SNSの日記や掲示板の本文に動画を貼り付けて再生することができる。ここでは、① インターネットに公開されているYouTube動画をSNSに貼り 付ける場合と、② 非公開のSNSコミュニティメンバーだけに見せたい動画の貼り付けについて説明する。

  1. YouTube動画の貼り付け
  2. SNS動画の貼り付け
  3. Webフォルダを使用する
  4. 動画ファイルのアップロード
  5. SNS日記や掲示板での動画貼り付け

YouTube動画の貼り付け

YouTube動画を再生しているときのURL、たとえば
http://jp.youtube.com/watch?v=oMT0xPUlVlY

をコピーしてSNS日記の本文に貼り付ける。

 ❲注❳HTMLを書けるブログサイトのときは、以下のコードを埋め込む。
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/oMT0xPUlVlY&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/oMT0xPUlVlY&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

SNSでは、安全のためHTMLやJavascriptを書けないようにしているが、同等のことをBBCodeで行えるようにしている。たとえば画像の貼り付けは、[img=横x縦]URL[/img]と書く。しかし、動画の場合は、上記のように煩雑で間違いやすいため、URLだけを書けば良いようにしている。

SNS動画の貼り付け

YouTube動画は公開されていないと再生できない。インターネットに公開したくないが、特定のメンバーしか参加していないSNSコミュニティにだけ公開したいときは、SNS動画ファイルとする。SNS動画を貼り付けたいときは前もって以下の手順を踏む必要がある。

  1. WebフォルダのURLを決める。
    Webサーバに保存されているフォルダのURLで、
    ここでは、http://user.agorian.com/video/ とする。
  2. このWebフォルダにアクセスできるようにする。
    ユーザ名 video@agorian.com とパスワード password を前もって設定する。SNSログインのときのユーザ名/パスワードとは別である。一度設定するとブックマーク(識別名)をつけていつでも開くことができ、外部HDDやUSBメモリと同じように読み書きできる。
  3. 動画ファイルをアップロードする。
    ローカルにある動画ファイル(FLV形式)をWebフォルダにドラッグ&ドロップする。
    TVやデジタルビデオでの標準はMPG形式なので、FLV形式に変換してからアップロードする。大きさは320x240~540x360が適切である。
  4. SNSに貼り付ける。
    アップロードした動画ファイル名が、myvideo.flv (.flvなしでも可)のときは
    http://user.agorian.com/video/myvideo と書く。
※ここでは動画ファイルのアップロードについて説明しているが、実際にはどんなファイルでもアップロードできる。またダウンロードも同様にできる。つまり、ファイル操作上は、ファイルの移動、複写、削除、あるいはフォルダの作成・削除などがパソコンのローカルにあるフォルダやファイルと同じようにできる。

Webフォルダを使用する

Webフォルダのことをftpサイト、ネットワークプレース、オンライン記憶域などとも呼ぶ。このWebフォルダーを、コンピュータのフォルダーと同じように使えるようにするための手順です。Windows XPでは、〔スタート〕-〔ヘルプとサポート〕を開き、検索ボックスに「Webフォルダ」と入力して検索すると、「Webフォルダを使用する」という説明がでてくるので一読すると良い。
  1. マイコンピュータ(またはマイネットワーク)を右クリックして、「ネットワークドライブの割り当て」を選択する。

    Webフォルダ
    または、〔スタート〕-〔マイネットワーク〕を開いて、「ネットワークプレースを追加する」をクリックすると、3.「ネットワークプレースの追加ウィザードの開始」が開く。
  2. 「オンライン記憶域にサインアップするか、またはネットワークサーバーに接続します」をクリック


  3. ネットワークプレースの追加ウィザードの開始
    「次へ」をクリック



  4. 「次へ」をクリック



  5. 「インターネットまたはネットワークアドレス」に
    ftp://video@agorian.com と入力して「次へ」をクリック



  6. この場所の識別名(たとえば動画ファイル)を入力してクリック



  7. 「完了」をクリック



  8. ユーザ名 video@agorian.com とパスワード password を入力して「ログオン」を押す。「パスワードを保存する」にチェックをしておくと次回は自動ログオンできる。有効なpasswordはSNS掲示板に掲載、または管理者から入手する。



  9. ログオンが認証されると、Webフォルダが表示される。これで接続完了である。
    ※このフォルダのURLは、http://user.agorian.com/video/になっている。



動画ファイルのアップロード

接続したフォルダは、その物理的な場所がネットワーク経由でつながっているWebサーバにあることを除けば、パソコンのローカルフォルダとまったく同じように扱える。いわゆる"クラウド"である。

この例のWebフォルダ(http://user.agorian.com/video/)は共有フォルダになっているので、フォルダ内に自分のフォルダを作成して、アップロードする。必要ならそのフォルダの閲覧権限を設定する。→yamadaの例 (ユーザ名 yamada パスワード password)

  1. Webフォルダに、パソコンにあるファイルをドラッグ&ドロップすると、下記のようなポップアップが表示され、ファイルがアップロードされる。フォルダ間のファイルのコピーと同じ。



  2. たとえばtest.html をドラッグ&ドロップしてアップロードすると、そのURLが http://user.agorian.com/video/test.html となり、ブラウザから開くことができる。

  3. フォルダーを閉じた後、再度開くときは「マイネットワーク」を開く。上記の6.でつけた識別名(動画ファイル)が表示されるので、それをクリックする。

SNS日記や掲示板での動画貼り付け

アップロードする動画ファイルはかならずFLV形式とする。mpg、wmv、aviなどの形式の動画をFLV形式に変換するときは、無償のInternet Video Converterなどを利用する。

日記などに貼り付けるときは、アップロードした動画ファイルのURLを書くだけである。

〔例〕
 http://user.agorian.com/video/sample.flv
 http://user.agorian.com/video/sample (.flvは省略できる)
 http://user.agorian.com/video/yamada/myvideo.flv


BACK | BLOG | CLOSE