Life is Adventure!

« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月 アーカイブ

2008年04月03日

Process Monitor

ファイルやレジストリの挙動を調べるツール。怪しいアプリケーションの発見や、動作しないアプリケーションがどこでつまずいているのかを調べることができる。従来のFilemonとRegmonが一緒になり、MS子会社のSysinternalsから無料配布されている。

processmon.gif

続きを読む "Process Monitor" »

AsfBin

動画の編集・結合ソフト。不要部分の削除、必要部分の結合、複数ファイルの連結ができる。圧縮や変換はない。切り貼りだけなので処理が速い。入力ファイルは、asf, wmv, wma、出力ファイルは asf だけである。

asfbin.jpg

【注】ビデオ、音声サンプルレートが同じでないと処理できない。

入手先: www.radioactivepages.com

2008年04月05日

RDC (Remote Differential Compression)

コントロールパネル→プログラムの機能→Windows機能の中で、RDCが有効になっていた。Vistaパフォーマンスに影響があるかどうか調べよう。

Windows Server 2003 R2 Branch Office: よくある質問と回答によると、RDCは「ファイルのデータの変更点 (デルタ) を正確に識別し、その変更点のみを転送する技術」だという。このデルタを計算するためにエクスプローラが隠れて動いているのではないか?AVIファイルがあると延々と計算している…という記事もあったが、これがCPU負荷増大の原因かもしれない。

「パッチング」とも呼ばれるローカルの差分技術では、二つのローカルファイルの差分、データの挿入、削除、再配置を検出します。この差分は古いバージョンから新しいバージョンに変換するのに使われます。ファイルの差分がサーバー上で検出されてからクライアントに送られます。」

この説明から類推すると、Vistaのシャドーコピーとかオフラインページの管理のための差分計算で、やたらとCPUを食っていることになるのではないか?WAN帯域幅を削減するために考案されたそうだが、その前処理に多大なCPU負荷を与えているということはないのか?大きなファイル(たとえばバックアップファイル)が何十本かあって、WAN上で同期を取るときは有効かもしれない。しかし、ひとつひとつのファイルサイズは小さいが何万ファイルもあるフォルダーを同期するときは延々と差分を計算していることになるのではないか?

「ファイル キャッシング、サーバーレスのセキュリティ パッチとアップデートの段階化、Active Directory キャッシュ モードによるブランチ オフィス認証、およびストリーミング メディア サービスが含まれる」

これはあの悪名高かったLonghorn Serverの機能のことのようだが、これがVistaでも悪影響を及ぼしているのかもしれない。

Windos Vistaを高速化する10の方法 - 医者を志す妻を応援する夫の日記でも、上述した疑いを投げかけ、RDCを無効化したとのことだ。この「10の方法」のいくつかは私も実行しているが、ReadyBoostやセキュリティ関連での見解が違う。当然AeroなどVista固有(先進といっている)機能は使っていないが、高速化(不具合回避)のために無効にした標準機能を整理する必要がある。

とりあえず下記のWindows機能を無効にした。
・RDC (Remote Differential Compression)
・.NET Framework3.0 XPS Viewer
・Tablet PC オプションコンポーネント
・Windows DFS レプリケーションサービス(これも怪しい)
・Windows Faxとスキャナー
・Windows ミーティングスペース
・インデクスサービス
・インターネット印刷クライアント(LAN接続プリンタかな?)

Disable Remote Differential Compression
この記事を信用しよう。Landiskへのファイル転送が、VistaではXPの100倍以上時間がかかったということの理由も理解できる。Lan/Wan環境を見直さないといけない。

Vista高速化

Vistaの不具合ばかりを書いてきたが、この辺で不具合を回避し高速化する方法をまとめておかないと忘れてしまって、再インストールしたときの設定に時間をとられることになる。高速化と不具合回避のポイントは余計なwindows機能をはずすことだ。

続きを読む "Vista高速化" »

春爛漫

Photostory3で動画(WMV形式)を作ったが、YouTubeにアップロードできなかった。変換に失敗したということだが、WMVファイルはFLVに変換できないのか?以前にはOKだったはずだが。同じWMVでもエンコーダーのバージョンの違いでだめなのかもしれない。最近そういう問題によく出くわす。困ったことだ。

続きを読む "春爛漫" »

