ID #1136

NASとは?

Network Attached Storageの略で、「コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ」「従来よりファイルサーバと呼ばれていたものと基本的には同じもの」(Wiki)、「ネットワークに直接接続し、コンピュータなどからネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置」(e-Words)と説明されているが、ファイルサーバ、LANDISK、外付け型HDDと何が違うのか?といった疑問がある。

NASをはじめて購入するに際してあれこれ調べた。「LANDISKはアイ・オー・データ機器のNAS製品のブランドである」ともいうが何年か前に買ったHDL-Fシリーズ(2008/3生産終了)は「ネットワークで手軽に共有できるハードディスクです」だった。後継機種は「LAN接続型ハードディスク(NAS)」と書いている。そんな知識しかないから、最近のNAS製品も似たようなものだと思ったがまったく違っていた。高速・大容量・高信頼のハードディスクというのは同じだが、NASの大きな特徴はその耐用性に加えてソフトにあると分かった。


NASといっているが、実際はLAMPマシンだ。組み込みLinuxにApache, MySQL, PHPが基本機能として備わっている。単なるファイルサーバでも、バックアップ用でもない。MySQLサーバがあり、PHP開発環境があり、Webサーバとしても使える。オープンソースを中心としたアプリケーションも105本ありワンクリックでインストールできる。Wordpress, Drupal, phpMyAdmin, 動画共有サイト(ClipBucket)などを設定して運用できる。

タグ: -

関連エントリー:

    この FAQ にコメントする