Life is Adventure!

My Opera 終焉 | Home | EveryTrail 山旅の記録

Orkut終焉

先駆けSNSのひとつであったOrkut(オルカット)も10年の歴史を終える。
Time to say goodbye to Orkut

9月30日で閉鎖なのでそれまでにバックアップしておこう。写真アルバムはGoogle+に移行できる。プロフィールや投稿記事はGoogle Takeoutでダウンロードできる。Orkutのほかにダウンロードできるサービスが18件もあった。すべて自宅サーバに保存しておこう。バックアップというのは参照することがほとんどないのだが安心のためだ。

Orkutユーザは1億人を越えているが、ブラジル人とインド人が大多数を占めているそうだ。ほとんどのOrkutユーザがGoogle+に移行することになるのだろう。

Google+が開始されたときは休息にユーザ数が増えたが、Google検索ユーザやGmailユーザ、Picasaユーザ、GoogleAppsユーザなどがどっと流れ込んだためだろう。FacebookやTwitterの立ち上げ時とは事情が異なる。

早く立ち上がったが、その後は低迷しているのではないか?Orkut1億人といっても、すでにGoogle+アカウントを持っている人が多いだろうから、G+ユーザ数が急に増えるわけではないだろう。G+は統合しすぎて使いにくくなった。何がどこにあるのか、どう連携しているのかが分からなくなったからだ。

Gmailドライブ、Google Drive、Picasa Web、Google Photo、Google Video、YouTube~おまけに複数アカウントにGoogleAppsアカウントがあって、それらの統合に一貫性がない。たとえばGoogleAppsは別枠で使えないサービスがあったり、YouTubeが使えなかったりで困ることが多くなった。それにChromeブラウザも制限が厳しく(ローカルで動画スクリプト使用不可に)なったり、不具合があったり(QTS4.1.0ログイン画面が真っ白)で不満がでるようになった。

いちばんの機能低下サービスはGoogle Mapではないか?Maps Engineとか言うのがあって、新しいMapに以降を始めているが、これは使う気になれない。まずはUIが使いにくい。頼んでもいないプレイスや写真が表示されて邪魔で仕方がない。写真は表示できないようにすることができるのでいいが、検索した場所をMyMapに保存できないのが困る。さらにKMLが扱えなくなっているのは致命的だ。

今日の言葉: 

counter