2008年04月09日

Telebee個人放送局

一昨年にBrightCoveインターネットTV放送サービスを利用して、試しに何本かのビデオをSNSに公開してきた。日本でも類似のサービスが始まっている。TeleBeeもそのひとつだが、500MBごとに月額1050円課金される。広告収入だけでは不十分と思って、パブリッシャーにも課金するということか。

続きを読む "Telebee個人放送局" »

Opera可用性

利点
・シンプルで使いやすい
・IEやFireFoxより速い(プラグインが増えると重くなる?)
・スピードダイヤルが便利だ
・組込みのメールが使える
・使い勝手のいいウィジェットがある
・認証管理が便利だ(セキュリティはどうか?)
・基本的なプラグインが分かりやすい
・マウスを左右に動かすだけでページの行き来ができる
・ダウンロードやページソースがタブ表示で分かりやすい
・セッション管理機能が便利だ
・タブのリンク先が画像表示されるので便利だ

改善点
・3rdPartyの拡張プラグインが少ない
・Conduitツールバーが使えない
・twitterプラグインがない
・セッションデータが消失する→管理機能
・選択した部分のソース表示(FireFox)ができない
・動画ページの応答が遅い。ストリーミングに問題ありか。
・メニューボックスでマウス選択ができない。

未評価
Opera Show - Web presentations as HTML QuickShow (US$18)
・QuickVoice 現在は、英語のみ

Vista-悪魔の厚化粧

MS Wordを「悪女の深情け」と読んでいる人がいる。Vistaは「悪魔の厚化粧」である。そのことを毎日のように思いしらされ、格闘している。しかし、もう限界だ!悪魔には勝てない。昨年末からの最大の問題は、エクスプローラが動かなくなることだ。これは厚化粧をしたVistaでは致命的である。もちろんアプリケーションは動くのだが、フォルダーを開けないのは困る。

先日も書いたが、気がつくとCPU使用率100%になっている。explorer.exeが97~98%だ!taskmgr.exeを起動しているからそのCPU使用率が2~3%ということ。いろいろ原因調査したがお手上げの状態だ。シャットダウンするしかなくなる。何回繰り返したことか。Vista起動直後で、ブラウザくらいしか起動していないのにexplorer.exeのCPU使用率が50%になっていたりする。なにかを隠れてやっているのだが、厚化粧の裏の素顔が見えない。

今朝は数時間格闘して原因を突き止めようとしたがだめだった。CPU100%になっているので調べるのに時間がかかる。パナソニックに照会すると、かならずPCINFOを送ってくださいといわれるのだが、そのプログラムを起動することさえできなかった。

エクスプローラが動かない状態で、フォルダを読み、プログラムを実行するためには、エクスプローラに替わるファイルマネジャが必要だ。FreeComanderというのを見つけて使っているが快適だ。その話は別にして、不具合の状況を知らせないと、調査不能と返事が返るだけだから、あの手この手で情報を集めた。

それに聞くと必ずといっていいほど聞き返されることがあるので、それもできるだけ対応した。たとえば、
 ①ウィルス対策ソフト、ファイアウォール、スパイウェアソフトなどすべて殺す
 ②無線・優先ともにネットワーク接続を物理的に切断 (無線は前々から不具合があって接続不可)
 ③外部HDD、外部DVDなどUSBに接続しているものもすべて切断
 ④スタートアップで陰で動いているソフトをすべて停止
 ⑤Landiskも停止(ネットワーク切断だから当然だが)

まるでセーフモードで立ち上げたような状態にして調べたがまったく分からない。疑わしいのは、オフラインページや検索インデクス作成、タスクスケジュール、自動デフラグなどだがすべて停止した。「悪魔の先進機能」であるSuperFetchやreadyboostは殺したままだ。Aeroも使ったことがないし、デスクトップWindows Classicにしている。もちろんスクリーンセーバも使っていない。

とにかく、Simple is Beautiful ! にしたのだが、それでも原因は突き止められない。放置すれば、たとえばしらないところでデフラグかなんかをやっていても2~3時間で終わり復帰するはずだが・・・ある時、放置して出かけて10時間後に戻っても状況はおなじで、パソコンに触ってヤケドをしそうになるくらいだった。

最後の手段と思って、プロセスをひとつずつ殺していった。残り10数本くらいになって、csrss.exeを停止したら、画面が真っ青になって、「パソコンにダメージを与えるので強制的にシャットダウンします」というメッセージがでて電源オフになってしまった。

