ウォータートン・グレイシャー国際平和公園

1932年、アメリカとカナダの国境を越えてつくられた世界初の国際平和公園。アメリカ側には東京都の2倍の広さをもつグレーシャー国立公園がある。氷河によって作られた雄大な自然を堪能できる。崖の下を歩く全長21キロのトレッキングコースが人気。

氷河によって削られた山々がのこぎりの歯のように連なる。200万年の歳月をかけて形作られ、およそ600の氷河湖がある。

鮮やかな青色に輝くグリンネル湖を奥に進むとさらに神秘的な湖、アッパーグリンネル湖がある。湖面にはたくさんの氷河のかけらが浮かんでいる。

ロッキー山脈を北上すると、カナダのウォータートン国立公園に入る。その中心、ウォータートン湖の周囲には緑豊かな自然が広がり、さまざまな野生動物がすんでいる。

野生動物の楽園、ウォータートン・グレイシャー国際平和公園は国境を越えて自然を保護するために国際協調のシンボルとなっている。 Gmap