三世紀半ばに邪馬台国
5世紀に大和朝廷が成立しているが、その間の150年間が謎とされてきた。近年の纒向(まきむく)遺跡発見と研究により、次第にあきらかになってきた。

飛鳥地方の北に位置する大神(おおみわ)神社は、最古の神社である。御神体は三輪山である。縄文の時代から、神が降りてきた地といわれる。その場所を磐座 (いわくら)という。


古来、鶏は魂を死の世界から生の世界に導く動物である。王の継承

正調どじょうすくい
土壌すくいのこと

邪馬台国 魏志倭人伝
卑弥呼とその後継者トヨ(イヨ)
伊勢神宮 おはらい町 伊勢うどん 濃いつゆ
白鷹で立ち飲み  お清めで飲んで  直合(なおらい)で飲む
手に持たず口を近づけて飲む

141座
豊受大神
元伊勢 籠この神社
太陽神   月神
龍が玉をもっている  潮干玉 潮満玉
2017年前の中国の鏡


最古の海部家系図(国宝)   日女神(ひめのみこと)  小登輿命(おとよのみこと)

へびの姿をかたちどった正月に見られるもの へびのとぐろ 鏡餅
豊穣の神

三大麺  出雲そば 三輪そうめん 伊勢うどん

BACK | BLOG | CLOSE