同じようなことを何回か試して、アレコレ調べたが、お手上げである。半年で何百回も問題が発生し、「問題を調べています」などというメッセージがでたが、解決策が見つかったためしがない。待ち時間がもったいないので、最近はすぐキャンセルしている。昨年10月にVistaを再インストールした以前にも数百回の問題が発生しているので、一年では1000回を超えているかもしれない。

本当に参りましたよ。一年待って、パナソニックが無料でXPを配布するときに買えばよかったと公開している。大変な時間のロスとストレス増大である。これまでのストレスが一挙に不平不満として爆発してしまった今朝の事件である。温厚な我輩にも限度があるというものです。

さて、愚痴は十分に書いたから、これからパナソニックに問い合わせのメールを送る。不具合の証拠写真(スクリーンショット)を撮ったから、それを添付すれば原因が分かるかもしれない。もちろんグーグル博士にも聞いたら、同じような問題を抱えている人がいた。しかし、結局は再インストールしか手立てがなかったということである。半年に一回再インストールじゃ困ります。富士通XPパソコンは三年に一回でしたよ。使っているとレジストリが巨大化してゴミばっかりになるから掃除しないといけないという(設計ミス)は理解できますから、そのツケをユーザが支払っているわけです。

エクスプローラCPU使用率100%(PDF)

2008年04月10日

Vista障害?ExplorerのCPU使用率100%

メーカに問い合わせたら予想通り、「再インストール」を提案される。これにはあきれた。半年前も同じ「提案」だった。再インストールしてもエクスプローラの度重なるフリーズは解消されていないのだ。他にも未解決の不具合がある。リカバリ後半年我慢したがもう限界で、詳細なトラブルレポートを送った。

発生した現象と条件を数時間かけて調べ、さらに一時間以上もかけてレポートを整理し、必要と思われる資料も送付した。その20分後に返信がきた。レスポンスが早いのは良い。しかし、私のトラブル内容を吟味したとは考えられない。目を通すだけで10分以上かかり、トラブル内容を把握するには30分以上かかるはずで、PCログを解析するには一時間はかかるはずだからだ。

「お客様相談窓口」の役目を果たしていない。トラブルは昨日今日発生したものではない。半年以上おなじ現象に悩まされている。購入したときからトラブル続きで、半年我慢したが、音もでなくなったので相談した。解決できず、そのときの「提案」にしたがって、止む無くリカバリした。いくつかの問題については自力で原因を突き止め解決したが、エクスプローラやレジストリ関係はOSコアなので、素人には分からないし、下手にいじると回復できない。我慢して使ってきた。

ネットワーク検索したり、SNS仲間に聞くと何人も同じような現象に悩まされている。しかし、原因が分からず結局リカバリした・・・という。だから、「お客様相談窓口」に「提案」されなくてもわかっていることだ。しかも、同じ事例が報告されており、同じように「再インストールを提案した」というのだ。日本人は温和でやさしく、泣き寝入りの文化に慣れているために、その「提案」に素直に従っているのだろうか。お上にたてつくのを控えるのだろうが、それでは何も解決しない。

まずは原因究明の努力と誠意がないと、ユーザは納得しないだろう。ユーザも、納得しないままで、まあいいかと思って諦めてはだめである。解決を放棄することになる。それは恥だと思うが、いかがなものだろうか?

そんな愚痴をいっていても始まらないので今朝はシステムのイベントログも眺めている。「眺めている」のは、読んでもよく分からないからである。購入する以前のメーカ出荷テスト時のログもあり、データ量は膨大だ。毎日何回もおかしくなっているのだからログも増える。さてどうするかな。

続きを読む "Vista障害?ExplorerのCPU使用率100%" »

2008年04月11日

MediaPlayer11 コーデック競合

「答えてねっと」にこんな質問回答があった。
「MediaPlayer11でMPEGファイルを再生することが出来ません。」http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=160605724886
MPGでコーデック競合で動かないことがある・・・という。一方、http://www.antenna.co.jp/jan/SPT/MULTI/01.HTM では、VistaではMPEG2は標準サポートされていない・・・とある。いずれにしろWMPやほかのデコーダが停止したりすることが、本来はありえないのだがExplorerが停止したり、CPU100%になったりする原因かもしれないと疑って調べている。

