Life is Adventure!

« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月22日

MTOS4.25設置

3月18日にMovable Type Open Source 4.25がリリースされたので新規に設置することにした。個人ブログ用はelmblog、共用はagorianに大別する。agorianでの管理用サイトはすべてMT3系のまま継続使用し、友人・知人たちが見る同窓会などのホームページ作成にはMT4系を使うことにした。

Drupalを使ったサイトは一般人にはやはり難しいようだし、英語版での運用なので自分の備忘録とかブログやSNSの下書き、Web制作の実験などに使うことにする。この「デジタル移民の冒険」との使い分けが課題だ。

MTOS4.25

今回は日本語版を設置することにした。日本のMTOSコミュニティの活動も活発なようだ。

MTOS-4.25-ja.zipをダウンロード http://www.movabletype.jp/opensource/
展開すると15MBになる。昔のMTに比べるとサイズは5倍になっている。

♣インストール環境

  • Perl バージョン 5.6.1 以上 (5.8.1 以上を強く推奨)
    5.6.1および5.8.0は文字化けなどの問題がある。
  • Linux+Apache+MySQLを使用する。
  • 外部 (CPAN) Perl モジュール: Comprehensive Perl Archive Network (CPAN)
  • 必要なPerlモジュールは、Movable Type チェック用 CGI mt-check.cgi を実行することで、インストールされているかどうか確認できる。
  • ダイナミックパブリッシング(オプション)用に、PHP4.0.6以上が必要。

セットアップは何回もやっているので特にトラブルはないが念のためメモしておく。

  • 展開したフォルダをすべてWebにアップロードする。FTPはFileZillaが一番安定している。手軽なFFFTPでもよいが途中で失敗するとやり直しが面倒だ。
  • セットアップ方法は、readme.htmlに書いてある。以下の点を忘れがちになるので注意。
  • 拡張子がcgiのファイルをすべて実行可能にする。
  • 前もってMySQLデータベースとユーザ名、パスワードを作っておく。
  • ブラウザ(Firefox推奨)でindex.htmlを開いて、指示通りにやる。

続きを読む "MTOS4.25設置" »