About 2008年05月

2008年05月にブログ「ΣSNSホームページ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35

メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月17日

初めての方へ

 SNSは友人・知人との交流が目的です。日々の出来事を気軽に書いたり、友人の日記を読んだり、公開コミュニティでなにが話題になっているかを読んだり、関心のあるトピックがあれば発言したりして楽しんでください。友人がいないと、本当のSNSの楽しみは分からないかも知れません。話し相手がいなければ淋しいものです。友だちを誘い、友達に誘われ、気の合った仲間で楽しい会話をしてください。

仕事の仲間たちと、社内に閉じこもらずに外の世界のいろんな人と交流を深め、情報・意見の交換をして楽しむのも良いですね。そういう付き合いの中から、仕事上のヒントを得たり、助けられたり、励ましや生きる勇気を得たりするものです。

まずは次のことからはじめるといいでしょう。
〔注〕のリンクはΣにログインしている場合です。

(1)自己紹介をする。自分のプロフィールで自己紹介と趣味などを書かれたと思いますが、「談話室」で自己紹介をすると参加者に自分の存在を知らせることができます。

(2)日記を書く。日ごろ考えることや日々の出来事などを日記に書いて友人に読んでもらいましょう。有益な情報は情報を発信するところに集まります。

(3)招待してくれた友人に「参加した」ことを知らせましょう。友人のホームに移動してメッセージを送ります。それが礼儀ですよね。また、友人が書いた日記にコメントしましょう。また、新しい友だちを誘うことをしましょう。

(4)「談話室」の参加者リストを見て、知っている人がいれば「友人に追加する」をクリックして友人になってもらいましょう。プロフィールを見て気に入った人がいれば、友人になってもらうよう依頼するのもいいでしょう。招待してくれた人は「私の友人」になりますがひとりでは寂しいですね。こちらもお読みください。

(5)関心のあるコミュニティに参加しましょう。「コミュニティ検索」をクリックすると一覧が表示されます。各コミュニティの「掲示板」を読んで、関心のあるトピックにコメントを書いたり、新しいトピックを作成してみましょう。、

分からないことがあれば、このHELPコミュニティで遠慮なく質問してください。

■雑談・気楽なおしゃべりは 談話室でどうぞ
主なコミュニティの案内をご覧ください。
■運営者へのご意見・ご質問は こちらです。

ΣSIGMAについて

ΣSIGMA(シグマ)は、これまでの交友関係をさらに素敵なものにします。仲間たちの智恵の総和(Σ)がより豊かなライフスタイルと新たな交流を生み出すことを応援します。同じ趣味・関心をもった仲間たちが、情報を発信し、意見を交換し、知識を共有し、互いに助け合って楽しむことを目指しています。
※ΣSIGMAはΣSNSと同じです。読み替えてください。

まずは登録

招待メールに記載されている登録用のURL をクリックして、あなたのプロフィールを登録してください。ニックネームと誕生日は他の会員に公開されます。⇒登録の仕方
※Σでは、安心できる居心地の良いコミュニティを実現するために、招待なしでの新規登録は、行わないことにしています。Σに参加している人から招待メールを送ってもらうようにしてください。

友人と交流  [マイホーム]

Σでは信頼できる旧知の友人、知人とのお付き合いの活性化を図るために、
メッセージの送受信
日記の読み書き、コメントの書き込み
各種コミュニティの作成と参加、掲示板、催し案内
友人の紹介、各種商品(本、CD、ソフトなど)のレビュー
あしあと、お気に入り追加機能
等さまざまなツールがあります。

「友人の友人」と知り合える

さらにΣを使えば 「友人の友人」 との交流が簡単にできます。話しには聞いたけれど直接は面識のない人と、どこかでつながっている新しい人たちとの交流を楽しむことができます。これまでは見えなかった世界中の友人の輪を広げ、友人同士のつながりを実感してください。

友人を招待

あなたが Σをもっと活用するために、あなたの友人を Σに招待してください。あなたの友人を招待することで、あなたはより Σを活用することができます。

日記の読み書き、既存ブログの公開ができる

日記を公開することによって友人や Σ利用者の方々に多くの情報を発信することができます。Σの日記だけでなく、他サイトの日記・ブログもΣのホームで公開することができます。

コミュニティに参加  [マイホーム]

Σには、共通する趣味や関心ごと、考えなどをお持ちの方々とのコミュニケーションを楽しむことができるコミュニティ機能があります。希望するコミュニティに参加することで、自分の考えや意見を述べるだけでなく、参加者たちとの新しい交流の輪を広げることができます。

新しいコミュニティを開設

適切なコミュニティがないときは、あなたが新しく開設することができます。みなさんがコミュニティの運営者になり、仲間の輪を広げていくことが可能です。同窓会や趣味の会、公開討論会や文書の共同作成などさまざまなコミュニティをつくってください。

友人を紹介

Σでは、旧知の友人や、Σで知り合った友人の印象や間柄を紹介できます。お互いに紹介しあうことで、これまでの交流がより活発になるでしょう。

登録、利用料

Σの登録料、利用料は無料です。運営者はボランティアで無償奉仕しており、エンジェル資金でIT運用費用を負担しています。運営者は、Σ利用から引き起こされた損害について責任を負いません。

