フィードとは?

〔出典〕Movable Type説明書より

様々なウェブサイトに、「XML」「RSS」「Atom」と書かれたリンクがあるのにお気づきでしょうか? これらはいずれも、そのサイトが更新されたかどうかを確認するために、あなた自身がわざわざサイトにアクセスする必要はないことを示しています。

この機能は、「シンジケーション」や「アグリゲーション」、または単に「購読」などと呼ばれています。サイトによっては、リンクの代わりに 「RSS」「XML」と書かれたオレンジ色のボタン(例:)が置かれていることもあります。これは、そのページでフィードを利用できることを示しています。

実際にフィードを利用するには?

以下に、ウェブ上にあるフィードを利用するために必要な情報、自分のサイトでフィードを公開するための背景知識について書いています。

フィードを公開するのは誰?

ウェブ上で記事を公開している人なら誰でもフィードを公開できます。フィードを最初に公開したサイトの一つがブログ(またはウェブログ)です。

フィードの購読に必要なものは?

ウェブ上でビデオクリップや音楽を視聴するときに何らかの「プレーヤー」が必要なのと同じで、フィードを購読するときにもある種のプレーヤーが必要です。うれしいことに、すでに多くの「プレーヤー」が出回っている上に、多くの「プレーヤー」は完全に無償か無償のトライアル版が用意されています。

フィードの「プレーヤー」はフィードリーダー、あるいはニュースリーダー、RSS リーダー、RSS クライアントなどと呼ばれています。フィードリーダーに、フィードを登録しておけば、ツールが自動的にサイトの更新の有無をチェックしてくれます。更新されていれば、その内容を確認することもできます。

フィードリーダーには大きく2つの種類があります。1つはウェブベースでもう1つはインストールするプログラムです。ウェブベースのリーダーでは、フィードを管理してくれるサービスにサインアップするだけで、どこにいってもフィードにアクセスできるようになります。自分のコンピュータにインストールするタイプのプログラムを使った場合、フィードはコンピュータに補完され、インターネットに接続していなくても見られるようになります。

フィードを購読するには?

ウェブサイトにアクセスしたときに「このブログのフィードを取得」、「XML」、「RSS」、「Syndication」と書かれたリンク、あるいは前述のオレンジ色のボタンを探してみてください。興味のあるサイトでリンクが見つかったときは、フィードリーダーに追加してみましょう。