logoMemo クラウド環境でのメモ帳
カシミール3Dは、地図ブラウザを使って風景CG作成、GPSデータ閲覧・編集、ムービー作成、山岳展望などの機能を持ったソフト。ソフトは無料でダウンロードして使えるが、詳細地図は有料になっている。インターネットに接続した状態では国土地理院の地図閲覧サービス「ウォッちず」を個人用途に限って無料で利用できる。最初にインストールしたときはとりあえず「ウォッちず」を使うとよい。

さまざまな機能がありプラグインも各種あるので使いこなすための学習が必要だ。よく使うツールをメモしておく。

kashmir

GPSデータ作成

GPSデータには以下の三種がある。
  • ウェイポイント: 地図上の任意の場所(Way Point)。ナビゲーションの目標地点に使う。Garmin GPSmapではMARKとも呼ぶ。目標地点の写真を撮ってマークすると分かりやすい。
  • トラック: 足跡データ(Track Point) を直線でつないだデータ。複数の足跡データ(緯度、経度、標高、時刻)からなる。GPSmapでは足跡を記録する方法(1秒ごと、100mごとなど)を設定できる。グーグルマップやカシミールでは地図上の位置をプロットしていく。
  • ルート: 点と点の間にある道路に沿って自動的に作成されたデータ。地図データがオートルートに対応している場合のみ道に沿って線が引かれる。地図データの影響を受けるため、使っている地図(GPSmap用、パソコン用など)によって表示が異なることがある。

道路がないハイキングコース、山岳ルートなどではトラックデータを使用する。グーグルマップでは直線で経路を引く。カシミールでは「登山道・道路作成を選択する。保存フォーマットはgdb, kml, gpx, pot, rte, txtなどがある。gdbはバイナリデータ、ほかはテキストデータである。グーグルマップ、グーグルアース、カシミールで共通に使うときはkmlフォーマットがよい。GPSmapはgpxフォーマットでトラックデータはGPXフォルダーに保存される。カシミールからGPSmapに保存(アップロード)するときのフォルダーもGPXフォルダーになる。

GPSmap

電源をいれると自動的にトラックデータが記録される。数分以内に10個くらいの衛星を捕捉する優れものだ。Home-Satelliteを見れば捕捉した衛星ごとの受信感度が棒グラフで表示される。記録方法はSetup-Trackで設定する。徒歩の場合は「距離100m」、傾斜の多い登山道では「距離10m」で記録するのがいいだろう。「時間」で記録すると静止状態でも記録されて無駄になる。車で走るときは「距離1km」、「時間10分」(時速60km走行だと距離10km)がいいだろう。

カシミール3D

地図上のスタート地点で右クリックして、「新規作成」から「ウェイポイント作成」、「ルート作成」または「登山道・道路作成」(トラックに相当)を選択する。ルート、トラックの場合は引き続いて足跡の位置で左クリックして線を引いていく。最終点で右クリックして「確定」を選択する。引き間違ったときは右クリックして「1つもどる」を選択する。

グーグルマップ

マイプレイスで「地図作成」またはマイマップを開いて「編集」をクリックした後、「直線を引く」または「道なりに線を引く」を選択して左クリックで点をプロットしていく。前者はトラック、後者はルートに相当する。作成後、点を追加・削除・移動できるのでカシミールより簡単に作成・編集できる。これをKMLファイルとしてダウンロードして、カシミールで開くほうが楽である。


GPSデータ編集

アイコン(編集-GPSデータ編集)をクリック(またはCtrl+L)すると、GPSデータエディタのウィンドウが開く。ルートフォルダにあるルートを右クリックして「ファイルへ書き出し」を選択し、KMLファイル形式で保存する。これをグーグルマップでインポートすればすべてのポイントがマップ上に表示される。各ポイントの位置や名前を変更できる。

kashmir

すべてのポイントを接続した一本の線(軌跡)で表示したいときは、ルートをトラックへ変換(右クリックして「変換」-「トラックへ変換」を選択)した後、トラックデータをKML形式で保存する。ルートデータも保存したいときは「トラックへコピー」を選択する。トラックのデータ量はルートの1/3くらいになる。

写真の表示

「ツール」-「デジカメプラグイン」-「ブラウザ起動」を選択する。フォルダ・ツリーが表示される。写真ファイルを選択すると、地図上にサムネイル(アイコン)が表示される。

位置情報が記録されていないときは、「GPSデータから位置を推定する」を選択する。撮影時刻とGPS時刻が近くのポイントの位置データが表示される。アイコンを移動して変更できる。確認した後、「アイコンの位置をExifに書き込む」をクリックする。

GPSファイル読み込みとグラフ表示

kashmir

kashmir

kashmir

カシバード

カシバード(Ctrl+K)を使うと3次元鳥瞰図を簡単に作成できる。鳥瞰図を作成(撮影)する地点で右クックして、「カシバード」ー「カシバード位置」を選択するとカシバードウィンドウが開き、その地点から見た鳥瞰図が表示される。地点にマウスを置いてCtrl+Shift+Bを押しても開ける。カシバードが開いている状態では、右クリックー「カシバード位置」を選択する。

カメラの種類、撮影位置、方角、仰角、風景などさまざまな設定が行える。画面を左クリックした状態で前後左右に移動して位置や方角、縮尺を決めることもできる。

カシバードを開いたときの画像はプレビューである。位置や方角などを決めた後、「撮影」をクリックすると印刷用の鳥瞰図が表示される。Albumをクリックして撮影画像を保存することができる。

ムービーメーカー

ムービーメーカーのアイコンをクリックまたは「3D」-「ムービー作成」をクリック(Ctrl+M)するとムービーメーカーのウィンドウが開く。カシミールでいうムービーは連続した複数枚のフレーム画像の集まりである。複数のキーフレーム(鳥瞰図)を作成して「作成開始」をクリックすると、キーフレーム間の補間画像を自動的に作成してくれる。1秒間に表示する画像枚数のことを「フレームレート」(fps:frame per second)という。「設定」をクリックしてフレームレートを設定できる。通常は15でよい。ファイルサイズを小さくしたいときは10くらいに設定する。

キーフレームは10~15フレームごとに作成する。カシバードで位置、方角、仰角などを設定して、ムービーメーカーのフレーム位置をクリックした後、「キーフレーム登録」をクリックする。

燕岳~大天井岳~東鎌尾根

JW Player5.10 goes here
GPSデータがあるときは、トラックデータ(をあらわす線の任意のポイント)を右クリックして、「トラックの操作」-「ムービー変換」を選択すると自動的にキーフレームを生成してくれる。生成後、各キーフレームの位置などをカシバードを使って調整する。

カシバード風景

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015

USDGマップ

ハンディGPS BACK | HOME | ARCHIVE 海外移住・ロングステイ候補国