個人情報の保護について

Σでは、利用者の皆さんに Σのサービスを安心してお使いいただくためにプライバシーとセキュリティの管理が最も重要なことと考えています。詳しくは個人情報保護方針をお読みください。

ΣSIGMAよくある質問

※ここにない質問は、気軽にWebメール またはHELPコミュニティで質問してください。

続きを読む "ΣSIGMAよくある質問" »

2008年05月18日

はじめに

 ΣSIGMAは、「ソフトウェア変革」に関する調査と評価の一環で作成しました。当初は、SNSの学習と実験を目的とした機能体験版でしたが、現在は友人・知人たちの交流の場となっています。サーバは米Bluehost社、ソフトはオープンソース開発のOpenPNE2.10版を利用しています。

 ΣSIGMAはSNSサービスの名称で、明るく楽しい仲間が集まり、その総和Σが活きる場であるという願いを込めています。コミュニティとして、①同窓会用「倭国澪標村」や「雀の学校」、②業界コミュニティ用「FSAマーケティング委員会」や「営業プロセス研修」、③みんなが参加する「談話室などがあります。サイト構築・管理および運営は有志がボランティアで行っています。

 当初の参加者は、管理人の友人・知人に限定しています。登録・利用は無料です。参加者は自分のコミュニティを作成することができます。バックアップはデイリー版とウィークリー版がありますが、日記や掲示板への書き込みの個別バックアップは各自でお願いします。

 本書では初めて利用する人を対象に、ΣSIGMAの機能、画面の見方や使い方を中心に説明しています。実際の画面のデザイン&レイアウトは必要に応じて変更しますので、この説明書の内容と異なる場合があります。

 SNSコミュニティ運営やSNS活用のノウハウなどは対象外です。SNSサイトの構築・管理・運営で学習したことは、ΣSIGMA運用手引書に整理する計画ですが、気がついたことをWikiで書いていきます。参加者の方も、気がついたことや意見を忌憚なく書き込んでいただけるとありがたい。

利用者プロフィール

参加資格
 サイト管理人の友人・知人に限定しています。参加者は、ご自分の友人・知人を招待できますが、素性を明らかにすることを条件としています。招待者は、新規参加者の紹介文を書き、管理人および他のメンバーに紹介すること、新規参加者は自己紹介するようにお願いします。

利用者プロフィール
 初期参加者は、某IT企業関係者、業界団体メンバー企業の委員の方々、そしてサイト管理者の友人たちが中心です。SNSが初めてだという40代以上のデジタル移民(になろうとしている人)に限らず、20代・30代のデジタル原住民の人たちも参加しています。落ちこぼれ中年と揶揄されないためには、デジタル原住民の人と対話できるデジタル移民になることが大切で、経営者とよばれる道に踏み出す第一歩となります。

SNS住民の規範
 ネチケットを備えていることが前提です。ネチケットを知らない人は勉強してください。儒学の倫理道徳や武士道の精神、素養があり、実践されている人はネチケットの大部分を満たしています。ただし、世代・性別・人種の差を越えた対話、コミュニケーションがSNS世界では大切と考えますので、朱子学的な硬直した考えは無用です。つまり長幼の差とか男女の別、権威主義は不要です。みんな仲間が基本です。

大事なのは「朋友の信」、友は互いに信頼で結びついているということでしょう。仁(人を愛すること)、忠(真心)、恕(思いやり)をもって人間関係を築き維持することでしょう。これは現実世界でも仮想世界でもおなじですが、仮想世界では読み書きでのコミュニケーションですので読み方(解釈の仕方、善意の心で読む)、書き方(いかに誤解のないように思いやりを持って書くか)に注意する必要があります。

新規登録

ΣSNSは、SNSの学習と体験を主眼に有志が運営しており、限られた友人知人のみが参加しています。コミュニティ内では全員が信頼し合えることを前提としているため、招待なしでの新規登録はできないようになっています。

招待メールをもらっている方は、メールの文中にある登録用のURLをクリックして、参加する手続きをしてください。実名で参加することを原則としており、確認が取れるメールアドレスが必要です。Hotmailなどの無料アドレスは拒否されることがあります。

※個人用メールアドレスが必要な方には、Gmailアカウントを取得されることを推奨します。
※「FSA2010 提案力強化研修」受講生の方は、新規登録・ログインをした後、こちらのコミュニティに参加ください。

登録手順

ΣSNS会員からの招待メールを受け取ったら次の手順で会員登録します。

1.招待メール本文中に書いてあるURLをクリックする。

招待状

2.利用規約に同意する

利用規約

3.登録情報を入力する

 名前、生年月日、メールアドレスなどを入力します。メールアドレスとパスワード(6~12桁の英数字)は後でログインするために必要です。※パスワード、秘密の質問の答えは不可逆な暗号化を施してデータベースへ保存しているため、元の文字列を知ることができません。
プロフィール

4.登録完了

 「確認画面」をクリックすると、以下の確認画面が表示されます。「登録」ボタンを押すと完了です。
確認

5.ログインページ

 登録完了の通知画面になりますので、そのページにある「ログインページへ」をクリックします。
 http://sns.agorian.com/ が開きます。二回目以降、このURLにアクセスします。

