日米同盟

December 13, 2010 by 管理人   Comments (0)

ニュース

この数年、メディアで「日米同盟」という言葉が頻繁に聞くようになった。かつては「日米安保条約」に基づいて「憲法第9条の規定範囲内」で自衛隊を海外派遣するといった表現だった。

それが「同盟」の名のもとに報道されるようになったのはどうしてか、いつごろから「同盟」という言葉を使うようになったのか。気になっていたが知らないままに聞き過ごしていた。

NHKスペシャル「日米安保50年」を見た。安保体制がどのような経緯で成立したのか、その歴史的経緯と実態、日米の思惑や解釈の違いなどが理解できた。こういう番組がどうしてもっと早く制作され国民に情報提供されなかったかのかと思った。

歴史には公表されなかった裏側の真実がつねにある。国家機密、外交機密に抵触しない範囲でその真実を掘り起こし大衆に知らせることも報道の役割であろう。私だけが知らなかったわけではない。番組で「新しい資料が公開され、NHKの取材で初めて明らかになった」といっていたからだ。

70年安保闘争

かつて70年安保闘争、北爆反対などがメディアを賑わしており、私もデモに参加したことがあって強烈な印象を残した。闘争と挫折の記憶だ。しかし、なぜ反対しないといけないのか、安保体制を築くと何が問題になるのか、そういったことは深く考えなかった。

安保問題とベトナム戦争反対運動が同時進行していたため、当時のノンポリ派には学生運動の本質は理解できていなかったのだと思う。ただ、戦争にはみんなが反対だという共通の意識で、一部の活動家の煽動に同調していたのだと思う。安保とはなにかさえ理解していなかった。

分かっていたのは、憲法第9条で戦争と軍備を放棄した日本はアメリカの核の傘の下で軍事的に守られているということだけだった。日米の具体的な役割や任務については分からなかった。「アジアの平和と日米の友好な関係を維持する」と安保条約に記載されていても、それだけでは実態は分かりようがなかった。

軍事同盟

当時、「同盟」という言葉が使われることがなかった。メディアで聞いたり目にしたりした記憶がない。「同盟」という言葉が、日本を第二次世界大戦に突き進んだときの「日独伊三国同盟」を連想させるから使われなかったということだ。

だから、安保条約の条文でも「友好な関係」という言葉になっている。もちろんアメリカ側は不満だった。ベトナム戦争でアメリカ国民の血を流しているのに日本は何もしないからだ。しかし、アメリカも「同盟」という言葉を使うことで日本国民の反対運動が過激化するのを回避したいという意向があった。60年安保のときは一部の過激派学生による扇動ではなく、主婦も含む一般国民があまねく反対するデモだった。

1979年、旧ソ連がアフガニスタンに侵攻し、米ソ関係が緊張した。旧ソ連が北極海から米本土をミサイル攻撃できるようになったことに対する警戒感がますます強まる。アメリカは、この防衛体制に日本が協力することを強く望んだ。
(つづく)

Tweet Button

November 24, 2010 by 管理人   Comments (0)

Tweetをクリックするとページの縮小URLが作成され、Twitterに投稿できる。

Tweetボタンをページに埋め込むスクリプトを下記URLから取得できる。
http://twitter.com/about/resources/tweetbutton

〔注〕本サイトのブログではスクリプトを無効にしたのでボタンは表示されない。

日本列島

September 5, 2010 by 管理人   Comments (0)

旅と歴史

NHKスペシャルで10月放送予定だ。

雲の向こうに素敵な森の国があるという。北海道から沖縄まで、日本に広がる多彩な自然の表情には世界の誰もが驚くという。

その秘密は一体どこにあるのか?第一回の舞台は「森」だ。世界中でこの森にしかいない動物が数多く暮らしている。日本の固有種だ。

オオサンショウウオ、モリアオガエル、ニホンカモシカ、ヤマネ、アキアカネ・・・

なぜ日本にしかいないのか?列島3千万年の歴史をさかのぼって解き明かされる。

ニホンザルは太古の昔、熱帯で誕生し、地球の変動とともに進化を繰り返し、世界北限のサルとなったのだという。身近なニホンザルにも、そんな歴史があったとは知らなかった。

10月の番組が待ち遠しい。

 

お布施と戒名

August 14, 2010 by 管理人   Comments (0)

その他

群馬県の友人が「お布施100万円を要求された」といっていた。別の友人は東京で「戒名代が50~100万円だ」という。これまでお布施とは何かを考えたことがないのでちょっと調べてみた。

