動画編集 > mAgicTV

パソコンで手軽にテレビを視聴し、録画もできるようにした。バッファローとアイオーデータのUSB接続ハードを検討した結果、アイオーデータ製のGV-MVP/TZに決めた。決め手は価格性能比と付属ソフト機能であった。ハードウェアMPEG2エンコーダであれば、パソコンのCPU負荷を軽減できる。視聴中のCPU使用率は高くても十数%である。録画はファイル書き込みだけなのでゼロに近い。

MPEGエンコーダ接続

テレビ視聴とパソコン外部ディスプレイ兼用に、同じくアイオーデータ製の19型ワイド地デジ液晶ディスプレイLCD-DTV191XBRを購入した。地上デジタルテレビとして使うこともできるし、パソコン画面の片隅でテレビを見ながら作業することもできる。

■ TV視聴・録画・再生ソフト

mAgicTV
テレビの視聴、録画、再生用。チャプター作成、削除もできる。録画フォルダー名、MPEGおよびGNOファイル名は番組名。

mAgicガイド
 番組表(EPG自動ダウンロード)と録画番組ライブラリ。番組の録画・再生ができる。

mAgicPlayer
再生プレイヤー。mAgicTVの一部分で、録画ファイル(GNO)の再生、チャプター作成、削除ができる。チャプター情報は、ChpBmp000に、GNOファイル名は"0"ファイルに格納される。

GVEncoder
録画したMpegファイルを AVI, WMV, MP4などに変換する。出力形式を設定し、複数ファイルを一括して変換できる。Sample

GNOという専用ファイルがないと再生できない。MPEGファイルの再生と不要部分のカットができると用途が広がるのだが、それができないのが残念だ。

チャプタを作ったあとで、不要なチャプタを削除するというカット編集が面倒である。失敗が多く、やり直しに時間がかかる。編集内容の保存にも時間がかかりすぎるので、結局使わなくなった。

カット編集には、不要なエンコードをしないためmAgicTVより数十倍スピードが速いVirtualDubModのほうが使い勝手がいい。

再エンコードには、汎用的なGVEncoderが使える。入出力ともに、avi, mpg, wmv, mp4, mov を扱えるのが良い。しかし、編集ができず変換に時間もかかるのが難点だ。

HomeSNSBlog|Gallery|Tools|About|Help