「最初のログイン」をお読みください。


PC登録アカウントに携帯メール登録

  • [設定変更」画面で、[携帯メールアドレス設定ページへ]をクリック
    設定変更
  • 携帯メールアドレスを入力して[送信]をクリック
  • 携帯で受信したメール内に記載されたURLからログインする

携帯登録後にPCメールを新規登録

  • 携帯からΣSNSにログインした最初の画面の最後の方にある「設定変更」をクリック
  • 「PCメールアドレス登録」をクリック
  • PCメールアドレスを入力し「送信」する。
  • 「入力されたアドレス宛に・・・」と表示されれば完了。PC画面で、送信されたメールに記載されたURLにアクセスし、PCメールアドレスとパスワードを入力すればログインできる。

【注意】PCログイン時のメールアドレスは英字大小を区別します。携帯でたとえば大文字の英字を入力したときは、PC画面でも大文字英字を入力しないとログインできません。


※特例として「オープン登録」が可能です。これは「SNS管理画面」からSNS管理者が設定できる。この場合は、SNS運営事務局から招待メールが送られ、参加資格を事務局が判断することになる。

オープン登録手順

 オープン登録が可能なときは、こちらをクリックすると新規登録ページに移行します。メールアドレスと画面に表示されている「確認キーワード」を入力して「送信」ボタンを押す。確認キーワードは7桁の英数字です。これは、ロボットソフトによるスパム登録を避けるためです。
新規登録

つぎのメッセージが表示される。 招待状送信

招待状を受け取ったら、メール本文に書いてあるURLから登録手続きをする。

最初のログイン

ブラウザから、http://sns.agorian.com/ を開いて、登録時に入力したメールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押します。

※ログインできないときは、パスワードを忘れた方はこちらへをクリックしてください。「秘密の質問」も忘れたときは、管理人に連絡ください。なお、画面の内容は変更されることがあります。

login

 ログインすると最初に自分のホームページが表示される。上部から、TopMenu、PageMenu、案内、お知らせがあります。はじめてログインされた方は、まず[[設定変更]]と[[プロフィール変更]]を読んで必要な変更をしてください。
  • TopMenu ―全ページ共通のメニュー(設定変更で登録メールアドレスなどを変更できる)
  • PageMenu ―自分のホーム(青)、友達のホーム(緑)、コミュニティのホーム(赤)別にメニューが変わる
  • 案内 ―日記の「お題」や主要コミュニティなどへのリンクです。
  • お知らせ   ―友だちからのメッセージや日記コメントがあったことを知らせます。
  • ページの内容―メニュー選択に応じて表示される

ホームページの例


MyHomepage

自動配信の変更

ΣSIGMA登録ユーザには、最新情報を自動的に配信するようになっています。 この設定は、ユーが変更できますので、必要に応じて再設定をお願いします。

とくに登録ユーザのメール受信サーバによっては、同じメールアドレスから毎日メールがくるとき、たとえば連続して33日間受信するとスパムとみなすようにフィルタリングしている場合があります。このような時、あるいは配信が多くてわずらわしいときは、「受け取らない」または「週一回」を選択することをお勧めします。

※無効となったメールアドレスは迷惑メールの原因となります。必ず有効なメールアドレスを登録するようお願いします。無効のまま三ヶ月以上放置した場合は、退会の手続きを取らせていただきます。

■ デイリーニュース

ΣSIGMAの最新情報をお届けしています。
新規登録時に「毎日受け取る」に設定されています。
〔設定変更〕 を開いて、
「デイリーニュース」で次のいずれかを選択してください。
 ○毎日   ○週1回 (月)  ○受け取らない
かならずページの下部にある〔変更〕ボタンを押してください。

■ メール受信設定

新着メッセージの通知などを登録メールアドレスにお知らせしています。
〔設定変更〕 を開いて、つぎのいずれかを選択してください。
 ○受け取る   ○受け取らない 
かならずページの下部にある〔変更〕ボタンを押してください。

■ 参加コミュニティからのお知らせ

新規登録時に、次のコミュニティに自動的に参加するようになっています。
談話室 コミュニティ
HELP コミュニティ

各コミュニティのトップページ、たとえば「★談話室」の場合は、ここを開いて
「コミュニティ書き込みを携帯メールで」および「コミュニティ書き込みをPCメールで」
 ○受け取る   ○受け取らない 
のいずれかを選択して、「メール受信設定変更」ボタンを押してください。

プロフィール変更

自分のプロフィールを変更、確認します。@@color:red;※@@は必須項目です。簡単な自己紹介と趣味も書きましょう。名前は実名が基本です。ニックネームを使うときは、自己紹介の欄で素性を明らかにしてください。生まれた年の公開レベルは選択できます。
My Profile

設定変更

1.メールアドレスの変更

  1. 設定変更〕をクリックする。
  2. 新しいメールアドレスを入力して、〔メールアドレス変更〕ボタンを押す。
  3. 受信したメール本文にあるURLをクリックする。
  4. 〔登録〕をクリックすると完了です。

