Galleryご案内

オープンソース開発のGallery2を利用して開設した写真共有サイトです。PicasaやFlickrなどの商用サービスではできない、きめの細かい閲覧権限を設定できます。初めて登録する方は、「登録からアルバム作成まで」をご覧ください。写真アルバムのテーマは9種類から選べ、カストマイズできます。テーマ毎の事例をご覧ください。
※BB接続10Mbps以上でご利用ください。最初のアクセスには多少時間がかかります。

公開写真アルバム


拡大表示
Galleryサイトのトップページは公開写真アルバムへの入り口である。右図に示す構成(変更するときがある)になっており、フォルダを示す画像の前の■記号をクリックするとサブアルバムが表示される。この構成は、ログイン後のサイト管理権限をもったユーザが変更・追加できる。

非公開写真アルバム

非公開のアルバムはログインしないと表示されない。また縮小版しか表示されなかったりする。ログインユーザしか閲覧できない写真、指定したユーザグループ間で共有する写真などの設定ができる。アルバムあるいは写真一枚単位で閲覧権限を設定できるのでプライバシ管理が容易になる。

登録会員

メニューのトップの「登録会員」は、Galleryに登録したユーザ専用の写真アルバムである。ユーザ個人の写真ブログサイトになる。公開・非公開は各人の自由である。ユーザ名をメニューに表示しないようにすることもできる。ログインすると自分の写真サイトが表示される。
登録ユーザ名NameのサイトURLは、つぎのとおり。
http://gallery.agorian.com/main.php/v/user/Name/

Web写真集

テーマごとに写真アルバムを作成できる。追加・変更・削除の編集が簡単にできる。コンテンツはホームページなどのWeb素材として使える写真、イメージ、ロゴ、アイコンなどである。複数枚選んで、ZIP圧縮したファイルとしてダウンロードすることもできる。

終りのない旅

旅の写真を、日本、海外など地域別に掲載している。掲載する前の選定作業に時間がかかるものだが、思いついたものから追加して、後で構成を変えたり掲載場所を変更したりするとよい。EXIF撮影情報の表示もできるので写真の整理、比較検討に使うのもいいだろう。

映画館

話題の映画、男優、女優などに分類し、とりあえず手持ちの写真を掲載した。肖像権、著作権のグレーなところがあるが、限られた友人・知人間で楽しむのは許される範囲内だろう。

昭和の風景

昔懐かしい写真集だ。これも著作権上の問題があるだろうが、個人的に楽しむのは許されるだろう。個人で撮影した写真をアップしていこう。

秘密の写真

ちょっと洒落て「秘密」といっているが、すべてアメリカで公開されている写真である。一枚一枚解説をして引用するのは許されている。オリジナルは匿名で「自分の秘密」をはがき一枚にデザインしたもので、人間の「業(ごう)」や「性(さが)」が赤裸々に表現されている。公序良俗に反しない写真しか掲載しないことが利用規約のひとつである。

パスワード保護できますか

はい。「アルバムの編集」「全般」タブで、パスワードを設定できます。HTTP認証を使っているので、一度認証されるとブラウザを閉じるまで有効です。認証後も、ゲストの閲覧権限の設定が優先します。

なお、アルバムの存在を隠すように設定することもできます。この場合でも、アクセス権限は各アルバムおよび写真のパーミッションが優先します。

公開と非公開の違いを教えてください

アルバム単位、写真単位で〔公開〕、〔非公開〕に指定することができます。どの写真を、だれに、どの範囲まで公開するかを個別に指定することができます。

〔例〕閲覧権限の設定例です。登録メンバのグループ(たとえばx, y, zさんが属すグループXYZ)別の閲覧権限も設定できます。

アルバムA: 訪問者すべてが閲覧できる公開アルバム
アルバムB: 登録メンバしか閲覧できないアルバム
アルバムC: 作成者しか閲覧できないアルバム
アルバムD: グループXYZしか閲覧できないアルバム
アルバムE: パスワードを入力しないと閲覧できないアルバム
アルバムF: 隠れたアルバム(アルバム名や作成者が表示されない)
Aの中のアルバムA1: 登録メンバしか閲覧できない
Aの中の写真A21とA22は、作成者しか閲覧できない
Aの中のサブアルバムA3の写真A31とA32、A33は、登録メンバした閲覧できない

続きを読む

保存した写真のプライバシーは?

