S

A B C D F G H I M N O P S T U V W Z

  • SNSの歴史
    個人向けコミュニティサイトがSNSと呼ばれるようになったのは、2003年に米国で開設された「Friendster」が最初であるとされている。開設後3ヶ月で100万人に達したことから注目されるようになった。同時期に米国ではSNSを利用して人材を紹介したり職探しを行う「LinkedIn」などの多様なサービスが提供されるようになった。その後、Googleによる「Orkut」が人気を集め、2004年の初頭には日本のユーザにも知られるようになった。 日本では、2004年2月に「GREE」および「mixi」が開設され、米国と同様に普及している。国内最大手のmixiは、2006年10月に上場し、12月現在で670万ユーザを獲得している。 SNSの普及は全世界的に進行しており、世界最大のSNSである「MySpace」の会員数は1億4,000万人を超え、1日あたり25万人の新規登録がある。他にも、大学生向けSNSの「Facebook」やMicrosoftが運営する「Wallop」など、ユーザ数が1,000万を超すSNS(英語圏)がいくつか存在する。韓国のSNS「CyWorld」は韓国語圏でのサービスながら1,300万ユーザを抱えており、韓国の総人口の30%程度、20代の女性の95%が参加しているといわれている。 利用者数の統計としては、米Nielsen//NetRatingsによる2006年4月の全世界の利用者数が6億8800万人、総務省による日本国内の利用者数が716万人という数字がある。 SNSは急速に普及しており、認知度が高まるにつれて類似サービスが続々と登場している。現在では、既存のサービスとSNSの機能を統合したサービ スが多く、どのサービスがSNSであるのかを明確に区別することが難しくなっている。当初はSNSの定義として、すでに参加しているユーザからの招待が必 要というものがあったが、現在では多くのサービスが登録制になっている。 ブログとの統合では、友人関係を定義した上で、ブログ記事のそれぞれについて公開・非公開をコントロールすることが可能な「LiveJournal」(Six Apartが買収)が広く普及している。また、ブックマーク共有の「del.icio.us」、画像共有の「Flickr」、動画共有の「YouTube」などの、いわゆるWeb2.0サービスにおいても、SNSとしての機能を一部備えている。 話題・トピック限定のSNSや、地域限定のSNSなど、ユーザの範囲を限定したSNSも数多い。後者の例として、熊本県八代市による「ごろっとやっちろ」を筆頭に、行政主導のサービス展開が模索されている。 コミュニケーション手段としてのSNS以外に、他の用途にユーザ間の社会関係を導入する動きもある。「Rojo」では、RSSリーダーとSNSを統合することで、大量の記事の中から知人が興味を持っているものを優先的に表示させるなど、検索・推薦の手段としてSNSを利用している。 〔参考文献〕大向一輝「SNSの現在と展望 -コミュニケーションツールから情報流通の基盤へ」, 情報処理, Vol.47, No.9, pp.993-1000, 2006. ...