2.パスワードの変更

  1. 設定変更〕をクリックする。
  2. 新しいパスワードを入力して、〔パスワード変更〕ボタンを押す。

友人を招待する

!招待状の作成と送信
!!!1.友人を招待するメール作成
TopMenuの「友達を誘う」をクリックする。
友人招待

!!!2.招待状の内容を確認して送信する
確認

!!!3.送付済みの招待状
友人が参加する前に削除ボタンを押すと友人が参加できなくなります。
送付済み招待状

SNS空間とコミュニティ

ΣSIGMAのユーザ(登録メンバー)であることと特定の「コミュニティ」の参加メンバーであることの違いが分からないとの質問が「雀の学校」などでありました。「公開」と「非公開」、さらに細部の設定があり、分かりにくいと思います。先ずは概念図を見てください。
拡大

SNS運用サーバ構成

Sigma Server

コミュニティに参加

SNSユーザ登録時に自動的に参加するコミュニティが二つあります。「談話室」と「Help」コミュニティです。ログイン後の「マイホーム」に、参加しているコミュニティ一覧が表示されます。

TopMenuの「コミュニティ検索」をクリックすると、開設されているコミュニティの一覧が表示されます。興味のあるコミュニティのアイコンをクリックすると、そのコミュニティのトップページに移動します。PageMenuバーが黄色に変わります。そのメニューの「コミュニティに参加」をクリックします。非公開コミュニティの場合は、管理人お上人が必要ですので、参加希望のメッセージを送ります。

コミュニティの種類による参加の仕方は以下のとおりです。

種類参加掲示板を読む掲示板に書く
A:公開誰でも参加可能全員に公開参加者のみ
B:限定管理者の承認が必要全員に公開参加者のみ
C:非公開管理者の承認が必要 参加者にのみ公開 参加者のみ

Aの場合
 だれでも自由に参加し、読み書きできる。参加しなくても、全ての内容を読むことはできるが、書き込みはできない。参加したいコミュニティが公開されているときは、「コミュニティ参加」ボタンを押すと同時に参加できます。

BとCの場合
 管理者の承認が必要です。「コミュニティ参加」ボタンを押すと、管理者に承認を求めるメッセージのフォームが表示されるので、参加理由(任意)を簡単に書いて「参加を希望する」ボタンを押します。管理者が承認した時点で、参加でき、書き込みができるようになります。

私の友人に追加する

SNSユーザは、既存ユーザから招待されて参加しています。あなたを招待してくれた人は、SNSの中でも友人(マイフレンドとも呼ぶ)ですから、ホームページで「私の友人(マイフレンド)」の一覧に掲載されます。招待した人のホームページには、あなたが「私の友人」として掲載されます。一般的には、あなたの友人の友人は、あなたの友人でも知人でもない場合があります。SNSでは、そうした人たちも「友人(フレンド)」と呼んでいます。

SNSユーザは、招待者を除く全員が、あなたの「友人」ですが、「私の友人」ではありません。たんなる友人と親友が違うのと同じです。SNSユーザを「私の友人」にするためには、下図に示すような手続きを取る必要があります。

この例は、あるコミュニティのメンバを「私の友人」に追加する例です。コミュニティに知っている人がいないような場合、TopMenuの「メンバー検索」をクリックするとSNSメンバの一覧が表示されます。そのなかによく知っている人がいたら、上記と同じような手順で「私の友人」に追加することができます。

「私の友人」の日記やブログが更新されると、あなたのホームページに表示されます。あなたのホームから直接「私の友人」のホームを見に行ったり、メッセージを送ったり、紹介文を書いたり、レビューを読んだりすることができます。また、あなたがSNSで日記を書いたとき、SNSユーザ全員には読まれたくないとき、「私の友人まで公開」にすることができます。

「コミュニティ」ページ

1.トップメニューとページメニュー
〔注〕のリンクはΣにログインしている場合です。

 まず画面上部を見てください。ヘッダー・バナーがあって、メニューバーが二本あります。上をトップメニュー、下をページメニューとよびます。
 
トップメニューの項目は変化しませんが、ページメニュー項目は表示したページ種類によって変わります。現在表示されているのが「★HELPコミュニティ」の「掲示板」に投稿された「トピック」の一つです。ページメニュー横棒の色が黄色になっているのに注意してください。これが緑色のときは他のΣSIGMAユーザのページを見ていることになり、水色のときは五字分のページ(マイホーム)を見ていることになります。

2.コミュニティ掲示板のトピック

 この記事(発言、書込み、カキコともいう)は、「★HELP」コミュニティの「掲示板」に投稿された「◆初めて参加された方へ」というタイトルのトピックです。簡略化して[★HELP]トピックとよんでいます。★HELPコミュニティでは、すべてのΣSIGMAユーザが、新しいトピックを投稿できます。

 上部ページメニュー(黄色)左から二つ目の〔掲示板〕をクリックすると、投稿されたトピックの一覧が表示されます。更新日時の新しい順に表示されています。その一覧の中に「◆初めて参加された方へ」というトピックがあるので、それをクリックするとこのページが表示されます。試してください。ほかのトピックもお読みください。

3.トピックに対するコメント(意見・質問など)投稿

 このページを下にスクロールすると、青い帯の「書き込み」があります。これまでに、このトピックに対して投稿された(書き込まれた)コメントが表示されています。さらに下にスクロールすると、「新しく書き込む」欄があります。この説明で分からないことがあれば、そこに書き込んでください。