亡父の葬儀の記録には、「御布施44万5千円」と記載されていた。内訳をみると、村のお寺に7万円、隣村にある二つのお寺にそれぞれ5万円、楽人・役僧5人にそれぞれ3万円、葬儀のお経など(枕経、通夜、墓行、墓帰、中陰法要)7万5千円、院号8万円だった。

樒私が喪主だったが、自分で采配を振ることはなく、村の慣習ですべて村人たちの手伝い(52名)と葬儀屋が執り行ってくれた。香料、樒(しきみ)代、公民館・斎場使用料、写真代、送迎バス代、霊前燈、弁当、料理・・・すべての手配、出納を手分けしてやってくれる。無償奉仕であるが、最後に膳を出してねぎらう。葬儀(告別式)は葬儀社に任せる。費用は総額400万円(内葬儀代は100万円)を超えている。全国平均は231万円というがその内訳は不明だ。

お布施の準備”によれば、御布施は、「財施(財を施す)、法施(真理を教える)、無畏施(恐怖を取り除き安心を与える)など、見返りを求めずに施すこと。人のためにできる限りのことをするという意味」だそうだ。説法をしてくれたお坊さんに「我が家は貧しいのでこのような布しか差し上げられません」といって、薄汚れた布を差し出した・・・

というインドの説話から「布を施す」が変化して御布施になったという。お坊さんはその布を継ぎはぎして袈裟をつくったというが、いまは袈裟も正絹の高価なものになっている。

今やお坊さんが高額のお布施を要求するとは情けない世の中になったものだ。お葬式の際のお布施は、全国平均54万9千円だ。東京・神奈川・埼玉では平均68万4千円で、東北の68万8千円に次いで高い。近畿では平均49万4千円だ。

戒名の本来の意味は、厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことで、修行をし、経典を勉強し、仏様の教えを学んだ証として与えられるもの。それが死者の場合でも、仏様の弟子として送るという「没後作僧(もつごさそう)」という考え方から、死後に与えられるようになった。

戒名一般的に院号、道号、戒名、位号で構成されるが、その組み合わせは宗教・宗派によって異なる。浄土真宗では、戒名とは言わず法名といって、その前に”釋”が付き、釋□□、○○院釋□□のようになる。

葬儀価格表によると戒名に値段はないとしながら、戒名単体(2文字)の価格としては3万円~5万円のようです・・・と書いている。院号、道号、位号をつけると高くなり、100万円以上になることがあるそうだ。その一方で宗派・僧侶によって院号、道号、位号すべてを無料でつけてくれることもある。

今年6月に亡くなった友人は、一昨年に生前戒名を授戒した。自分の死後、残された家族が戸惑わないようにしておくためだといっていた。私も家族のために準備をしておこうと思うが、仏教徒ではないし、死後に僧になって極楽に行こうという気持ちはないので、戒名を得る必要性はない。

しかし、先祖が浄土真宗の慣わしに従って葬られ、戒名を授かっているので、私もその慣わしに従うのが自然なことだろう。家族は田舎の慣習をまったく知らないため、どうしていいか困ることになるので、葬儀はなしで密葬にするという選択肢もある。早めに決めて言い残しておきたい。

 

青春18切符

August 11, 2010 by 管理人   Comments (0)

旅と歴史

青春18切符を利用して、途中下車のぶらり旅を楽しんでいる。時間に縛られずのんびり旅をしたい人に便利な切符だ。

横浜から京都まで新幹線のぞみを利用すると往復26,880円・・・
青春18切符は、5日間乗り放題(一日乗車券5日分)で往復11,000円・・・

東海道線を乗り継ぎながら京都まで直行すると、約8時間・・・
朝7時に家を出れば、午後3時に京都に着ける。

8時間3分 - 7,670円
 
JR東海道本線
7:10発 戸塚
8:39着 沼津
 
JR東海道本線
8:43発 沼津
10:52着 浜松
 
JR東海道本線
11:02発 浜松
11:36着 豊橋
 
JR東海道本線新快速
11:51発 豊橋
13:16着 大垣
 
JR東海道本線
13:42発 大垣
14:18着 米原
 
JR東海道本線新快速・姫路行
14:22発 米原
15:13着 京都

動画

September 26, 2009 by 管理人   Comments (0)

YouTube動画を検索して追加できる機能
Metacafe, Vimeoからも追加できる。

http://agorian.com/elgg/pg/videolist/

 

はじめに

September 20, 2009 by 管理人   Comments (0)

ニュース

Blog Post学習中です。