  • SNSの人間性効果
    SNSを活用することによってどんな効果があるのかを考えてみた。情報共有だとかコミュニケーション用だといったツール面ではなく、穏やかな人間関係を支えるSNSという視点で思いつくままに書いた。皆さんのご意見を聞きたい。 1.信頼感が生まれる お互いの日記を読みあうことで、それまで知らなかった友人の素顔を知り、コメントをしあうことで親近感が強まり、それがより強い信頼につながっていく。友 人でない見知らぬ人との間でも、日記を読んでその内容に共感を覚えたり、互いにコメントしあうことで親近感が生まれるということは事実である。昔パソコン 通信の時代のあるフォラムで3年間に5組の夫婦が誕生したのがひとつの例証であろう。 2.社員の連帯感が生まれる 社内SNSでは、職場で話したこともない社員同士が話し合う機会ができる。見知らぬ社員同士が日記を読みあうことで親近感が生まれ、類似した仕事や商談に 関係していることを発見し協力し合うこともある。こうした親近感や仕事面での協力関係は、組織を超えた連帯感を生む。このことは、お客様との信頼関係構築 のツールになることも示唆している。人間性効果に着目したCRMともいえる。業界SNSやビジネスパートナーSNSでも同じ効果が期待できるだろう。 3.組織を超えた人間関係が広がる 見知らぬ社員同士が親近感をもつと、社内の組織を超えた人間関係が広がる。信頼感が生まれると人は穏やかになり、安心感が生まれ助け合うようになる。経営 者がなすべきことは、そういう場を提供しサポートすることであろう。権威を振りかざして使わせるようなやり方は逆効果である。社員が自主的に参加し楽しむ ような風土を醸成することが大切である。そのためには自ら一個人として使うことが理解への第一歩である。 4.忌憚なき意見が交換できる 社員同士やお客様・パートナーさまとの間に信頼関係ができれば、忌憚なき意見を交換できるようになる。あるいは最初に親近感を感じて忌憚なき意見を言える ようになって、互いによく聴くことで信頼感につながる。どちらが先か分からないが、「忌憚なき意見を言い合える職場環境」こそ、経営者が心血を注いで作る べき組織風土であろう。 5.愛と情報は惜しみなく与える かつてのグループウェアや知識エンジニアリングと いったものは、「情報蓄積」とか「知識共有」、「知識活用」といった効率化ツールの側面ばかりが謳い文句であった。しかし、情報や知識は「社員」が掴み 持っているものである。これを惜しみなく発信しないと、いくら高機能のツールがあっても意味をなさない。上司・同僚・部下の区別なしに、助け合う精神を もって情報を惜しみなく発信する友人を作り自らも実践するような環境を醸成するという効果も期待できる。 ...
  • Superfetchとは?
    Superfetchというのは、プログラムの起動を速くするために 実行ファイル(拡張子.exe )をメインメモリーに先読みしておく機能だそうだ。Windowsの厚化粧がひどくなり、ウィルスやスパイウェア監視機能も肥大化したためだろか、プログラムの起動が非常に遅くなった。レジストリが肥大化して、メインメモリも512KBくらいしかないと、IEやWordの起動が非常に遅くなる。数分以上かかることもある。この問題を解決する「Vistaの先進技術である」とマイクロソフトは喧伝していた。 ディスクにあるプログラムをメインメモリに先に読みこんでおけば起動が早くなるのは当たり前だが、それは多くのメモリを消費することを意味する。2GB以上なければ機能しないと考えたほうがいい。それはAeroも同じだ。Vistaで追加された機能のほとんどが無用の長物だ。だから、知っている人はXPにしており、XPプレインストールのパソコンのほうが高くなるというわけだ。 筆者がVistaを使い始めて一番困ったのは、何も動かしていないのにメモリ占有率が60%とか90%になることが頻発したことだ。半年くらい悩んで、やっと分ったのが、このSuperfetchだったのである。Windowのレジストリを使わないプログラムは、再インストールに備えて、別のドライブに保存したり、アーカイブファイルを圧縮・暗号化して実行ファイル形式で保存している。そうした実行ファイルがあるフォルダを開くと、Superfetchが勝手に動いてメモリ、CPUを占有しフリーズしたということだ。こんな愚かな機能はない。ユーザ泣かせも程々にしてもらいたい。 ⇒参考ブログ ...
  • SNS仮想空間の見取り図
    ΣSIGMAのユーザ(登録メンバー)であることと、「私のともだち」との関係、ΣSIGMA内部にある特定の「コミュニティ」の参加メンバーとの関係などを図式化しました。 ΣSIGMAに登録したメンバだけが、ΣSIGMAにログインできます。ログインすると、登録メンバだけがアクセスできる仮想空間に入ります。この仮想空間には、自分の日記、友人の日記、書籍やCD/DVD、家電製品などのレビュー、送受信メッセージボックス、公開/非公開コミュニティなどの場所があります。 ...
  • SimpleScriptsとは?
    Webでポピュラーなアプリケーションをワンクリックで簡単にインストールできる。 ブログ、写真アルバム、フォラム、Wikiなど32本(2008年8月現在)提供されている。 ⇒参考記事 ...