 本文にコメントを入力します。写真(画像)もアップロードできます。ファイルサイズは最大500KBになっています。写真の大きさは自由です。入力が終わったら、〔確認画面〕をクリックします。内容を確認して、〔書込み〕ボタンをクリックします。〔修正〕を押せば、入力画面に戻ります。

4.共通コミュニティトップ

 ページメニュー左端の〔コミュニティトップ〕をクリックしてください。◆HELPコミュニティのトップページが表示されます。左側に◆HELPコミュニティに参加しているΣSIGMAユーザの写真(アイコン)と名前が表示されています。ご自分の名前もあることを確認してください。

 新規登録者は全員、「★HELP」コミュニティに参加するように設定されています。あなたも「★HELP」コミュニティに参加しているメンバーということです。もうひとつのコミュニティ「★談話室」にも自動的に参加しています。トップメニューの「マイホーム〕をクリックして、移動先(ログイン直後)のページを見ると、左下部の「コミュニティリスト」に「★談話室」と「★HELP]があることを確認ください。これが現在あなたが参加しているコミュニティです。この二つは「共通コミュニティ」で、新規登録のときにΣSIGMAユーザ全員が参加しています。

5.登録メールアドレスへの自動配信

 ここでぜひ覚えておいて欲しいことがあります。あなたが参加しているコミュニティに新規投稿、すなわち新規トピック作成、トピックに対するコメント書込みなどがあると、その書込み内容が、あなたが登録したメールアドレス宛てに自動配信されます。

 この機能は、だれかが発言(書込み)するとすぐ通知されるので、メールで発言を読むことができる便利なものです。携帯メールアドレスを登録しておくと、携帯からすぐに返信(投稿)もできます。ゆるやかなチャット、議論もできるというわけです。

 ところが、迷惑メールになることもあります。たとえば、「★談話室」のようにいろんなトピックが作成されるようなコミュニティで、自分に関係のない、興味がない書込みが多いと、自動配信されるメールは迷惑になります。そのときには、コミュニティトップの下部で、メールを受信しないように変更してください。「●受け取らない」を選択して、〔メール受信設定変更〕ボタンをクリックすれば変更されます。

【重要】新規登録時は「受け取る」に設定されています。登録メールアドレスが無効になると多量の迷惑メールが発生します。送信サーバが何回もトライし、受信サーバも宛先不明の返信を繰り返します。これが書込みがあるごとに発生しますので、書込みが100あり、無効アドレスが10あると単純計算で一万件以上のジャンクが発生します。問題は肝心の本人は気がつかないということです。メールアドレスが変更になったときは必ず〔設定変更〕で登録メールアドレスの変更をお願いします。放置すると、ご本人の名誉にもかかわります。詳しくは、配信の停止についてをご覧ください。

6.コミュニティへの参加

 談話室とHELPは、ΣSIGMAユーザ全員が参加し、自由に書込みができる「公開コミュニティ」ですが、コミュニティ管理者の承認がないと参加できないコミュニティもあります。これを「非公開コミュニティ」よびます。たとえば「雀の学校」を例にとりますと、管理者が平井克秀で、コミュニティの掲示板(トピックとコメント)を読んだり、新規に書き込んだりできるのは「雀の学校」参加メンバーだけです。

 「雀の学校」コミュニティに参加するためには、まず「雀の学校」コミュニティトップに移動します。開設されているコミュニティの一覧は、トップメニューの〔コミュニティ検索〕をクリックするとコミュニティの一覧が表示されます。分からないときは、「コミュニティ検索・並べ替え」でキーワードに「雀の学校」と入力して改行キーを押せば検索、表示されます。
 「雀の学校」コミュニティトップで、ページメニューの〔コミュニティに参加〕をクリックします。メッセージを書いて、〔参加を希望〕ボタンをおせば、管理者宛にメッセージが送信されます。管理者が承認すると、「雀の学校」コミュニティの参加メンバーになり、全ての掲示板の読み書きができます。

7.マイフレンド(私の友人)に追加

 コミュニティに参加すると、コミュニティ参加者たちとの交流ができるわけですが、参加者たちが「マイフレンド(私の友人)」であるとは限りません。おなじ興味(写真、旅行、音楽など)をもっている人たちの集まりがコミュニティですから、友人ではないことも多い。同期会とか同窓会とかプロジェクトメンバーの集まりであれば、実世界では付き合いの多少はあれ、友人であるわけですが、ΣSIGMAでいう「マイフレンド(私の友人)」は意味が異なります。このことを混同、誤解しないように注意してください。

 ΣSIGMAで「マイフレンド」になるためには、「マイフレンドに追加」をする必要があります。このΣSIGMAに登録するときに招待状を送った人は、自動的に「マイフレンド」に追加されています。マイホームの左下を見ると、「マイフレンドリスト(私の友人リスト)」があります。そこに招待してくれた人の写真と名前があることを確認してください。オープン登録したときは、ΣSIGMA管理人が招待状を送っていますので、赤いだるまのアイコンが表示されます。マイフレンドに追加申請し、相手が承認すると、お互いのマイホームのマイフレンドリストに相手の写真と名前が表示されます。