WMPではMPGを再生できない、入力できないのだと思っていた。WMVしか扱えないし、勝手にWebにアクセスしたり、ショップサイトに連れて行かれたり、MPGを再生しようとするとクラッシュしたりで散々な目にあったので使うのをやめた経緯がある。

それで、代替品を探したり、デジカメや外部DVD、ビデオキャプチャ製品添付のソフトを試したりした。結果としていろんなコーデックがインストールされた。メーカやMSに相談すると、「追加ソフトは削除」、「再インストール」の回答になる。いったいユーザをなんだと思っているのだろう。Vista先進機能なるものがユーザに責任を擦り付けているようなものだということは先に書いたが、メーカ側の「お客様視点」でのサポートがかけていると思う。いつからこんなことになったのだろうか?

また愚痴になってしまった。アメリカ企業では、24時間いつでもオンラインチャットで相談に乗ってくれ、対応者が解決できないときは、より技術力の高いサポート要因に受け継いでくれる。それがレベル5までエスカレートする仕組みである。レベルが上がるほど、上位のマネジャや経営幹部にお客とトラブルの情報が認知される、改善策に組織全体として取り組める仕組みである。

「経営品質向上策」でいう「全体最適化」である。経営の要諦が実践されているかどうかで。その企業や組織のパフォーマンスに違いが出てくる。

話が脱線したが、MPGデコーダ問題も調べないといけない。いまは複数のコーデックを比較検討(動画編集)しているのだから、安易に「すべてアンインストールしろ」とはいわないで欲しいものだ。

続きを読む "MediaPlayer11 コーデック競合" »

Plagiarism プラジアリズム

プラジアリズムまたはプレジアリズムとカタカナ表記する。剽窃(ひょうせつ)、盗作の意味。Vista不具合を調べている途中で目にした。盗作を監視、検索できるサービス Copyscape がある。Webページの内容が無断でコピーされることを防止するツールだが、インターネットの理念に反しないのか?世界のだれもが公開し、自由に利用しあう。それによって人類の知識が蓄積され、あらたな知恵が生まれる。引用したり再掲したりするときに、出典を明記し、原著作者に敬意を評するのは当然のことだが、不正コピーにばかり目を光らすようになると、使うほうが不気味になって利用しなくなるということはないのか?ほかのWebから借りてきたのにコピーするな!というのは論外だが、なんでもかんでもコピーは駄目・・・なんていうのなら最初からWebに公開しないほうがよい。

愛と情報は惜しみなく与えるものだ。どんどんコピーされて広まるほうがいいのではないか。いやそれは困るという意見もある。論議は尽きない問題で、それぞれの価値観の問題だとしか言いようがない。一般的にみると、日本のほうが「コピーしないで・・・」と書いているのが多い。ホームページを日本でつくりはじめた頃、5年くらい前になるが、HP素材とかスクリプトを掲載しているサイトで「コピー厳禁」の看板が多かった。よく見てみると多くの場合、海外のサイトから盗作している!これにはあきれた。

盗作されるのが嫌だったら、Webに公開しないことだ。かならずコピーされると承知した上でWebにアップしたほうがいい。盗まれると困るもので、どうしてもWebに乗せる必要があるもの(友人との共有やコミュニケーションのため)についてはパスワード保護をすることだ。

その上で、悪質な盗作があり、犯罪に使われたりした場合は、盗作者を見つける必要があるので、Plagiarism対策ソフトを使うということではないか。

Web盗作を防止するとはいえ、利用者は監視されるということで、こんな画像は不気味ではないか。この画像はCopysentryページからの「盗作」である!こういうリンクは、インターネットの父、ティム・バーナーズ-リーが提唱した趣旨に合致していると考える。

通常のリンクに対して許認可権や制限をもうけるのは排他的で例外的なありかたである。

※イメージに直接リンクするのが多くなると、サーバの負荷が高くなるので、それをコピーして自分のサーバに置くほうが迷惑がかからなくてよい。こういうコピーはいいのではないか?さて、盗作防止サービス本家のCopyscapeが、私の盗作を見つけて文句をいってくるだろうか?
※実際には、テキストの引用しか検索できないようだ。個人の肖像権がある写真のコピーを防止するサービスのほうが有用だとおもう。犯罪に使われたり、巻き込まれたりするのは困るからだ。

