公開と非公開の違いを教えてください

アルバム単位、写真単位で〔公開〕、〔非公開〕に指定することができます。どの写真を、だれに、どの範囲まで公開するかを個別に指定することができます。

〔例〕閲覧権限の設定例です。登録メンバのグループ(たとえばx, y, zさんが属すグループXYZ)別の閲覧権限も設定できます。

アルバムA: 訪問者すべてが閲覧できる公開アルバム
アルバムB: 登録メンバしか閲覧できないアルバム
アルバムC: 作成者しか閲覧できないアルバム
アルバムD: グループXYZしか閲覧できないアルバム
アルバムE: パスワードを入力しないと閲覧できないアルバム
アルバムF: 隠れたアルバム(アルバム名や作成者が表示されない)
Aの中のアルバムA1: 登録メンバしか閲覧できない
Aの中の写真A21とA22は、作成者しか閲覧できない
Aの中のサブアルバムA3の写真A31とA32、A33は、登録メンバした閲覧できない

公開アルバムは、あなたの公開ギャラリーのURLを知っているユーザすべてが閲覧できます。URLは<ユーザ名>に基づいて、次のようなアドレスになります。

http://gallery.agorian.com/main.php/v/user/<ユーザ名>/<アルバム名>

アルバムの中には〔サブアルバム〕と複数の写真があります。これらを〔アイテム〕とよびます。公開アルバムのなかのアイテムについても〔公開〕、〔非公開〕の指定ができます。公開アルバムであっても、縮小画像(サムネイル)だけ、あるいは〔リサイズ版の写真〕だけを公開し、アップロードしたオリジナルの写真は公開しないように指定することもできます。

非公開アルバムは、公開ギャラリーには表示されません。所有者であるあなただけがログインしたときに見ることができます。非公開アルバムであっても、あなたが指定したユーザは閲覧できるように設定することもできます。アルバムにある写真それぞれに設定することが可能です。

※一般の写真共有サービスでは非公開設定が不十分で、たとえば写真単位での公開・非公開の指定はできません。また非公開であってもURLを知っていれば見ることができます。他人と共有しない写真はPicasaやFlickrあるいはPhotoBucketなどのサービスに投稿しないことをお勧めします。