2008年05月19日

ΣSIGMA(シグマ)とは

 ΣSIGMAはSNSサービスの名称で、明るく楽しい仲間が集まり、その総和Σ(シグマ)が活きる場であるという願いを込めています。日本語名称は、お互いに助け合い、お互いに楽しむという意味で「互助互楽」と命名しました。SNSには同じ興味をもつ仲間たちの交流の場であるコミュニティが複数存在します。現在は、①同窓会用「倭国澪標村」や「雀の学校」、②業界コミュニティ用「FSAマーケティング委員会」や「営業プロセス研修」、③みんなが参加する「談話室」などがあります。

経 緯

 ΣSIGMAは、「ソフトウェア変革」に関する調査と評価の一環で作成しました。当初は、SNSの学習と実験を目的とした機能体験版でしたが、現在は友人・知人たちの交流の場となっています。SNS基本機能に加えて、写真や動画を共有できるサイトが追加されています。

 サイト容量は3000GBでしたが、現在は無制限に使用できる契約になっています。無料ですので、外部ハードディスク替わりに、文書、写真、動画などのオンライン倉庫としてご利用ください。現在SNS用には1GB程度しか使っていません。

運 営

 SNSサイト構築・管理および運営は有志がボランティアで行っています。SNSサーバは米国Bluehost社、ソフトはオープンソース開発のOpenPNE2.10版などを利用しています。

  • サーバ運用・・・米国Bluehost社、HostMonster社、日本PaperBoy社
  • ディスク容量・・・3000GB(一枚1MBの写真300万枚分)
  • 基本ソフト・・・Linux, PHP4.5, MySQLほか

提供サービスと利用ソフト

非営利目的で複写、改変、再配布できるオープンソースソフトを利用したサービスです。個人がXP/VistaまたはWebサイトで利用できる便利なソフトがたくさんあります。これらについてはHELPで整理中です。
  • SNS・・・OpenPNe2.10.5 (http://sns.agorian.com)
  • 文書共有・・・GoogleAppsを利用(MS Office互換あり)
  • 写真共有・・・Gallery2 (http://gallery.agorian.com)、Zphotoなど
  • 動画共有・・・BrightCove, YouTube, FLV Player,など
  • ブログ・・・Movable Type, WordPress μなど
  • WikiWiki・・・TiddlyWiki, FSWiki, PukiWiki, TikiWikiなど

利用の手引き

少しずつ整理中です。下記のサイトをご覧ください。

2008年05月21日

ΣAppsサービス利用

ΣSNSユーザは下記のサービスを利用できます。安全・安心なメールや文書作成ができる sigmatown.com ドメインの情報共有サービスです。利用するためには、登録メールアドレスname@sigmatown.comが必要です。これが登録アカウントのユーザ名になります。ログインページで、nameとパスワードを入力します。新規登録(nameの登録)は管理人が代行します。
※ΣSNSとは別のサービスです。ΣSNS登録メールアドレスを name@sigmatown.com にすることができます。
※人事異動、転職などでメールが変わる人はsigmatownをお使いください。迷惑メールの発生を避けることができます。

ΣAppsホームページ http://start.sigmatown.com

ログインすると自分専用のホームページになります。最新ニュース、メール、カレンダ、天気予報、占い、ゲームなどをワンクリックで追加できます。ページ内の配置はドラッグ&ドロップでできます。

Gmail

Gmail -- 堅牢なウイルス、迷惑メール、フィッシング対策を備え、セキュリティの脅威からメールを守ります。メールボックスの容量は最大 25 GBです。フォルダに振り分けなくても検索で必要なメールにアクセスできる検索機能のほか、インスタントメッセージ機能も内蔵されています。http://mail.sigmatown.com 詳細

 
Google ドキュメント

Google ドキュメント -- ドキュメント、スプレッドシート、スライドを作成して、メンバーがオンライン上から同時に編集できます。http://docs.sigmatown.com 詳細

 
Google カレンダー

Google カレンダー -- グループ内でスケジュールを調整しながら一緒に予定を立てたり、会議の予定やイベント情報を共有できます。 インターネットにカレンダーやイベントを公開することもできます。http://calendar.sigmatown.com 詳細


Google トーク

Google トーク -- いつでもどこでもチャットや通話を無料で楽しむことができ、 ファイル共有やボイスメールの機能もあります。TalkGadget 詳細

ΣAppsとは

グーグル社が提供しているGoogleAppsをライセンスして作ったものです。企業・組織内のLANやメール、文書の共同作成・共有に利用できます。自社のLAN、MS Office(Word, Excel, Outlookなど)の代わりに使えるクラウドコンピューティングです。米国では、社内LANインフラやメールサーバを維持し、セキュリティ対策に社内リソースを消費して情報共有を実現するよりも、社外の専用インフラサービスを利用したほうが、セキュリティ上安全でコスト安だとの認識が高まり、GoogleAppsを利用するようになっています。

仲間たち

仲間たちの想いの総和(Σシグマ)が、楽しい交流の輪をつくります。友人を誘い、仕事や趣味の交流を深め、豊かな毎日を楽しんでください。SNSメンバ全員が参加する公開コミュニティは、「★談話室」と「★HELP」です。ログイン後、入室してください。