Galleryアルバムにアップロードした写真またはアルバムを〔非公開〕にすることができます。写真ファイルはブラウザでアクセスできない場所に保存することでプライバシを守っています。「公開と非公開の違い」を参照ください。

続きを読む

写真の編集はできますか

写真の拡大・縮小、複写、入れ替え、表示項目変更、キャプション(概要、説明)、閲覧権限の変更などができます。アルバムの編集については、テーマの選択、表示する写真の大きさや枚数、配置、背景色、閲覧権限、コメント書き込み・表示や評価欄の有無など各種の機能があります。

続きを読む

何枚くらい保存できますか

写真の品質とサイズのバランスを考えて、パソコン画面で見る写真が中心の場合、平均で200KBと仮定すると、ユーザ一人当たりのディスク容量1GBで5000枚くらい保存できます。量と質のバランスはユーザの判断によります。

続きを読む

Galleryへの保存(アップロード)の仕方を教えてください

ブラウザのアップロード機能、ジャバアプレットなどを使います。クライアント側のGallery Remoteを使って指定したアルバムにアップロードすることもできます。

続きを読む

どんな写真や画像を保存できますか?

JPG,GIF,PNG形式のファイルです。公序良俗に反する写真の公開は厳禁です。

フラッシュ形式のファイルも保存できるようですが、未確認です。ファイルの大きさは一件2MBまでです。また同時にアップロードできるのは合計8MBまでです。これを超えるときはオリジナル写真を縮小し、分割して送ってください。たくさんの写真を一括して縮小するときは、「縮小専用」がお薦めです。

続きを読む

登録の仕方を教えてください

Galleryホームの〔登録〕ボタンを押すと、新しいユーザとして登録するための画面が表示されます。ユーザ名、パスワードなどを入力して〔登録〕ボタンを押せば完了です。管理人が新規ユーザを承認した後で、ログインすることができます。メールアドレスは、必須入力になっていますが、仮のアドレスでも登録申請できます。管理人の知人の場合、登録希望の連絡をすれば仮登録します。ログイン後、ユーザ名、パスワード、メールアドレスを変更できます。

費用はかかるのですか

登録・利用は無料です。

管理人が拠出したエンジェル資金(!?)と管理人の好奇心、趣味で運営しているため、利用者の金銭的負担はありません。運営費は一ヶ月一回の昼食分くらいですから気にする必要はありません。気が向けば、管理人に昼食をご馳走すると喜びます(笑)

どうして登録する必要があるのですか

個人の写真とプライバシーを守り、迷惑書き込みを防止するためです。

ここは友人や家族との写真共有を目的にしており、迷惑書き込みを避け、安心して、使えるようにするために、身元がはっきりした人たちの参加に限定し、ログインしないと使えないようにしています。登録ユーザが掲載した写真の公開・非公開(の範囲)は、各人の裁量に任されています。

だれが登録・利用できますか

このサイトの管理人(達磨居士)の友人・知人および登録ユーザの友人たちです。

公開されている写真アルバムは、どなたでも自由に閲覧できます。オリジナル写真を見たり、写真アルバムを作成したり、ダウンロードしたりするためには登録メンバになる必要があります。

誰が運営しているのですか

有志のボランティアで、管理人は「達磨居士」です。

好奇心と趣味とボランティア精神に基づいて運営しています。学習と実験のために「だるま」、「Jack Nicolson」などのユーザ名で、写真アルバムが見本として用意されています。

登録ユーザ一覧のなかの「達磨居士」をご覧ください。そこにある写真アルバムには、学習をかねて、ユーザ名「だるま」が撮った写真を投稿しています。

Galleryとはなんですか

GalleryGalleryは写真共有のためのWebサイトです。写真のアップロードやアルバム作成などをWebで可能にするためのWebアプリケーションソフトあるいはこのソフト開発のオープンソースプロジェクトのことです。
開発されたソフトウェアは、GPLライセンスに準拠しており、非営利目的で改変、翻訳、再配布できます。ソフトはGalleryの開発者と利用者からなる、地球規模のコミュニティにより改善・保守されています。ダウンロードと利用は自由に行えます。

続きを読む