ID #1114

七大罪 Seven deadly sins

seven deadly sinsThe seven deadly sins, also known as the capital vices or cardinal sins, are a classification of the most objectionable vices that have been used since early Christian times to educate and instruct followers concerning (immoral) fallen man's tendency to sin. They are: lust, gluttony, greed, sloth, wrath, envy and pride.

Source: Wikipedia

七つの大罪(ななつのたいざい)とは、キリスト教の用語。七つの罪源とも呼ぶ。人間を罪に導く可能性があるとキリスト教徒が考える欲望や感情のことを指す。(括弧内はラテン語)〔英語〕〈対応する悪魔の名前〉。

  1. 傲慢 (superbia)〔Pride プライド〕 〈Lucifer〉
  2. 嫉妬 (invidia)〔Envy エンヴィー〕 〈Leviathan〉
  3. 憤怒 (ira)〔Wrath ラース〕 〈Satan〉
  4. 怠惰 (acedia)〔Sloth スロウス〕 〈Belphegor〉
  5. 強欲 (avaritia)〔Greed グリード〕 〈Mammon〉
  6. 暴食 (gula)〔Gluttony グラトニー〕 〈Beelzebub〉
  7. 色欲 (luxuria)〔Lust ラスト〕 〈Asmodeus〉

タグ: -

関連エントリー:

    この FAQ にコメントする