・互いに助け合い、楽しむ人たちの安らぎの空間です
・過去現在未来を語りあい、笑い、楽しみましょう
・仕事の輪、同期の輪、趣味の輪を広げましょう

≪同期の輪≫
澪標談話室
雀の学校(FIMAT)
SL58会(FJ同窓)
≪趣味の輪≫
※ログインしていないときは、SNSログイン画面に移動します。非公開コミュニティには、未参加のSNSユーザはログインしても入室できません。参加するためには各コミュニティ管理人の承認が必要です。


※1990年代後半の仮想コミュニティ DreamScape の住人たちです。

文書の共有

1.文書ファイルのアップロード

 SNS内部でのドキュメント(doc, xls, ppt, pdf, odsなど)のアップロードは、コミュニティ掲示板で行えます。トピックス(新しい掲示板)作成時または編集時にアップロードできます。ファイルサイズは最大1MBに制限されています。なお、ワームやスパイウェア排除のため、exeファイルはアップロードできません。

2.ファイル内容の表示

 SNSメンバまたはコミュニティメンバは自由にファイルをダウンロードできますが、その内容をオンラインで表示することはできません。オンラインで閲覧したり、共同でドキュメントを作成、編集したりするときは、ΣAppsを利用ください。

3.ΣApps文書共有

 ΣSNSメンバ用は、GoogleAppsを利用した情報共有サービスΣAppsを利用できます。ただし、セキュリティを確保するために、@sigmatown.com アカウントを持っている人しか利用できません。アカウントは管理人が身元確認後に発行しています。

■ Appsホーム http://start.sigmatown.com/
■ Docs文書  http://docs.sigmatown.com/
 ※ドキュメント(Word相当)、スプレッドシート(Excel相当)、プレゼンテーション(PowerPoint相当)
 ※初期値は本人しか参照できないように設定。メンバ全員または特定の人に公開できます。
■ お試し用共有アカウント⇒ユーザ名とパスワード をSNSログイン後の「事務局からのお知らせ」欄に案内しています。ご自由にお使いください。

Docsプレゼンテーション

試験用にGmailアカウントで作成した公開プレゼンテーションを表示しています。同じような資料が、ΣAppsすなわちsigmatown.comアカウントで作成し、ここに表示することができる。ただし、これを開こうとするとΣAppsのログイン画面に移動する。つまり、sigmatown.comドメインにアカウントを持つ人たちだけで共有されているため、そのアカウントでログインしないとアクセスできないということだ。




@sigmatown.comユーザの閲覧権限
ΣApps利用の手引きを開くとログイン画面が表示される。お試しアカウント(ユーザ名guest パスワードsigmatown)でログインするとプレゼンテーションが表示されます。@sigmatown.comのユーザが作成し、guestに閲覧権限を与えています。閲覧権限を与えないと、@sigmatown.comユーザでもアクセスできないということです。

2008年05月24日

動画の共有

ΣSNSでは、日記やコミュニティでの書き込みで、YouTubeなどの動画を掲載することができます。YouTubeの場合は、動画を再生しているときのURLを、日記作成や編集時に、本文に貼り付けるだけです。

YouTubeに動画をアップロードするためには、YouTubeのアカウントが必要です。無料かつ匿名でアカウントを手軽に作成でき、アップロードも簡単です。ぜひお試しください。

このVideoカテゴリでは、ΣSNSユーザのために、動画の共有、編集、Webへのアップロード、Webでの再生などについて紹介します。動画形式には、avi, mpg2, wmv, ram, flv, mp4, gp3, mov などがあり、再生プレイヤもたくさんあります。

このサイトで利用している動画再生の方法を紹介するとともに、仲間内で公開できるビデオも紹介します。みなさんも自慢のビデオを紹介してください。
(以下、作成中)

  • 動画の編集
  • 動画の再生
  • ビデオコンバータ
  • 主要ソフト概要
  • 動画共有サービス
  • インターネットTV放送
  • トレントと動画配信

動画共有サイトblip.tv最新動画を表示しています。hot-shows.xmlが毎日更新されています。
このXMLファイルを作成すれば、自分の好きな動画をWebで再生できます。家族のビデオアルバム整理に役立ちます。下記のビデオはSNSにログインしないと見れません。

最新動画(試験中)

写真の共有

作成中です。過去のブログ検索"写真" 写真アルバムの例

1.ΣSNSでの写真共有

■ 写真ファイルの添付

 日記や掲示板での書き込みで、写真ファイルを添付できます。携帯からメール投稿するときに、形態で撮った写真を添付することもできます。PC、携帯いずれの場合も、投稿済みの日記や掲示板に写真を追加することができるが、最大三枚に制限しています。

■ 本文に写真を貼り付ける

 ΣSNSでは、一般ユーザ向けのBBCodeというタグとWYSIWYGエディタを使って写真や画像を、本文中に貼り付けることができます。HTMLを知らなくても、Wordなどと類似した書式を使った文書が作成できます。

■ SNSでの写真共有の制限

 SNSで投稿した写真は、文章を補足するために添付するものですから、写真一覧や写真アルバムの機能はありません。撮影情報(EXIF)も保持されません。また、SNS外部から参照するときは、SNSにログインする必要があります。 ※写真の一覧やアルバム、スライドショーは、それが専門のサービスを利用するのが良い。PicasWebやFlickrが、その代表的なものです。ただし、匿名社会での共有なのでプライバシには注意が必要です。非公開といってもURLアドレスが分かれば見られてしまいます。バックアップにも問題がありますから、そういうことを承知して利用するといい。

