logoMemo クラウド環境でのメモ帳

旅のお供にGPSが欲しくなった。理由は二つある。ひとつは撮った写真の位置情報(経度・緯度・標高)を知りたいからだ。一枚ずつ思い出しながら地図上の位置を特定するのは面倒である。写真に位置情報が記録されているとグーグルマップに表示するのが効率的になる。

二つ目は歩いた経路、距離、標高、斜度、速度などを知りたいからだ。大体の経路はグーグルマップやルートラボを使って直線で結んでいけば作成できるがやはり面倒である。歩いたときの時々刻々の位置データがあれば感嘆に地図上にプロットできる。

GPS付きスマホ

3年前に買ったスマホ(特別価格4800円)にGPS機能があって撮った写真に位置情報が記録される。これをグーグルマップに表示できるので便利だ。しかし、GPSの精度が悪い。数十メートルくらいの誤差なら後で修正できるが数百メートル違うと地形図と照らしあわすのが困難になる。

GPS受信感度も悪いので記録されていないときがある。しかもグーグルマップやマピオンなどの地図の精度が悪いので実際に歩いた経路を特定するのが困難である。最初の頃は歩いた経路を思い出しながら地図上に表示するのが楽しみであったが、歩く回数が増え何十枚にもなってくるとあまりにも時間を取られ、マウス操作で肩が凝ってくるようになった。

GPSデータロガー

略してGPSロガーというのがある。東海道五十三次を東京から京都まで歩く人たちがいる。彼らの記録(ブログ)をみると、GPSロガーを使って撮った写真の位置を特定している。GPSロガーは秒単位で位置データ(緯度・経度・標高)を自動的に記録してくれる。このデータがあればあとはソフトで歩行距離、時間、速度、斜度などを計算できるというわけだ。これらの情報をもとに自分の平均的な歩行速度を知り、無理のない旅の計画に役立たせることができる。

GPSロガーとカメラの時計を同期させることで、撮った写真の位置情報を割り出すことができ、地図上に自動的に表示できる。そういうソフトが無料で手に入る。さらにカシミール3Dというソフトを使えば、写真を撮った位置から眺めた山々の名前を含む鳥瞰図を作成することもできる。

知人のブログやネット検索で学んだだけの知識しかないが、HOLUX、Transystem、Globalsat、ARKNAV、Qstarzなどがポピュラーなようだ。アマゾン、楽天、ヤフーなどのネットショップで1万円くらいで買える。いずれもソフトが付随しており手軽に旅の軌跡を楽しむことができる。

GPS受信機

ハンドヘルドGPS、ハンディGPSなどとも呼ぶ。電池で駆動し携帯で使えるGPSで、米国Garmin社のeTrexが代表的な製品である。現在位置(緯度・経度)、移動軌跡などを液晶ディスプレイに表示したり、移動軌跡を内蔵/SDメモリーに保存したりできる。詳細な地図を組み込んで細かい移動経路を表示したりナビゲーションしたりできる機能を持ったGPSもある。

GPS機能付きの携帯電話、スマホ、カメラ、腕時計型などがあり、またPDAと一体化した小型のカーナビ(三洋電機のGorillaなど)がある。いずれも数万円で手に入る。ただし、GPS精度を重視するならGarminなどのGPS専用機がいいだろう。一眼レフカメラで単焦点レンズのほうがいいのと同じ理屈である。

GARMIN GPS

ハンディGPSのトップブランドは米国Garmin社のようだ。アウトドア用、ランニング用、自転車用、水泳用など目的別に20種以上ある。本体価格(英語版)は1万円~5万円だが、日本語版で地図データを含めた価格は数万円~10万円だ。家電やパソコンなどの製品と異なりディスカウントはほとんどない。Apple製品と同じように実勢価格はほとんど変動しない。

スポーツ店やアマゾンでも販売しているが機種選択の範囲は限られている。Garmin GPS販売の専門店で選ぶ。利用目的を定めて、GPS販売店に相談するとよいが、その前にネット情報を調べて前知識を得ておかないと会話ができない。車両搭載のカーナビとは違う製品だ。

Garmin社の製品モデルには、Montana, Oregon, GPSMAP, eTrex, Dakotaなどがある。アウトドア(登山、トレッキング)用で、耐久性、防水性、操作性に優れ、高精度(測位誤差2m)なGPSである。ハイエンド製品は山岳救助隊員も使うプロ仕様になっている。

米国内販売価格は300~600ドル位である。トレッキング用にはタッチパネル付きで画面も比較的大きいOregonやeTrexがいいだろう。山岳用には全方位アンテナ付きで操作性のよいGPSMAP62シリーズが適している。5Mカメラ付きのGPSMAP62scは400ドル。日本では49000円で販売されている。販売店に確認したら英語版も日本版も製品はまったく同じだという。日本で買うと4割くらい高いということだ。

ベストセラーeTrexの最新モデルは2~6万円、カメラ付きのOregon550TCは99,750円(登山地図TOPO10MPlusを含む)、GPSMAP62SCJは79,800円(1/20万日本全国地図を含む)である。登山に欠かせない1/25000地形図(全国版)は24,800円だ。

jQuerytabs BACK | HOME | ARCHIVE Kashmir3d