像度の選択ができない。昔からの習性で写真や動画の大きさが気になる私としては不満だ。撮った写真をサイトにアップするときにサイズが大きいと時間がかかってバッテリを消耗するのがいやだという理由からだ。

Bloggerサイトでは250KBに制限されているので、撮った写真の大きさを1280ピクセル以内(普通JPGで圧縮率80%にすれば250KB以内になる)に編集してアップしたいが、その編集機能がない。トリミングをしてサイズを小さくするか、8Mピクセルと同時にアップ用の1Mピクセルでも撮るしかない。それが面倒だ。

2012年12月22日

Fliptoast

スタートアップにfliptoast.exeというのがあった。設定した覚えがないが、Program Files (x86)にfliptoastフォルダーがあり、インストール日が2011年12月30日になっていた。その名前にかすかな記憶があるので試行的にインストールしたのかもしれない。フォルダの中身は削除されていた。胡散臭いアプリか不要な機能なので自分で削除したのだろう。スタートアップにその残骸があっただけだ。

念のためネットで調べると、System ExplorerWindowsストアに記載があった。Facebook, Twitter, LinkedIn, Instagramの最新情報を通知してくれるアプリのようだ。

身に覚えがないfliptoast.exeがスタートアップにあるのでウィルスではないかと心配するユーザの質問がたくさんあった。Systen ExplorerではFlipToast App開発者本人(だという書き込み)が「100%安全だ」といっているが、匿名アバタなので信用できない。

fliptoast.comというサイトもあるが、運営者の情報はない。Windowsストアの記載では W3i Holdings LLC となっている。http://www.w3i.com/が見つかった。米国ミネソタ州所在の有限会社のようなものだ。ファウンダーはNatalia Luckyanova だが、 Imangi Studiosファウンダーと同じ人物だろうか?

Glamour記事