2.Gallery写真共有サイト

 自分のWebサイトに自分の写真アルバムを保存し、家族や友人と共有したい人向けです。Gallery2という写真のプロたちの要求を反映したソフトを使っています。基本機能は、PicasaWebやFlickrと同じですが、自分でカストマイズすることができ、写真ごとに閲覧権限を設定できるという特徴があります。緻密なプライバシ管理やアルバム作成の自由度が高いという利点がありますが、それゆえに使いこなすのは難しいかもしれません。写真の専門家向けといってもいいでしょう。しかし、欲張らなければ手軽に写真アルバムを作成し、かんたんに共有できます。
Galleryヘルプ ★Galleryサイト

3.Zenphoto写真共有サイト

 Gallery2のサブセットに相当する機能を備え、人気の高いZenphotoを使っています。個人で使用するWebアルバムとして最適かもしれません。サードパーティのテーマを活用して、自分好みの写真アルバムを作ることもできます。Galleryは中上級者向け、Zenphotoは初中級者向けといってもいいでしょう。
参考例:http://elmblog.com/photo/zenphoto/

4.写真フォルダのスライドショー

 写真ファイルが保存されたフォルダを参照するだけで、写真の一覧やスライドショーを表示できる優れたソフト PhpSlideshow がお勧めです。
(続く)


〔メモ〕この写真カテゴリでは、写真共有やアルバム作成、写真の編集、管理などに関する情報を整理していく。これまで、ブログで気が付いた情報をメモしてきたが、それらをもう一度見直しながら整理していく予定だ。以下は追加予定項目。

写真の管理

  • 写真の整理、アルバム作成
  • 写真の拡大縮小とファイルサイズ
  • 写真のトリミングと切り貼り
  • 写真の修正(明るさ、彩度、コントラスト)
  • Web写真の作り方

写真共有ソフト・サービス

  • PicasaWeb
  • Flickr
  • Gallery2
  • Zenphoto
  • PhpSlideshow
  • ImageRotator
  • windows Photostory3

安全なメール

インターネットで、友人・知人と連絡を取る典型的なツールは、「メール」ですが、なりすまし(フィッシング phishing)詐欺や迷惑メール(スパム spam、ジャンク junk)、ウィルス感染、盗聴などの問題があり、被害も増える傾向にあります。SNSでは、安全で確実な連絡方法として、つぎのツールを推奨しています。

1.SNSメッセージ

 友人(SNSユーザ)のホームを開いて、〔メッセージを送る〕をクリックしてメッセージを送ります。これは1対1の個人メールで、一番安全・確実な連絡方法です。SNSでメッセージを受信したことは、SNS登録メールアドレスに通知されます。メッセージを読むときは、SNSにログインして、マイホームの〔メッセージ〕をクリックします。携帯からもアクセスできます。

2.コミュニティ参加者へのメール

 公開・非公開を問わず、参加しているコミュニティで書き込みをすると、そのコミュニティ参加者全員の登録メールアドレス宛にメールが自動配信されます。特定の人たちだけに送るメーリングリストと同じ働きをします。通常のメールソフト(OutlookやThunderbirdなど)で、宛先にメールアドレスを並べる手間が不要で、また宛先メールアドレスが盗まれることもありません。

3.日記を書く

 日記を書くと、SNSユーザ宛の「お知らせ」メールの本文に、最新日記のタイトルが掲載されます。緊急を要しない連絡、近況報告などに利用できます。友人たちが何に関心を持ち、最近何をしているのかを知って、互いの理解を深めるのによいコミュニケーションです。

4.Appsメールアカウント

 ドメイン(sigmatown.com)内のメールアカウントを持った人たちだけの情報共有を可能にしたサービスです。GoogleAppsを利用しており、メール機能はGmailとおなじです。セキュリティに優れ、メール容量も無制限です。ドキュメント、スプレッドシートを作成して、特定の人たちと共有、あるいは共同作成することができます。こちらからログインします。   http://mail.sigmatown.com

5.Appsホームページ

 http://start.sigmatown.com/ がAppsのホームページで、メール、ドキュメント(Word)、スプレッドシート(Excel)、プレゼンテーション(Powerpoint)、チャット、写真アルバム、最新ニュース、天気予報などを含んだページです。だれでも閲覧できるページで、自分の好きなコンテンツ(ガジェット)を追加したり並べ替えたりできます。ただし、メールやドキュメントなどはログインしないと表示されません。また、ログインしても自分が招待されていないドキュメントは読めません。

2008年05月30日

Mindmap

講演や研修の講師で使用したマインドマップです。タイトルをクリックすると表示されます。ppt/pdf資料もあります。
※画像をクリックするとマインドマップが別ウィンドウで開きます。マインドマップは、矢印キーで移動、Ctrl+-で拡大縮小できます。項目クリックで詳細が表示/非表示されます。
※表示するためには、Flash PluginとJavascriptが必要です。

営業プロセス研修
SAAS
知識マネジメント
情報の本質
生き残りの条件
日本のITは?
Web2.0日米の文化差
話題のSNSサイト
情報力を鍛える
MyWeb私の仕事場