Web Phones

Share  
admin's picture

インターネット電話(IP電話)、VoIPソフトウェアなどと呼ぶ。英語圏ではWeb Phones(Web Based Internet Phones)とも呼び、パソコンにこれらソフトをインストールすればインターネット経由で電話をかけられる。もっとも有名なのはSkype(2005 eBay, 2011 Microsoft)だろう。通話料の安さ、使いやすさではGoogle Voiceが一番かな?正直言って実用で使っているのはこの二つだけである。数年前からはLINE電話も使うが、品質はいいとはいえないし、相手もLINEを使っていないと使えない。Google Voiceは世界の固定電話にかけられ、料金が安いのが魅力だ。音質も英語・日本語を問わず大きな問題はない。

〔参考記事〕Google VoiceとSkype

ここ数年はGoogle Voiceしか使っていない。楽天がViberを買収した話も聞いた。Skypeポータブルの評判も聞いた。というわけで、最近の無料電話の動向が気になり調べて見た。

  1. Google Voice 無料電話の通話先はUS/Canadaのみ. 日本-固定1分3セント、携帯9セント
  2. FreedomPop US国内のみ。200文字(バイト)、200分以内
  3. WeChat iPhone, iPad, Android, Windows, Nokia, Blackberryで使える
  4. WhatsApp Facebook傘下
  5. TextNow メルアド相当の仮想電話番号を設定する
  6. Google Duo Duoユーザ同士の無料音声通話
  7. BlackBerry Messenger(BBM) 元々はテキスト通信だったのが、音声通話もできるようになった
  8. Textfree 無料の通話番号を取得。SMS/音声通話が可能
  9. Talkatone Textfreeと類似の機能(サービス)
  10. Viber 2013年楽天が買収し、楽天モバイルで提供
  11. Facebook Messenger ビデオ通話ができる(iPhone Facetimeのようなもの)