2008年04月16日

DHTML Window widget

ポップアップウィンドウ(小窓)やウィジェットは便利ではあるが、いくつも開くと画面が混雑するだけでなく、元のウェブページが分からなくなって混乱することがある。ここで紹介するのは、ページ内に留まる移動可能なウィジェットである。サイズもマウスで変更できる。ページ内で使っている用語の説明や補足説明、案内メニューなどに使える。FF1+ IE6+ Opera 8+

  • DIVとCSSを使って実装しており、カストマイズが容易である。
  • 4種類ある。1) 組込みテキスト、 2) 隠れたDIVを使ったHTMLページ、 3) IFRAMEを使った外部ページ、4) Ajaxを使った同じサイト内の外部ページを使える。
  • 開くときの属性、すなわち小窓の大きさ、位置、サイズ変更の可否などを指定できる。
  • リンクまたは自動的に複数の小窓を開ける。
  • 開いた後で、ページ内容やサイズ、位置を変えることができる。
  • Firefox 1.5/2.x+, IE6+, Opera 8+, Safari 2で動作する。

DynamicDrive

2008年04月24日

NeoWORX

洒落たWidgtsを提供している。試用期間14日後は有償である。7種類あり、ひとつ年間€16.95(約2500円) 全部買うと€39.95(約6000円)になる。毎年6000円支払うのは高すぎるようだ。広告なしだと€209.95と5倍の価格になる。機能的にはJavascriptで自作できるだろうが、デザインがいいので、デザイン料を払うということだろう。

続きを読む "NeoWORX" »

Video 動画共有サイト

YouTubeに続く動画共有サイトがたくさん増えた。その一方で、Stage6のようなプロ仕様の動画サイトが閉鎖されている。HD品質の動画を無制限にアップロードできるサイトのサーバ容量やトラフィックBWは想像を超えるようになってくる。

続きを読む "Video 動画共有サイト" »

2008年04月25日

Vista障害履歴

Vistaシステムが不安定になってOS動作停止になったり、エクスプローラのCPU使用率が100%になってパソコンが加熱する。再起動するとしばらく問題がないが、同じような不具合が毎日のようにはっせいし、本来の作業ができなくなった。

また再インストールせざるを得ない。原因が不明のままで再インストールしてもまた発生する可能性が高い。頭痛の種である。

続きを読む "Vista障害履歴" »

2008年04月26日

Movable Type 4.15 ベータ

レンタルサーバの移行を検討中である。サーバ移行に伴い、Movable Typeを使ったブログも移行しないといけない。メインのブログはMT3のままである。サポートが打ち切られており、情報互換性もなくなったりバグが放置されたりしている。シックスアパートはMT4を推奨している。サポートは有償だ。とくに魅力的な機能はないので、MT4を使う必要性はない。

続きを読む "Movable Type 4.15 ベータ" »

2008年04月28日

Sitemap サイトマップ

実験的に、趣味的にこのサイトを作ったが、備忘録の坩堝になってきた。記事数が増えて検索にも支障をきたすようになった。それで気が付いたが、サイトマップがない。思いつくものから整理していこう。

続きを読む "Sitemap サイトマップ" »

Buddy Zone

Social Networking Scriptと呼んでいる。インド系のVastal I-Techという私企業が開発・サービスしている。カタログ仕様では、メール、ブログ、グループ、フォラム、写真・ビデオ共有、MySpace/YouTube連携など多くの機能がある。基本的にオープンソースソフトを統合したようなソフト・サービスのようだ。

商用サービスで、月額使用料40米ドルだ。ここにデモサイトがある。すぐにセットアップして利用するのではなく、かなりのカストマイズが必要な気がする。

2008年04月29日

Google Gadget API

ガジェット作成の勉強をしようと思う。 まずは説明書のメモだ。ドキュメントは英語版しかないようだ。 Google Gadgets Editor (GGE)「Hello World!」の例があり、編集もできるので試してみる。

続きを読む "Google Gadget API" »

Gadget Picasa

1.Picasaウェブにある写真アルバムを読み込む picasa.xml ファイルを作成し、Googleガジェット(iframeで呼び出す)として貼り付けた例である。≪≫をクリックすると前後の写真が表示される。
http://ur8g37m6-a.gmodules.com/ig/ifr?&url=http://agorian.com/help/gadget/xml/picasa.xml

2.PicasaウェブアルバムをWebに埋め込むHTMLを使った例 ⇒Picasaアルバムへのリンクに過ぎない

山寺の紅葉